真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

高嶺の花と付き合い結婚の約束もしたが出張中に浮気!

高嶺の花と付き合い結婚の約束もしたが出張中に浮気!

~浮気された当時の状況~

  • 【名前】佐々木健太郎
  • 【性別】男性
  • 【年齢】25歳
  • 【職業】会社員
  • 【住んでいた場所】北海道札幌市北区

1.彼女の浮気が発覚して恋人と別れました

私には以前将来を約束し合った恋人がいました。

彼女の浮気がきっかけとなり、私たちは別れることになり、別れてから数年経った現在も浮気をされた傷が治らず、次のステップを踏み出すことができません。

これは私が彼女に浮気をされた体験談です。

いつまでも彼女のことを忘れることができない情けない男の話です。

2.彼女との出会い

私は当時23歳。

仕事にも慣れ、後輩もできて仕事が順調に進んで将来の見通しも立ってきた頃です。

当時の私は結婚願望は少なかったものの、いつかは結婚したいと考えていました。

そんなときに彼女と出会ったのです。

彼女とは同じ会社で働いていました。

違う部署ながらも、いつもキレイ女性だなぁ、と思って思いを馳せることもある程度です。

当時の私にとって彼女は、街中で見かけるキレイな女性と大差ない存在でしたね。

そんな彼女とたまたま仲良くなる機会があったのです。

会社で定期的に行われる親睦会があって、違う部署の人間と仲良くなる機会を設け、会社としては社員の一体感を強くする狙いがあるそうです。

親睦会への参加は基本的に自由で、私はあまり積極的に参加するタイプではありませんでした。

彼女と出会った親睦会は仲間の勢いに負けて、付き合いで参加した流れです。

仕事が終り、仲間に連れられて会場の居酒屋に入ると、すぐに彼女の存在が目に止まりました。

来てよかったな。

素直にそう思えた瞬間です。

3.親睦会で彼女と急接近

親睦会は見知らぬ社員と話す機会があり、他の部署の話が聞けて勉強になることもあります。

お酒を交えながら仕事を話しをしていると、ついつい夢中になってしまいます。

ふと気が付くと周りのメンバーは席替えを行っていて、彼女がすぐ横に。

私は一瞬で仕事の話しが頭に入らなくなり、緊張のせいか、お酒のせいか、急に赤面してしまいました。

元々、私は奥手のほうなので、彼女に自分から話しかける勇気はありません。

話しかけたいけどどうしよう…。

そう思っているときに、彼女から私に話しかけてきてくれました。

「営業の佐々木さんですよね?」

自分の名前を知られていることが嬉しく、社会人のくせに舞い上がってしまいました。

そうです、と裏返った声で素っ気ない返事をして。

赤面した顔で彼女の顔を改めて見つめる。

やはりキレイだ。

心の中でそう思いました。

それから彼女と仕事の話を交えながら、名前や住んでいるところの話になり、彼女が年下ということもわかりました。

親睦会もお開きムードになり、二次会に行く人を募集する声や、帰宅に向かう声が聞こえてきました。

彼女からこのあと2人で飲み直ししませんか?
と誘われ、私は断る理由もないので彼女とふたりきりで飲み直すことになり、そのまま彼女と一夜を共にしました。

と言っても、そのときに肉体関係を結んだわけではなく、私の自宅で彼女が酔いつぶれて寝てしまっただけという話です。

それ以来、彼女と私はほとんど週末や休みを一緒に過ごすようになり、付き合うようになっていったのです。

4.付き合い始めてわかったこと

彼女は私と付き合っていることを、会社にはバレないように心掛けていました。

もちろん、私も社内恋愛がバレると面倒だと考えたので、彼女と付き合っていることは会社の仲間には言っていません。

付き合いを始めてからは、仕事が終わったあとや休みの日はほとんど彼女と一緒に過ごしています。

彼女は本当に明るく活発な女性で、誰もが彼女のことを好きになってしまうのではないだろうか?

などという不安を抱えながら付き合いを続けていました。

実際、彼女は社内でも人気があるようで、同じ部署の男性社員にいつも誘われて面倒臭い!

とたまに愚痴っていましたね。

今思えば、この頃から彼女の中で何かが変わり始めていたのかもしれません。

5.1ヶ月の出張

彼女と付き合いを始めたころから、仕事で好成績を残せるようになった私に出張の辞令が出ました。

出張と言っても国内で1ヶ月ほどのこと。

これまでも数回出張は経験したことがあったので、個人的には何の問題もありませんでした。

彼女に1ヶ月の出張の辞令が出たことを話すと、彼女はとても寂しがり、一緒に付いていくと言わんばかりの勢いでした。

ですが、そこは彼女も社会人として分別が付いている女性です。

仕事なら仕方がないと言いつつ、理解してもらうことができました。

そして、出張に行く前に、彼女に私は言いました。

出張から帰ってきたら、一緒に暮らそうか?

彼女は喜びながら首を立てに降ってくれました。

彼女は、これから先もずっと一緒に暮らしたいと言いながら、結婚を考えていると言ってくれました。

私も同じ気持ちであることを伝え、何の不安もなく出張に行くことができたのです。

6.出張中の浮気

私が出張先で仕事をしている最中に、彼女には部屋探しをしてもらっていました。

お互い一人暮らしをしていましたが、間取りはどちらもワンルーム。

さすがにワンルームに大人2人が住むのは狭いと感じ、新しく家を借りることに決めました。

出張中は彼女から毎日のようにメールや電話が入り、出張先でも寂しい気持ちになることはほとんどありませんでしたね。

出張先で大きな問題もなく、無事仕事を終えて1ヶ月が経つ前に帰宅できることになりました。

私はサプライズを考え、彼女の自宅で待ち伏せることに決めました。

彼女の家に到着したのは、夕方5時前。

彼女が帰宅するのはいつも6時過ぎのはずなので、合鍵を使って彼女の自宅で待たせてもらうことに。

中に入ると彼女と見知らぬ男性がベッドのうえで寝ていました。

物音に気が付き彼女が目を覚まし、驚いた表情をしています。

私は怒りに心も身体も震え、一緒に暮らそうと言いつつも他の男と寝ている彼女のことが許せませんでした。

彼女へのお土産も、結婚しようと言い合ったことも、全てが一瞬で壊れてしまった瞬間でした。

7.彼女の浮気が発覚してからの出来事

サプライズで彼女を喜ばせようとした結果、彼女の浮気が発覚し、話し合いの末別れることになりました。

彼女は流れでこういう(肉体関係)ことになってしまっただけ、と言います。

彼女の浮気相手に問いただすと、これが始めてのことです、彼氏さんがいるとは知りませんでした。

とお互いがかばい合うような言い方に腹が立ちました。

彼氏と一緒に住む家を探している最中に浮気するなんてひどい。

私の素直な気持ちです。

彼女は何度も私に謝り、ほとんど関係のない浮気相手も私に謝罪をして、彼女とよりを戻すように言います。

私の持論の中に決して揺るがない信念がひとつだけあります。

同じ失敗は二度としたくない。

これだけです。

彼女と付き合いを続けていくと、いつかまた寂しくなってしまい、流れで肉体関係を持つかもしれません。

彼女はもうしないと言っていましたが、私がそばにいたときだって浮気をしようとは思っていなかったはずです。

では、なぜ浮気をしてしまったのか?

それは、勢いや流れという自分の意思ではどうしようもないことがあったのでしょう。

だから、私はこれ以上彼女と関わることはできないと言いました。

彼女は別れたくない、本当にごめんと何度も頭を下げてくれました。

ですが、私はこれから仕事で何度も出張する機会があります。

そのたびに、浮気をしているかもしれない、と疑う気持ちが芽生えてしまいます。

そんな辛い生活に私は耐えられない。

だから私は彼女と別れ、別々の人生を歩むことになりました。

以来、私は仕事人間になり、プライベートも仕事に打ち込み、彼女のことを忘れようと必死に生きています。

ですが、いつまで経っても彼女のことを忘れることができないのです。

もし、あのとき彼女に連絡してから帰宅していれば、今とは違う未来があったのかもしれない。

そんなことをたまに考えてしまいます。

真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す