真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

浮気や不倫の定義はどこからどこまで?

不倫の定義

学生時代、男女交際が始まったあたりから、よく耳にした言葉が浮気でした。

その頃は、某人気アニメで主人公が「不倫」という言葉を発していて、その時に「そういえば、浮気と不倫の違いって何なのだろう?」と考えたことがあります。

これ、考えたり疑問に思ったことのある人って実は多いのではないでしょうか?

 

浮気などは、付き合っている相手や夫婦としてのパートナーをひどく傷つける行為です。

特に女性はそういったパートナーの小さな変化には敏感に気が付いてしまう為、モヤモヤしてしまうことが多いと思います。

もし、怪しいと思った場合は、そのモヤモヤしたままの状態ではいたくないですよね。

もし、相手の気持ちが他へいっているのであれば、離婚、若しくは、再構築するという面でお互いの不満と思っている点についてじっくり話合ってよりお互いの仲を深めていく必要があります。

時にこういった浮気や不倫は、二人の関係を大きく転換させる起爆装置となりますよね。

離婚であれ、再構築であれ、事実をしっかり知ることって大事です。

1.浮気・不倫の定義は?

浮気の定義

不倫というのは、婚姻関係にある人が秘密で他の人と交際し体の関係を持つことを言います。

浮気というのは、不倫全般も含め、誰かと特別な関係にある(交際や婚姻関係全て含めて)にも関わらず、他の人とも肉体関係を持つことを言います。

その為、不倫というのは、浮気の中の一種であると言えます。

 

一般的に使われる言葉としては、やはり圧倒的に、浮気という言葉が多いなという印象です。

そして、その浮気や離婚が原因で離婚する夫婦もいれば、再構築を目指す夫婦もいます。

ここからここまでが離婚という決まりは特にはなく、それぞれの夫婦関係での立場やその時の感情、経験、環境などで大きく分かれてくるところだなと感じます。

 

私も友人にも既に結婚して相手の浮気、もしくは自身が未熟だったということからの浮気などが原因で離婚に至った元夫婦もいます。

どちらかの裏切りで、信頼関係が崩れてしまった場合などそれを受け入れられるのか、そうでないのかというのは、人それぞれ、生きてきた環境が違う為、バラバラです。

ですが、その時にそれぞれの夫婦やカップルが下した判断はどれも間違えではなく、その時のベストな結果で全てが正解なのだと思います。

ただ、やはり今の日本では、浮気や不倫がないことが望ましいことですよね。

2.どこまでは浮気ではない?

どこから浮気

法律的に浮気を証明するには、肉体関係があるのかどうかが大きな焦点となってきます。

その為、肉体関係が証明できない場合には、浮気だとは名言し辛いです。

ただし、やはり浮気かそうでないかは、人と人との関係になるので、それぞれの人で感じ方は違うものです。

 

例えば、一般的なアンケートによると、手を繋ぐという相手に深く触れるかどうかがポイントになってくるそうです。

中には、妻や彼女に秘密で二人で密会したところから浮気という意見も多かったです。

ですが、やはり、暗黙のルールとして相手に触れるという行為があると、浮気になると感じる方が多いです。

会うのであれば、二人ではなく、グループや複数人で会うなどであれば、友達という関係で納得できそうです。

 

しかし、個人的なやりとりを重ね、二人で会ってしまうと浮気だと感じる方が多いです。

鋭い方などは、会う約束をとりつけているメールや電話、LINEのやりとりの段階で発見し、それを阻止する人もいるようです。

いずれにせよ、あわよくばの浮気や不倫に繋がるような気持ちで異性と会うことは、女性からみて浮気として断定されてしまいそうです。

3.どこから離婚条件になる?

離婚で裁判になった場合、裁判官が離婚の条件として重視する点が、不貞行為があったのかどうかといった点となります。

その時に、その裁判官がその不貞行為を把握できる証拠があるのかどうかといったところがポイントとなります。

 

現在の携帯のカメラは優れているといっても夜の暗い中、少し距離がある場所と人を撮影した場合、しっかり顔などが映るのかどうかと考えてみると、首をかしげてしまうところです。

離婚ともなれば慰謝料も発生します。

傷ついた分に見合うだけの慰謝料をもらう為にも、そういった証拠はしっかり断定できるほどの証拠があった方が有利なことには変わりありません。

その為にも全ての鮮明な証拠を集めてくれるのは、探偵のみです。

事実をしっかりみつめ、離婚するとなった場合に、自分が有利な条件で進む為には、やはり探偵が強い味方となります。

抜かりなくと言った面、忘れないようにしましょう。

>>とりあえず匿名・無料で浮気調査に強い探偵に相談してみる

真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す