真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

妻や嫁が家出して連絡が取れなく音信不通の場合の対処法

妻や嫁の家出で見つからない

夫婦喧嘩がヒートアップして怒りが収まらなかったときに妻が取る手段のひとつとして、「家出」があります。

家出をする際に行き先を伝えてくれれば、夫としても心配は少ないと思います。

しかし、よくテレビドラマで「あなたには愛想がつきました。家を出ます探さないでください」みたいなシーンを目にするように、実際には行き先を告げずに家出をするケースの方が圧倒的に多いです。

そして、いくら携帯に電話やメールなどで連絡を入れても無視され、音信不通となってしまったとき、あなたはどうしますか?きっとすごく不安になってしまいますよね。

 

ここでは夫婦喧嘩が起きた際、妻はどんな心理状態にいるのかを考えて、家出の行き先と連絡が取れない場合の対処法について紹介していきます。

1.妻が家出したときの行き先は?

嫁や妻の家出の行き先

夫婦喧嘩が高じて妻が家出したときの行き先は以下の順で多いとされています。

第1位:ファミリーレストラン&ファーストフード店

第2位:ビジネスホテル&カプセルホテル

第3位:健康ランド

第4位:友人知人の家

第5位:実家

これに対して、男性の場合の家出先は以下の通りとなっています。

第1位:ネットカフェ

第2位:自家用車

第3位:ビジネスホテル&カプセルホテル

第4位:コンビニエンスストア

第5位:実家

この結果に驚かれた人は結構いるのではないでしょうか?家出の行き先として「実家」というのは男女ともに第5位で、それほど上位ではないんですね。

男性が親へ心配を掛けたくないという思いや世間体を気にして実家という選択肢を選ばないのは何となく想像がつきますが、女性の場合は意外でした。

小説やテレビドラマなどでは、夫婦喧嘩で妻が家出をするときは実家へ帰るというパターンが多いように思いますが、実際にはそんなことはないようです。

 

ただ、女性の場合の夫婦喧嘩の家出先を実家に選ばない理由は、男性の心情とは違うようで、安易に実家へ帰ることで夫に安心感を与えたくないという心理が働いてのものだそうです。

たしかに夫の立場としては、妻に実家へ帰られると、相手の親御さんに夫婦喧嘩をしていることがバレて気まずいなというダメージはあるものの、行き先が分かっているという点においては、安心できる材料ではあります。

もちろん、女性の中にも男性側と同様に、親へ迷惑を掛けたくなかったり、ご近所の目が気になるという理由から実家という選択肢を選ばないという人もいるでしょう。

 

ただ、夫に自分の居場所を知られて安心感を与えないという発想に関しては、男性側にはない心理の表れではないでしょうか。

男性が夫婦喧嘩で家出をするときに妻に自分の居場所を知られたくないとしたら、それは家庭からのしがらみから開放されて、しばらく自分の好きなように羽を伸ばしたいという意味合いが強いのではないかと思います。

2.家出をした妻と連絡が取れない場合の対処方法について

妻や嫁が家出したときの対処方法

妻が家出をした際にまず大切なのは、早めに電話やメールをして、自分が心配しているのだということを伝えることです。

本気で妻が戻ってきてほしいと願うなら自分の誠意を伝えなければいけませんし、人聞きの悪い言い方をしてしまうと、本心でなかろうと、自分が妻を心配しているというポーズを見せておくのは後の万が一の状況を考えると必要なプロセスなのです。

万が一の事態というのは、離婚することになった場合の調停や裁判、他には妻が家出して事故が発生したときなどのケースが挙げられます。

離婚調停や裁判は調停委員や裁判官、事故の場合は警察官などの第三者から事情の聴取を受けることになるのですから、そのときに妻の心配をしなかったというのは心象として大きなマイナス点となってしまうからです。

 

さて、妻が家出をした際にメールや電話で連絡を入れる理由は以上のとおりでしたが、この連絡を無視されたり音信不通となったときはどうすればよいでしょうか。

ひとつは、先にあげた妻が家出した際の行き先の多い順(ファミレス、ビジネスホテル、友人宅、実家など)を当たる方法。

問題はこれで見つからなかった場合の対処法です。

 

もし、メールの返信が一通もなく、電話は長時間コールしても反応なしという場合は、事故に遭遇してしまったケースも考えられるので、警察に捜索願いを出すのが懸命でしょう。

ただ、行き先を教えてくれないだけだったり、電話に出ないが無事を確認できる状態(マナーモードや着信拒否などに切り替えたと分かる状態)であれば、事件性がありません。

すると警察への捜索願いを出しても積極的に探してくれることはないので、探偵や興信所へ捜索を依頼したほうが結果的には早く見つかることが多いです。

探偵や興信所はこういったケースでは守秘義務をしっかりと守って動いてくれるので、事を荒立てたくない人にはおすすめです。

もちろん人捜しについては、浮気調査と並んで探偵の専門分野のひとつですから、成果についても期待できると思います。

>>とりあえず匿名・無料で浮気調査に強い探偵に相談してみる

真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す