真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

妻や嫁の朝帰りは浮気や不倫の証拠?どうすればいい?

妻や嫁の朝帰り

夫婦生活を営む上で、誰もが「これだけは許せない!」と思うことのひとつが「朝帰り」ではないでしょうか。

男女平等が謳われるようになった昨今の日本においても、とりわけ妻の朝帰りについては、貞操観念が疑われ非難の的となっています。

ただ、同じ妻が朝帰りするケースでも、共働きの家庭なのか、専業主婦なのか、子どもがいる家庭なのかによっても男性側の見方は変わってくるものです。

ここでは、妻の朝帰りについて対処法なども交えて触れていきたいと思います。

1.妻が飲み会に行って朝帰りするのは怪しい?

妻や嫁の朝帰り

妻に限った話ではないですが、配偶者を持った身でありながら飲み会で朝帰りをするというのは、過ちがあったのでは?と疑われても仕方のない行為だといえます。

そして、朝帰りの中でも特に許されない行為が「無断外泊」ではないでしょうか。

もちろん、理由を説明した上での外泊が100%信頼のおけるものとは言えません。

しかし、メールや電話連絡のひとつも寄越さずに「無断」で外泊するということは何か後ろ暗い事情があるようにしか受け取れないからです。

飲み会であれば一人きりでいるわけではないので、たとえ携帯電話が故障するなどのハプニングに見舞われても、飲み会に同席している誰かの携帯から連絡することはできますし、お店の電話を借りて連絡することだってできます。

それらを怠ってまで無断外泊をするというのは、もはや大事故に遭遇した以外の理由では浮気ぐらいしか考えられないでしょう。

>>とりあえず匿名・無料で浮気調査に強い探偵に相談してみる

 

また、朝帰りと無断外泊に次いで許されないのが24時以降の帰宅、いわゆる「午前様」といわれるものです。

この午前様に関しては、時間や妻の立場によって罪の軽重に幅があるように思います。

たとえば、午前1時の帰宅であれば、飲み会の解散自体は日が替わる前に行われて、最終電車に何とか間に合わせて帰ってきたと受け取れます。

しかし、午前2時や3時ともなると完全に日が明けるまで飲み明かしていたのだろうと心象が悪くなります。

 

また、妻の立場というのは専業主婦なのか勤め人の勤務時間後の飲み会なのかの違いです。

勤め人の勤務時間後の飲み会であれば、就業時間後の飲み会出席という関係上、参加時間も遅れますし色々と時間の都合が付け難いです。

しかし専業主婦の立場での飲み会であれば、開始時間を早めるなりの工夫が何故できなかったのだと、勤め人のケースよりも責められることとなるでしょう。

2.朝帰りに対する対策は?

嫁の朝帰りが許せないと憤怒する気持ちは痛いほど分かりますが、だからといって自分も同じように朝帰りして仕返しするというのはやめておいた方が賢明です。

理由はもちろん、「あなただって同じことやったじゃない、同罪よ!」などと言わせないためです。

もし今後、離婚する場合になったときに、この反論をさせるかさせないかでは、調停や裁判での自分の優位性に大きく関わってきます。

慰謝料などの離婚時の諸々の条件の取り決めの話を自分優位に進めるためにも、不貞行為には不貞行為で仕返しするようなやり方は控えておくようにしましょう。

3.嫁の朝帰りが原因で離婚する場合について

朝帰りが原因で離婚する場合

嫁の朝帰りが許せず離婚を考えている方にちょっと意地悪な質問をします。

奥様の朝帰りした日に不貞行為があったと証明できますか?

確かに朝帰りといえば真っ先に連想されるのはラブホ外泊、他の異性との肉体関係、つまりは不貞行為ですが、それらは単に朝帰りしたという事実だけでは証明できません。

 

奥様側からすれば「朝まで営業している居酒屋で飲んでいた」とか「カラオケ店でALLでひたすら歌っていた」など、いくらでも言い逃れの口実は見つかるわけですから。

もちろん、婚姻関係を結んでいる夫婦の間柄において、朝帰りを繰り返すという行為はそれだけで道徳に反するわけですから調停や裁判などで離婚論争となった際、離婚事由としては認められるでしょう。

しかし、朝帰りそのものだけでは不貞行為の認定を受けるまでには至りません。

 

つまり、離婚は認められるものの、慰謝料の請求や親権その他諸々の条件においては、さほど優位な判決がくだる見込みはないというわけです。

それでも構わない、とにかく離婚さえできればいいというお考えの方であれば問題はありません。

しかし、「どうせ離婚するなら慰謝料も取りたいし他の条件だって有利に進めたい!」だとか「少しでも自分が味わった精神的苦痛の仕返しに、妻にも痛みを与えたい!」など、そういったお考えがあるのならば、しっかりとした不貞行為の証拠を掴むべきです。

 

本件のようなケースであれば、不貞行為の証拠は比較的に押さえやすい部類に入るといえます。

昼間に巧妙にカモフラージュして逢引しているわけではなく、堂々と朝帰りしているわけですから。

飲み会の日取りさえ分かれば、探偵を雇って張り付かせておけば、かなりの確率で不貞行為の証拠を手にすることができるでしょう。

費用についても、調査を依頼するのはその飲み会の日だけですから安価で済みます。

確実性の高い調査をご希望の方は是非、探偵事務所への相談をご一考ください。

>>とりあえず匿名・無料で浮気調査に強い探偵に相談してみる

真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す