真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

離婚は我慢すべき?限界に達する前に落ち着ける方法について

離婚は我慢するべき

結婚生活を送っていれば夫婦の間で喧嘩が起きるのは、不思議なことでも珍しいことでも決してありません。

むしろ数年、数十年と続く結婚生活の中で喧嘩のひとつも起こらない夫婦や家庭なんて存在するのかも疑わしいくらいです。

「結婚生活とは忍耐の連続である」とは昔からよく言ったもので、昨今の日本の特に若い年代層の夫婦では、あまりにも軽々しく離婚を実行に移してしまうケースが多いように思われます。

 

離婚が夫婦だけの問題で済むのであればまだいいですが、すでに子供がいる家庭であれば、離婚により人生が変わってしまい、迷惑を被るのは子供です。

離婚をするには財産分与から親権、養育費、果ては慰謝料の支払い請求の論争にまで発展することもあり、非常にエネルギーを要するものですから、それらの事情をしっかりと見つめなおす必要があるでしょう。

とはいえ、夫婦喧嘩の度合いや家庭の事情はそれぞれですから、すべてが我慢できるものとも、我慢すべきものだというわけでもありません。

 

ここでは、離婚の我慢をする方法や離婚をしたいと思う気持ちを落ち着ける方法、また、離婚の我慢すべき限界点とはどこなのか?といったことについて話していきます。

1.離婚の我慢はどこまでするべき?

我慢する

長い結婚生活において、「もう離婚してしまいたい」と思うことは何度も訪れるものです。

結婚前に抱いていた希望あふれる生活は、こんなものじゃなかったと絶望することもあるでしょう。

よくある離婚事由としてあげられるものの中には「性格の不一致」や「DV・家庭内暴力」、「浮気・不倫・不貞行為」などがあげられますが、あなたならどれが一番許せず、離婚を我慢できない理由となりますか?

 

先に挙げた3つの離婚事由のうち、法律上違法性を認められる行為というのは刑事的罪にあたる「DV・家庭内暴力」、民事的罪にあたる「浮気・不倫・不貞」の2つです。

これらに関しては法にも触れているだけあって、「絶対に許せない!」とお考えの方は多いのではないでしょうか。

個人的な意見を述べるなら私としても同じ気持ちです。

暴力や不倫、浮気といった行為は、配偶者ならびにその家族にまで大きな爪痕を残す人間の尊厳を傷つける行為だと考えます。

そのような行為に対しては、必要とあれば弁護士や探偵・興信所などの専門家に助けを依頼してでも、断固とした姿勢で臨むのもよいでしょう。

>>とりあえず匿名・無料で浮気調査に強い探偵に相談してみる

 

では、もうひとつの離婚事由である「性格の不一致」についてはどうでしょうか。

こちらに関しては明確な違法性というものはなく、単に「性格が合わないから離婚する」といったケースです。

性格が合わないというだけで離婚というと、ずいぶん軽く感じられる響きですよね。

そのくらいであれば離婚を我慢すべきなのでは?と考える方も多いのではないでしょうか。

しかし、性格の不一致を理由にして離婚を申し出る夫婦は年々増加傾向にあるというのが我が国の離婚事情の現実です。

次の項では、性格の不一致をいかにして我慢していくのか、その方法について考えていきたいと思います。

2.離婚の我慢をする方法について

我慢する方法

現状、日本人の離婚に際する理由として、統計データ上でもっとも多いのは「性格の不一致」だとされています。

しかし、少々の性格の不一致を理由に、離婚まで考えてしまうのは如何なものでしょうか?

人間が2人以上集まれば、意見の相違や価値観の相違といったものが生じるのは当然のことです。

たとえば、りんごが好きでみかんが嫌いな人もいれば、りんごが嫌いでみかんが好きな人もいるでしょう。

そのことについて言い争って人を憎み、せっかく結ばれた縁を泥沼の離婚騒動で決着をつけるというのは、あまりに悲しい行為だとは思いませんか?

 

少し単純すぎる例え話を用いてしまった感はありますが、物事をシンプルに捉えることは、自分の気持ちを冷静に見つめなおす上では非常に効果的な方法です。

性格の不一致というものは、日々の相手との小さな価値観の相違の積み重ねから、やがて我慢できないものにまで大きく発展するといわれています。

ですから、まずは前述の気持ちの持ちようを試してみて小さなイライラやストレスをひとつずつ自分の中で消化していってみてはどうでしょうか。

 

離婚というものは、結婚と同じくらいに人の人生を大きく左右する分岐点であり、決断です。

いえ、子どもがいる家庭であれば、その子どもの将来にまで影響を及ぼすのですから、結婚以上に人に及ぼす影響は大きいものだといえます。

一口に性格の不一致と言っても、味覚の違いから好きな芸能人の違い、金銭感覚の差や信仰心・宗教の違いといったものまで、様々なものがあるでしょう。

それら一つ一つは小さなことでも沢山の価値観の相違で人というものは相手を嫌いになってしまうものです。

しかし、離婚はその後の経済的な負担の増大はもちろんのこと、離婚自体に要するエネルギーや子供に与える心身的影響が非常に大きいものです。

ですから今一度、それらのリスクを熟慮した上で、「この離婚を自分は我慢することはできないか?」と自問自答してほしいと思います。

真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す