真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

離婚を回避する方法の説得や話し合いについて

離婚の話し合い

離婚の話を切り出されたとき、夫婦たがいの心が離れて冷え切っている場合は話は別です。

しかし、そうでない場合(片方は愛しているが、もう一方はさめている場合)は離婚話を切り出された人の多くは、

  • 「いったい自分のどこが悪いというんだ?」
  • 「なぜそんな些細な理由で離婚しなければいけないんだ?」
  • 「自分はこんなにも妻を(夫を)愛して大事にしてきたというのに」

といった思考に陥ることが多いです。

しかし、このような疑問に対する答えはいたってシンプルで、「あなた(おまえ)といると楽しくないから(苦痛だから)」…この一言だけで片付けられてしまうことがほとんどです。

人は一緒にいて楽しくない人と、苦痛に感じる人と、ずっとそばにいつづけることはできません。

結婚した当時は愛し合っていたのに、妻に(夫に)苦痛とまで感じさせてなってしまった原因とはなんなのか?

その原因について真剣に向き合い考えた上で、夫婦関係の修復を図る方法を模索していかなければ、離婚という危機的状況を回避することは困難といえるでしょう。

1.離婚を回避するための話し合いや説得について

話し合い

離婚を回避するためには、まず妻に(夫に)誠意を見せる必要があります。

この誠意というのは、口先だけの謝罪や物品の提供といったものではありません。

 

たしかに、腹に一物を抱えた口先だけの謝罪であっても、本音を上手く隠すことができれば一時的な夫婦関係の修復は可能かもしれません。

しかし、そのような上辺だけの謝罪をするということは、あなたの心の中で「自分は悪くない」「相手が悪いのにしょうがないから謝っている」といった気持ちが強く、夫婦関係が冷めるに至った正確な原因と相手の理解を怠っていることの証にほかなりません。

そういったかりそめの状態で関係を修復したとしても、すぐにまた相手との軋轢は生まれ、夫婦としての平穏な生活が長く続くとはいえないのではないでしょうか。

 

金銭や物品提供を謝罪の形とする行為も口先だけの謝罪と同様で、根本的な解決とはなっていません。

たとえ満足な慰謝料や指輪などの金品を謝罪として送ったとしても、相手が喜んで関係が改善されるのは一時的なものであって、あなたの中で根本的な原因と向き合わず「本当に悪かった」と思う誠意ある謝罪の気持ちがなければ、再び関係が崩れ去ってしまうのは時間の問題ではないでしょうか。

まずは、夫婦の関係が破綻するに至った原因を探った上で、きちんとした話し合いの場を用意し、そこで誠意ある謝罪と離婚を考え直してもらうように説得するのが、離婚を回避するための唯一の方法だといえるでしょう。

2.弁護士に相談すれば関係は修復する?

弁護士

離婚の話を破談にして夫婦の関係を修復するために、弁護士に相談するというのはひとつの手ではあります。

しかし、弁護士の助言や介入を持ってしても、夫婦の関係を修復することが可能なケースとそうでないケースとがあります。

では、夫婦の関係を修復できる見込みがあるケースとはどういった場合なのかまとめてみます。

  • 配偶者との連絡(メールや電話)が滞りなくできる状態
  • 配偶者から慰謝料や財産分与、親権や養育費などの具体的な離婚条件の提示や要求がされていない状態
  • 離婚後における配偶者の生活設計の見通しが暗く、経済力に不安がある状態
  • 配偶者の両親や友人が離婚に反対だったり消極的な姿勢を取っている状態(できれば、自分に協力的である状態)

これらの条件を満たしていれば、夫婦としての関係を修復できる可能性はまだ閉ざされていないといえるでしょう。

 

しかし逆にこれら条件を満たしていなければ、たとえ弁護士の力を借りたり助言を仰いだとしても、離婚への流れを回避するのは非常に難しいと言わざるをえなくなります。

前述の4つの条件があげられる理由について、順を追って考えていきます。

まず、離婚を宣言してきた場合、その配偶者は連絡を絶ちきってしまうことがよくありますが、これは「連絡を取る必要がない、どうせ離婚するのだからあとは調停委員や弁護士を介して話すだけ」といった具合に、すでに離婚の決意が固まっていることの表れだといえます。

夫婦の関係を修復する上でもっとも障害となるのは、配偶者との連絡手段がなくなってしまうことです。

連絡手段がなくなってしまうと、「話し合いたい」というこちらの気持ちを伝えることもできず、修復のための話し合いの場を設けることすら叶わないからです。

これは、配偶者が慰謝料や財産分与などの金銭面で具体的な条件の提示や要求をしてくる場合も同様で、すでに離婚の決意が固まっているからこその明確な要求だといえます。

 

また、経済力に余裕があるような配偶者だと、離婚後の生活設計の見通しについて不安になる必要がないので、離婚へ踏み切ることに対しての迷いがありません。

最後に、配偶者の両親や友人が離婚に対して反対し自分へ協力的である場合は前述の条件を満たしていなくとも修復の可能性は残されているといえます。

配偶者も両親や友人の助言やアドバイスであれば聞き入れてくれる可能性はあるので、諦めないで配偶者の両親や友人へ働きかけ、なんとか説得してもらうようにしましょう。

真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す