真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

妻や嫁の飲み会の付き合いには理解を示すべきか?

妻や嫁の飲み会への理解

夫の立場からいえば、妻の帰りが遅くなるのは色々と心配になりますよね。

女性の深夜外出はなにかと危険ですし、もしかしたらどこぞの男と浮気でもしてるのかも?と不安になってしまうものです。

でもだからといって、あまりに目くじらを立てて妻の飲み会に行きたいという希望に反対ばかりしていると、器量の小さい夫だなと思われたり、必要以上の束縛を嫌って奥様の心が旦那様から離れてしまう結果になってしまうかもしれません。

では、妻の飲み会はどこまで理解を示すのが妥当なのか?また、万一の事態に備えてどういった対処をしておくのが適切なのか?これらのことについて、考えていきたいと思います。

1.専業主婦の飲み会には理解を示すべき?

専業主婦といえば、「働きもせず、俺の稼いできた金で養ってもらっているんだから」と口にして、妻の権利を蔑ろにする男性は少なからずいます。

ですが、主婦の仕事といえど掃除・洗濯・炊事をこなすのは思いのほか重労働ですし、ましてや子どもがいる家庭であれば、育児の負担まで掛かってきます。

そんな中で、来る日も来る日も家にこもりっきりで専業主婦としての役目をまっとうしていくのはストレスが溜まるものです。

夫婦というのは互いに差さえあって家庭を築いていくものです。

奥様が専業主婦であるならば、「稼ぐのは夫の仕事」「家庭を守るのは妻の務め」だと、互いの権利と義務を尊重しあっていくのが円満な夫婦生活を営んでいく上では必要なことでしょう。

そういった意味で、妻の飲み会はたまのガス抜きだと割り切って、快く送り出す寛容な気持ちを持ち合わせておきたいものです。

 

ただ、専業主婦の妻という立場から考えると「家庭を守る」というのが第一の責任としてあります。

特に子どもがいる家庭であれば、飲み会で夜遅くまで家を空けることは夫だけでなく子どもにまで迷惑を掛けているのだという意識は持っていなければいけません。

勤めている立場であれば、飲み会への出席は就業時間後となるので、帰宅がどうしても遅くなりがちですが、専業主婦であれば時間の融通は勤め人よりもつきやすいはずです。

ですから、飲み会のときは日を跨ぐ、いわゆる「午前様」となることは避けて、なるべく早い時間に帰宅するように心がけておけば、旦那様にいらぬ心配や疑念を抱かせることもなくなるのではないかと思います。

2.妻の会社の飲み会の付き合いは許すべき?

会社の付き合いでの飲み会とはいえ、嫁が夜遅くまで家に帰ってこないのは、夫の立場からいうとやはり心配なものです。

しかし、奥様としても勤めている以上は、会社での人間関係や付き合いを疎かにするわけにもいけませんから、そのあたりは夫として理解を示す必要があるでしょう。

ただ、就業時間後の飲み会ともなれば帰宅時間も遅くなりがちですから、どこの飲み屋で飲み会をするかぐらいは妻の務めとして伝えておいたほうがいいでしょう。

3.妻の飲み会に取るべき対処方法は?

妻が飲み会に出席したいと言った場合、夫としてはある程度理解を示すべきだと前項までで述べてきましたが、だからといって手放しで好きにさせておくというのは、よろしくありません。

嫁の浮気を防止するためにも、しかるべき対処をあらかじめしておくべきでしょう。

たとえば、飲み会の時間中にメールを送ったり、電話で連絡を取ったりするのは有効な手段だといえます。

お酒を飲んで気持ちよくなって自制心のタガが緩んだところに夫から連絡が来ると、酔いもほんの少しの浮気心も一気に醒めるというものです。

 

ただ、あまりにも頻繁にメールや電話での連絡を入れすぎると奥様としても「縛られている」「楽しめやしない」と不満が募るばかりなので、連絡を入れるのは1時間ないしは2時間に1回程度に留めておくのがよいかと思います。

また、帰宅時間についても事前に話し合って取り決めておくと安心です。

>>とりあえず匿名・無料で浮気調査に強い探偵に相談してみる

4.飲み会で浮気に発展する可能性はある?その場合は離婚するべきか?

妻が飲み会で男を作って浮気に発展し、それが原因で離婚に至るというのは非常によくあるケースです。

夜間というのは昼間よりも気分が高揚するもので、しかもお酒というのは理性や判断力を鈍らせます。

そういったことから、男女の夜間の飲み会というのは、過ちへと発展する危険性が極めて高いといわれています。

 

ただし一方で、お酒が入ったことによる一過性の浮気で収まるケースも多々あるだけに、本気の浮気なのかどうか見極めが難しいところがあります。

法律上の不貞行為とは、「継続的な性交渉を行うこと」と定義付けられているため、「一夜の過ち」であれば不貞行為とはみなされません。

ですから、もし離婚を考えるのであれば、複数回に渡る性交渉があったことを立証しなければなりません。

不貞行為の証拠はそうそう簡単に集まるものではないので、まずは探偵に調査を依頼して確実な証拠を掴むことをするべきでしょう。

>>とりあえず匿名・無料で浮気調査に強い探偵に相談してみる

真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す