真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

肉体関係のある浮気の定義や慰謝料は?

肉体関係のある浮気の定義や慰謝料は?

「浮気」という言葉はそこら中にありふれていて、テレビでもネットでもよく耳にする言葉です。

それなのに、自分の身に降りかかった場合、かなりの衝撃を受ける人がほとんどかもしれません。

それは、浮気という行為が配偶者に対する裏切りだからです。

相手に対する愛情が深いほど、裏切られた衝撃は大きいのです。

しかし、相手が浮気をした場合、悲しみに暮れてばかりはいられません。

離婚するにしても再構築を選ぶとしても、自分に非がなく、有責が相手のほうであることを明確にするためにも、慰謝料の請求をしたほうが良いと思われるからです。

1.肉体関係の定義は?どこからどこまで?

肉体関係の定義は?どこからどこまで?

主に、セックスのことを指すと言われています。

相手が他の異性とキスしている証拠があったとしても、それを肉体関係とは認められないようです。

しかしながら、どこからが肉体関係になるのかというのは、個人の価値観の違いもあるため、ハッキリと線引きすることは難しいようです。

特定の異性とメールのやり取りをされるのも嫌だと感じる人もいれば、二人きりで出かけるのはやめて欲しいという人もいます。

それとは逆に、愛情はあるけれどセックスはしたくないので、よそでしてきてほしいという人まで様々です。

2.法律上で肉体関係はどう定義されている?慰謝料の相場はいくら?

法律上で肉体関係はどう定義されている?慰謝料の相場はいくら?

肉体関係の境界線をハッキリさせることは難しいものの、法律上はどうでしょうか。

結婚して夫婦になった二人には、お互い貞操を守る義務も生じます。

なので、配偶者以外と不貞行為を行った場合、離婚の請求と慰謝料の請求ができます。

どれくらいの慰謝料でしょうか?

離婚に至る場合は、100万~300万ぐらい、離婚しない場合は、数十万~200万ぐらいのようです。

ただし、婚姻期間が長ければ慰謝料は多めになりますし、浮気の発覚以前の夫婦関係によっても多少増減します。

子どもの有無、肉体関係の回数、経済状況なども関係してきます。

また、有責の配偶者と、浮気相手の双方に慰謝料の請求ができますが、相手が既婚者と知らずに関係を持っていた場合、その証拠があれば慰謝料の請求はできません。

以上は、裁判で請求できる慰謝料の金額であって、有責配偶者やその相手が、仕事上や立場上の関係でどうしても裁判にしたくないという場合は示談となります。

その場合、慰謝料に上限はないので常識の範囲内で自由に請求することが出来ます。

3.肉体関係を証明するにはどんな証拠があればいい?

肉体関係を証明するにはどんな証拠があればいい?

慰謝料を請求するための証拠としては、肉体関係があったと証明できるものが必要となります。

不貞行為を行った本人たちの証言を録音したもの、不貞行為を認めた書面での念書などは証拠となりますが、「浮気などしていない」と認めない場合はどうでしょうか。

セックスの写真や動画が入手できればそれは確実な証拠となりますが、なかなか難しいかもしれません。

その場合は、興信所などに依頼して、宿泊施設への二人での出入りの写真や動画を3回以上撮ってもらい証拠とします。

ラブホテルであれば、40分以上であれば、一定時間二人で滞在したという事実が肉体関係を持ったことの証拠となります。

シティホテルであれば、ラブホテルよりは肉体関係を証明する証拠としては弱くなるので、3時間程度の滞在時間の証明が必要となります。

一人暮らしの浮気相手の家であれば、有責配偶者が滞在した時間や部屋の照明の変化などのわかるものが必要となり、この場合は一般的に5回ほどの証拠が必要となるようです。

また、二人きりで旅行に行き、宿泊した場合も証拠となります。

上の証拠に比べたら証拠能力は足りないかもしれませんが、明らかに肉体関係があったとわかる内容のメールや手紙などもあります。

しかし、手に入れるのは難しい場合が多いでしょう。

以上が、証拠となるものですが、写真や動画は顔が認識できるものでないと証拠としては認められないため、興信所や探偵に依頼されるのが確実かと思います。

真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す