真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

浮気や不倫の慰謝料(示談金や損害賠償)請求について

慰謝料(示談金や損害賠償金)

運命的な出会いを経て、晴れて結婚することになった夫婦。

しかしながら、人生、山あり谷ありでずっと、平和な幸せが続くとも限らないものです。

どんなに幸せな路を歩んでいるかのように見える人でも、小さなトラブルは常に日頃から、付きまといますよね。

例えば、天気予報では晴れる予定だったからその日のみ傘を持たないで外出したら、雨が降ってきて濡れてしまったなど。

これくらいのトラブルなら、諦めもつく上、自分のミスだから次は気をつけようなど思える程度です。

このトラブルが時に大きいダメージを残す場合、極めて精神的に負担が大きくなるものです。

 

実は私、昔、付き合っていた彼氏が、浮気していたことで別れを決断することにしたことがあります。

その時、婚姻関係にはなかったのですが別れを決断した際に、とてつもなく暇だった私は「どうせならこの経験を今後の人生の糧にしよう」と思い、結婚していた場合の相手の浮気による精神的苦痛による損害賠償としての慰謝料請求金額や示談金について調べたことがあります。

知っていて損をする話でもない上、恋は意識していなくても突然おちるものであり、いろんな人が世界には、いるので、そういったトラブルに巻き込まれる可能性もしっかり考えていないといけないと、強く思っています。

1.慰謝料請求するときのポイントは?

請求ポイント

もし何かのきっかけでパートナーの浮気に気が付いた時、その精神的苦痛は想像を絶するものです。

慰謝料とは、相手側に落ち度がないと請求できません。

その上、その落ち度をしっかり証明できる証拠やそれに伴う自分の悲しい思いの程度を裁判官に認めてもらえるという事が必要となってきます。

 

慰謝料と一口に言っても、請求できる金額にはその夫婦間での関係性によって50万~500万程まで金額に幅広いバラつきがあります。

事前の証拠集めや、辛さをどのように裁判官に説明して伝えられるのかが慰謝料請求をする上での重大なポイントとなってきます。

ですが、その請求を実際に行う時のポイントを押さえておかないと、慰謝料0円ということも否めません。

>>とりあえず匿名・無料で浮気調査に強い探偵に相談してみる

 

悲しい想いをして慰謝料0円だなんて、納得できませんよね。

そうならない為にも、確実に相手の尻尾をつかんでおく必要があります。

多少遠回りになったとしても、探偵に依頼する事で、自分に優位に進むことは間違えありません。

浮気の証拠集めというのは、精神力も使いますし、休む間にも浮気は動いているかもしれません。

少しでも多くの証拠を集め、少しでも多くの慰謝料をもらいましょう。

2.浮気の場合の慰謝料の相場は?

浮気による慰謝料請求って意外にも、かなり多いみたいです。

私の友人の弁護士は、毎日そういった浮気・離婚といった相談を受けているとのことで、その単語を聞かない日はないといつも言っていました。

先ほど慰謝料は夫婦の関係性によって金額にバラつきがあると前述した通り、それぞれのケースで変わってきます。

離婚に至ったか、または離婚まではいっていないが、別居の原因になった、浮気が原因でうつ病になってしまった、結婚期間の長さ等、様々なケースが考えられます。

裁判所での大体の慰謝料相場は、一般的には100~300万がほとんどだそうです。

3.離婚した場合と離婚しない場合の金額の違いは?

離婚した場合としない場合では、慰謝料では差が生じます。

浮気をして離婚せず婚姻関係をそのまま継続していく場合の慰謝料は、おおよそ50~100万円だと言われています。

浮気が原因であり、さらに離婚にまで至ってしまった場合の慰謝料は、200~300万円です。

また、裁判をせずに双方で話し合った場合での慰謝料というのは、この相場には当てはまらず、双方が合意するのであれば、いくらになっても問題はないそうです。

4.相手方(相手の女・男)に請求することは可能?

相手への請求は可能?

浮気で慰謝料を請求できるのは、浮気をされてしまい、精神的に傷ついた妻、または夫です。

請求相手は、配偶者であるパートナー、または原因となった浮気相手となります。

 

ただし、ここで気をつけないといけないことは、浮気相手が自分の配偶者が結婚していると知っていたのかどうかが重要です。

例えば、同じ職場の上司と部下であった場合、配偶者が結婚しているということを知らないという可能性は少ないと言えます。

他に手紙やメール等のやりとりで「奥さん(旦那さん)にはバレないようにね」などのやりとりを行っていた場合なども結婚しているという事実を知った上での不貞行為とみなされます。

その場合は、請求できますが、慰謝料の二重とりはできません。

例えば、トータルで約300万円の慰謝料請求の場合は、配偶者と浮気相手両方合わせて300万の支払い義務がありますが、それぞれに各300万払わせるということはできません。

5.親に請求することはできる?

慰謝料請求において、浮気相手の親も知っていて見逃していたとしたら、その親からも慰謝料をもらいたいと思ってしまうこともあるかもしれません。

しかしながら、原則として法的に見ると、親はその浮気関係には無関係という位置づけとなるため、慰謝料請求はできません。

6.慰謝料を請求できる時効はいつ?

慰謝料を請求する上で、証拠集めに時間がかかってしまった等の理由でまだ請求できるのか不安になることがあるかもしれません。

そうした場合、不倫の慰謝料請求ができる時効までの期間は、注目したい部分ですよね。

法律上では、「損害及び加害者を知った時から3年」と定められております。

時効が完成していたとしても、相手側が時効を知らずに払う意思を見せた場合、それを受け取るのは問題ないのです。

1度、支払いの意思を見せた場合は、例え時効を過ぎていたとしてもそれを覆すことはできません。

真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す