真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

浮気調査で証拠集め!夫(妻)の怪しい行動を暴く!

浮気調査で証拠集め!夫(妻)の怪しい行動を暴く!

証拠がないと浮気を認めない!

確固たる証拠が浮気問題の解決への近道

「最近怪しい行動が多いし、浮気しているかも…」

そう思い夫(妻)を問いただしても、浮気を認めることはまずありません。

なんだかんだ言っていい逃れようといい訳をしたり、不機嫌になって余計な追求を防ごうとしてきます。

はっきり言って、証拠がなければ浮気問題は解決しません。

だからこそ、浮気の証拠集めをする必要があるのです。

浮気問題の解決の鍵となる「証拠集め」

自分でやるのはとても難しいです。

例えば、

「携帯をチェックしようとしたら、ばれて大喧嘩になった」

というのはよくある話です。

しかも、疑いがかかっていることが分かると、証拠隠滅を図ります。

すると、素人ではもう浮気の証拠を掴むことはできませんね。

さらに「うまく言い逃れできた」という経験を得ると浮気がエスカレートすることも多いです。

これではいつまで経っても浮気問題は解決しないです。

そこで探偵に浮気調査をしてもらうというのが、浮気問題をどうにかしたいと真剣に考えている人の中では常識です。

探偵であれば、素人にはできないような形で証拠を掴んでくれます。

そして、その証拠を突きつければ、もう言い逃れすることはできません。

そこでパートナーを許すもよし、許さず離婚するのもよしです。

浮気問題において、あなたは優位な位置に立つことができて、あなた主導で話し合いを行うことができます。

そうすれば、浮気相手と別れさせて、夫婦生活をやり直すこともできます。

もちろん多額の慰謝料をもらって離婚することもできます。

こんな風に、確固たる証拠を掴むだけで、一気に浮気問題は解決するのです。

 

そんな探偵に依頼をする時には「高い調査力」が必要です。

一言で探偵といっても、調査力はピンキリです。

調査力の低いところに依頼をすると、せっかく多額のお金を支払ってもまともな調査がされず、お金をドブに捨ててしまうようなものです。

なので、なるべく大手で実績が豊富なところがおすすめです。

たくさんある探偵事務所の中から、調査力が高い探偵事務所を探してきたので、探偵に相談をしたい場合は、ぜひ参考にしてください。

どこも無料相談をやっているので、

  • 「夫(妻)がこういった怪しい行動を取るけれど、浮気ではないのか?」
  • 「明らかに浮気をしている。証拠を掴むためにどうすればいいのか?」
  • 「実際に依頼するといくらになるのか?見積もりを教えて欲しい」

などあなたが気になることを聞いてみるといいですよ。

きっとあなたの不安や悩みが解消されるきっかけになりますよ。

ちなみに、少しでも安く探偵に依頼したい場合は、複数で見積もり(無料)をもらって比較しましょう。

原一探偵事務所の特徴

 

原一探偵事務所
1日の料金(目安) 12万円
経費 込みの料金
対応地域 全国
365日24時間
無料相談
匿名相談
特徴 豊富な実績で圧倒的に高い調査力
>>公式ページはこちら

他の探偵事務所と比べ、圧倒的に豊富な実績でとても高い調査力が期待できる探偵事務所です。

ただ高い調査力のため料金は少し高めになっています。

とはいっても、過剰に高いわけではなく相場の範囲内なので、高い調査力を考えると費用対効果は抜群にいいです。

手堅く証拠を掴みたいという場合は、ぜひ原一探偵事務所に相談をしてください。

>>とりあえず原一探偵事務所に無料相談・見積もりするならこちらから

HAL探偵社
HAL探偵社
1日の料金(目安) 10万8千円~
経費 込みの料金
対応地域 全国
365日24時間
無料相談
匿名相談
特徴 業界初後払いシステム
>>公式ページはこちら

HAL探偵社は業界初の初期費用0円の後払いシステムを採用しています。

調査に成功したら報酬を支払うというシステムなので、お金を払ったのにまともな調査が行われなかったという問題が起こることがありません。

ただ注意して欲しいのは、証拠を掴むことができた以外にも、浮気をしていないことが分かったというのも成功に入るということです。

確かな調査をやってくれる保証があるようなものです。

探偵に調査を依頼するのは不安という場合には、ぜひHAL探偵社に相談をしてください。

>>とりあえずHAL探偵社に無料相談・見積もりするならこちらから

総合探偵社TS

総合探偵社TS

一日の料金(目安) 9万7千円~
経費 別途請求
対応地域 全国
365日24時間
無料相談
匿名相談 ×
特徴 アフターサポート充実
>>公式ページはこちら

総合探偵社TSは、調査後に夫婦カウンセラーという専門のカウンセラーによる無料サポートがついています。

そのため復縁や離婚について専門的なアドバイスをもらうことができます。

ただ注意したいのは、ここは経費が別の料金設定になっているので、表示されている金額よりも高くなることが多いです。

なので、もし依頼をする場合には、しっかりと話をした上で見積もりを出してもらうようにしましょう。

>>とりあえず総合探偵社TSに無料相談・見積もりするならこちらから

 

ここからは浮気の証拠を集めるために必要なことについてまとめています。

浮気の証拠を集めようと思っている場合には知っておいて損がないことばかりですよ。

浮気の証拠集めのポイントは裁判で使える証拠を掴むこと!

浮気の証拠集めのポイントは裁判で使える証拠を掴むこと!

「浮気の証拠を自力で頑張って集めた!
この証拠を夫(妻)に突きつければ、浮気問題は解決だ!」

という風に思う方は意外といます。

ちょっと待ってください。

「その証拠、裁判で使うことができますか?」

こちらがいくら証拠だと思うようなものであっても、第三者が浮気の証拠だと思うようなものでなければ、証拠としての能力は低いです。

浮気問題はどうしても感情的になりやすいので、突発的な行動を起こしてしまいやすいです。

しかし、本当に浮気問題を解決したいのであれば、冷静な行動が必要です。

浮気問題というのは、時に裁判まで発展します。

証拠を見せたときに、浮気を認めていても、裁判になったら手のひらを返して浮気を一切認めない人も多いです。

いざ離婚する、慰謝料を請求するとなると、人は自分を守るために簡単に嘘をつきますからね。

そんなときに頑張って集めた証拠が、浮気の証拠として弱かったら…

最悪の場合、離婚が認められないこともありますし、慰謝料の金額ももらえないということもあります。

実際にどういったケースがあるのかといいますと

例えば、携帯のメールに

「明日の夜に会おう」

なんてメールがあった場合、私たちにとっては「浮気だ!」と思うような内容です。

しかし、裁判ではこれは浮気の証拠にならないケースもあります。

というのも、会っただけで不貞行為があったかどうかは分からないからです。

他にも、がんばって尾行をしてホテルから入るときと出るときの写真を撮ったとしましょう。

しかし、その写真は暗くて、顔をしっかりと認識することができないということもあります。

これでは証拠にならないこともあります。

私たちにとってはきっちり見えるような写真でも、裁判官が不鮮明だと判断すれば、証拠にはなりません。

こういった問題が起こりうるのが、浮気問題なのです。

 

浮気問題に真剣に解決したいのであれば、最悪のケースを想定する必要があります。

そのために裁判でも使える証拠を手に入れておくのです。

そうすれば、どんなことになってもあなたの希望が通るようになります。

そんな証拠を手に入れるためには、専門化の知識や特殊な機材が必要です。

そのため確固たる証拠を掴むために、探偵に調査を頼むのが一般的です。

調査力の高い探偵であれば、裁判で使える証拠を手に入れてくれます。

なので、浮気問題を本気で解決したいのであれば、探偵に調査を頼むようにしましょう。

>>とりあえず調査力の高い探偵事務所に無料相談するならこちらから

探偵に浮気調査を頼むタイミングは?

探偵に浮気調査を頼むタイミングは?

探偵に浮気調査を頼むタイミングは、なるべく早いほうがいいです。

下手に引き伸ばしてしまうと浮気癖がついてしまったり、相手に本気になってしまう可能性が高いです。

特に復縁したい気持ちが少しでもあるなら、できる限り早めに探偵に相談をして浮気問題の解決に向けて歩みだしたほうがいいです。

とはいっても、浮気をしている可能性が低いのに依頼をするのはお金の無駄になってしまいます。

一つの目安としては、以下のチェックポイントが3つ以上当てはまる場合です。

  1. いつも携帯電話やスマホにロックがかかっている
  2. 電話やメールの履歴が削除している
  3. 隠れるようにしてメールや電話をしている
  4. 急に残業や会社の付き合いが多くなった
  5. 出張の数が増えた
  6. ファッションや体系を気にするようになった
  7. 休みの日に一人で出かけることが多くなった
  8. 家族との会話や食事が減った
  9. お金遣いが荒くなった
  10. 怪しいレシートを見つけた

3つ以上当てはまるのであれば、正直浮気の可能性が高いので相談したほうがいいです。

疑心暗鬼で悩んでいるよりも、探偵に依頼をして真実を知ったほうが、あなたの人生は前に進みます。

依頼するタイミングで悩んでいるのであれば、勇気を持ってなるべき早めに探偵に相談をするようにしましょう。

>>とりあえず調査力の高い探偵事務所に無料相談するならこちらから

浮気調査を自分でやり証拠を掴む方法とは?

浮気調査を自分でやり証拠を掴む方法とは?

基本的には素人が浮気の証拠を掴もうとしないほうがいいです。

というのも、万が一ばれてしまった時は話がこじれますし、夫婦仲も悪くなってしまいます。

もし浮気をしていない場合でも、疑われたらいい気はしないですからね。

それに浮気をしている場合は、あまり突っ込まれたくないために怒って距離をとろうともしてきます。

そんなギクシャクした状態で日々を過ごすのは苦痛です。

なので、浮気の可能性が高ければ早い段階でこっそりと探偵に相談するのが一番です。

浮気をしていたら確実に証拠をつかめますし、浮気をしていなかったら元の生活に戻ることができます。

>>とりあえず調査力の高い探偵事務所に無料相談するならこちらから

ただある程度、浮気の疑いを確信に近づけてから探偵に依頼をしたいという気持ちも分かります。

そこで多くの人がよくやっている浮気証拠集めの方法を紹介していきます。

携帯やスマホのメールや電話履歴をチェックする

ロックを外し携帯やスマホを見るのは、もはや浮気の探りの定番中の定番。

また浮気をしている人の傾向として、

  • 急に携帯やスマホのロックをするようになった
  • 携帯やスマホをトイレや風呂にも持っていくようになった
  • コソコソとメールや電話をするようになった

と、携帯、スマホがらみで怪しい行動を取る人が多いです。

なので、携帯やスマホをチェックする人は多いです。

ロックがかかっている場合は、相手がロックを外す瞬間に指の動きや番号を盗み見ることでパスワードを知ることができます。

常に一緒にいれば油断する瞬間もあるので、さりげなく確認しましょう。

そうして知ったパスワードを使ってロックを外したら、メールや電話履歴のチェックをしましょう。

浮気相手とのやり取りが残されている可能性が高いです。

メールのやり取りが残されていたら、それを自分の携帯で写真に撮って保存しましょう。

メールを転送するという方法もあるのですが、それをやると携帯を見たことがバレる可能性が高いです。

また、裁判に発展した時にメールの内容を改変して転送したと言い逃れをする可能性もあるので、写真の方が証拠になりやすいです。

ただメールだけや電話履歴だけでは、浮気の決定的な証拠にはなりません。

デートの約束をしていても、そこで肉体関係があったか分かりません。

「好きだ、愛している」なんて言葉も冗談だといったら、それまでです。

問い詰めるにしても、言い逃れが十分にできるので、この証拠だけで証拠集めは終わりになりません。

この証拠をもとに、探偵に依頼をしてより決定的な証拠を掴むというのが、一番多いパターンですね。

>>とりあえず調査力の高い探偵事務所に無料相談するならこちらから

不正アクセス禁止法には要注意!

携帯やスマホに入っているメールを見る場合は、この法律に該当しないのですが、GmailやYahooメールなどのメールサービスにログインをすると、法律違反になります。

この法律に違反すると、1年以下の懲役または50万円以下の罰金となっているので気をつけてください。

特に裁判まで発展するとなると、こちらの弱みを突いてくるので、できる限り弱みは少ないほうがいいです。

メールは浮気の証拠能力としてはあまり高くないので、そこまで危険を冒さないほうがいいです。

またこういったメールサービスではログイン履歴を見ることができます。

不自然なログインがあった場合、通知してくることもありますからね。

なので、メールを見たことがばれてしまう可能性が非常に高いです。

正直、GmailやYahooメールなどのメールサービスを見るのはあまりおすすめしません。

夫(妻)を尾行して浮気の証拠写真を撮る

尾行をして浮気の証拠写真を撮るというのは、探偵がよく使う手段です。

そのため浮気の決定的な証拠を得ようと、自分で尾行をする人もいます。

しかし、正直、素人が尾行をして決定的な瞬間の写真を撮ることはほぼ無理です。

そんなに簡単に尾行をすることはできません。

実際に尾行をする人の多くは、途中でパートナーを見失ってしまいます。

より最悪なのは、尾行をしているのがバレることです。

あなたのことはよく知っているので、多少変装したくらいでは、簡単に見破られます。

すると、より警戒して浮気の証拠を掴むことが難しくなるので、自分ではやらないほうがいいですね。

それにホテルに入るとなると、基本的には暗い時間です。

暗い中でも顔が見えるような写真を撮るには特殊な機材も必要です。

なので、尾行して証拠写真を撮ってもらうのはプロである探偵に依頼をするようにしましょう。

>>とりあえず調査力の高い探偵事務所に無料相談するならこちらから

FacebookやtwitterなどのSNSにログインして証拠を掴む

近年、FacebookやtwitterなどSNSが非常に活発です。

ネットで知り合って、恋人になるというのも、今では当たり前になっています。

そういった時代なので、SNSを使って異性と知り合って、浮気をしている人も多いです。

メッセージ機能を使ってやり取りをすることで、携帯やスマホに余計な情報も残らないので、非常に浮気をしやすいというのも特徴です。

なので、FacebookやtwitterなどのSNSにログインをして証拠を掴みたいと思う人は多いです。

しかし、これも上で紹介した不正アクセス禁止法に触れる可能性があります。

なので、パスワードを盗み見てログインをするのはやめたほうがいいです。

もしSNSを使って浮気をしているかどうかを判断したい場合は、まずはアカウントを突き止めましょう。

そして、怪しいコメントやつぶやきがないかチェックすれば、意外と情報を引き出せます。

もしくは、別アカウントを取って、友達になろうと声をかけ、探りを入れるという手段もあります。

少し遠回りなやり方ですが、隠れて運用しているアカウントであれば、意外とボロがでやすいので、チェックする価値はありです。

浮気の証拠を掴むためにLINEのやり取りを見る方法とは?

最近ではメールよりもLINEを使ってやり取りをしている人が多いです。

iPhoneなどのスマホのパスワードが分かれば、中を確認することもできます。

スマホのロックを解除する場合には、よく観察していれば分かります。

指の動きからでも分かりますし、夫婦であればいつも一緒にいるので、パスワードを盗み見るチャンスはいくらでもありますね。

もしくは、ポップアップメッセージを見れば内容の一部が見ることもできますね。

こういった方法で、LINEの中を確認することができます。

ただ注意したいのは、中を見たときに新しいメッセージがあると、既読になってしまうという点です。

そうなると、確実にLINEを見たことがバレるので、その注意してください。

また、万が一、浮気の証拠となるような内容があった場合は、あなたの携帯やスマホで写真を撮るようにすれば、証拠として使えます。

ただ多くの場合、メッセージのやり取りだけでは浮気行為があったのかまでは分からないので、決定的な証拠にはなりにくいことは覚えておいてください。

一つの状況証拠として集めておいて、あとで探偵に依頼をしてより決定的な証拠を掴むのが一般的な流れですね。

レシートやクレジットカードの明細が浮気の証拠に?

浮気相手とコンビニに寄って買い物をしてから、ホテルに行くというパターンを取っている人を意外と多いです。

その場合、ホテル近くのコンビニを利用するので、そのレシートが浮気の判断材料になります。

なので、レシートに書いてある店舗情報をグーグルマップなどで調べてみましょう。

ホテル街のコンビニを使っている場合は、浮気をしている可能性がかなり高いです。

もちろんこれだけで浮気の決定的な証拠にはなりませんが、状況証拠の一つになり、他と組み合わさることでかなり証拠力が高まります。

他にもクレジットカードの明細をチェックしてみましょう。

夫(妻)の言動と一致していないことがあります。

例えば、「会社の付き合いでゴルフに行った」と言っていたにもかかわらず、買い物をしていたなんてこともあります。

その時点でかなり怪しいですよね。

携帯のメールや電話履歴などは対策していても、レシートやクレジットカードまで、意識が向いていないことが多いです。

なので、本当に疑わしい場合はチェックしてみる価値はあります。

もし怪しいレシートやクレジットカードの明細があった場合、そのまま保管するのも一つの方法ですが、携帯の写真で取るだけでも有効です。

形に残る形でレシートを保存していることが分かると、何かあったときにバレる可能性もありますからね。

手帳をこっそり見て浮気の証拠を掴んでみる

最近はスマホやPCなど科学技術が発達していますが、なんだかんだいって手帳を使ってスケジュールをチェックしている人は多いです。

さすがにそのまま浮気の日とは書いていることはありません。

しかし、何かしらのマークを付けている可能性はあります。

○、△、☆、ハートなど。

そのマークを読み取って推理すると、残業で遅くなる日であったり、出張に行っている日だったりもします。

ただ手帳の内容だけでは、浮気の証拠にはならないですね。

特にマークだけでは。

なのて、手帳の内容から予定を読み取り、探偵に依頼をして調査をしてもらうというのが、一般的な流れです。

予定が分かっている分、費用も抑えられ確かな証拠を手に入れやすいです。

>>とりあえず調査力の高い探偵事務所に無料相談するならこちらから

GPSで車の位置情報を追跡する!位置情報は証拠になる?

休日に車を使って一人で外出することが多くなった

という場合、浮気を疑いますよね。

確かにかなり怪しい行動なので、調べてみる価値は十分にあります。

スマホのアプリでGPSの位置情報を教えてくれるものもあるので、そういったものをインストールすることで、色々な情報を知ることもできます。

ただばれずに相手のスマホにインストールするのはかなり難しいです。

なので、自分のスマホにインストールして、車の中にこっそりと隠すというのが現実的でしょう。

あなたの車を使うことができるのであれば、置き忘れてしまったという設定にすればいいでしょう。

もしくは、GPSロガーといって、位置情報を記憶することができる機械を買って車に付けるという方法もあります。

これで怪しい行動を取っているのかどうかを調べることができます。

ただこれだけでは浮気があったかどうか分からないので、証拠としても弱いです。

なので、この情報をベースに夫(妻)の行動を把握して、探偵に調査を依頼するのが多くの人がやっていることです。

調査日を絞ることができれば、調査費用も抑えられるので、確かな証拠をゲットしたい場合は、探偵に相談をしてみてください。

>>とりあえず調査力の高い探偵事務所に無料相談するならこちらから

ICレコーダーやボイスレコーダーを使って音声の証拠をゲットする

例えば、メールの中身などをみて、問い詰めたところ、浮気をしていたことを白状することはあります。

できれば、白状した時には録音しておくと、後に裁判になったとき、それが有効な証拠になります。

正直な話、仮に浮気をしたことを認めたとしても、裁判になったときに手のひらを返す人は多いです。

できれば慰謝料とか払いたくないですからね。

そのときに裁判で有効な証拠がなければ、不貞行為があったことを裁判所は認めません。

怪しいメール程度でも自白することはあるのですが、裁判になると有効な証拠にならないケースが多いです。

なので、問い詰める時にはきちんと録音しておくことがポイントです。

ICレコーダーやボイスレコーダーがなくても、iPhoneなどのスマホには録音機能があるので、そういったもので録音するのもありです。

ただ注意点としては、脅すような形で問い詰めると脅迫になり証拠にならないことがあります。

なので、そっと諭すような形で浮気を認めさせましょう。

浮気現場を目撃しても乗り込むのはちょっと待った!証拠写真を押さえよう

「たまたま街を歩いていたら、女性と二人きりでラブラブに歩いている夫を見つけた」

なんてことがあったとき、いきなりその場に乗り込みたくなる気持ちはよく分かります。

そのほかにも浮気現場を特定して、現場に乗り込むという人もいますよね。

現場に乗り込みたくなる気持ちは分かりますが、それでは証拠が一切残りません。

最悪のケースを想定するのであれば、裁判まで問題が発展することです。

そのときにいくらあなたが浮気現場を目撃したといっても、物的証拠がなければ、裁判所が不貞行為があったとはなかなか認めません。

なので、できれば証拠写真を撮っておくようにしましょう。

ただ浮気をしている時は大抵、夜です。

夜暗い中で写真を撮っても、なかなか顔がはっきりと分からないことが多いんですよね。

そのため裁判でも使えるような証拠を掴みたいのであれば、探偵に依頼をする必要があります。

探偵は特殊な機器を使って撮影するので夜でもはっきりと顔が分かる証拠写真を撮ることができます。

真剣に浮気問題を解決したい場合は、とりあえず探偵に相談をしてみてください。

>>とりあえず調査力の高い探偵事務所に無料相談するならこちらから

浮気の証拠の有効期間は3年間!夫(妻)を許すか許さないかは慎重に決めよう。

浮気の証拠の有効期間は3年間!夫(妻)を許すか許さないかは慎重に決めよう。

浮気の証拠には有効期限が設定されています。

その期間は3年間です。

3年経ってしまうとその証拠は無効になってしまいます。

ただ逆を言うのであれば、3年間相手に猶予を与えることもできるのです。

夫婦問題というのは、そう簡単に解決できる問題ではありません。

浮気が発覚したら、即離婚!というのももちろんありですが、中には関係を修復してやり直したいという人も多いです。

そういった場合は、すぐに離婚をしないで、ゆっくりと許すか許さないかを決めるのも一つの手段です。

「しばらくは様子を見るけれど、もしまた浮気をしたら今度は離婚だからね」

と釘を刺すことで、それ以降浮気をすることを防ぐこともできます。

しっかりと証拠を持っておくことで、何かあっても慰謝料をたくさんもらって離婚できると思うことで精神的にも有利に立つことができます。

ただいつまでもその証拠を使うことができるわけではないので、あなたからも歩み寄って夫婦関係を修復していくように心がけましょう。

お互いを思いやる気持ちが夫婦には必要ですからね。

浮気問題を解決したいのであれば、しっかりとした証拠を手に入れなければ話になりません。

そのためにも、一度探偵に無料相談をしてみることをおすすめします。

>>とりあえず調査力の高い探偵事務所に無料相談するならこちらから

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す