真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

探偵や興信所の裏事情とは?暴力団とのつながりはある?

探偵と裏社会のつながり

探偵と聞くと裏社会と繋がっていたり、裏事情があったりとアンダーグラウンドな響きを持っている職業となっていますが、実際のところは暴力団などの裏社会と繋がっているということはありません。

というよりも、探偵の大半は警察関係者が定年退職後に行っていることも多いために、どちらかと言えば、裏事情というよりも表事情ということになります。

と言っても、警察も暴力団も方向性が異なるだけで、やっていることや内容についてはどちらも似たり寄ったりなところがあると思われますので、裏事情と言えば裏事情かもしれません。

 

また、近年では行政書士や司法書士などが副業として探偵業を営んでいるということも多いです。

士業は資格を持っていると公的に個人情報を集めることが出来ることが出来る資格となっているために、副業として探偵業や興信所を運営している方も多くなっています。

このように、一般的には知られていないルートで調査をすることが出来るために、暴力団や裏社会と関係を持たなくても調査をすることが出来るということになります。

1. 探偵や興信所は裏社会と繋がっている?

裏社会とのつながりについて

探偵や興信所は裏社会と繋がっているのではないだろうかと不安を感じている人も多いですが、正確には「探偵や興信所が裏社会と繋がっている」のではなく、「裏社会の住人が探偵や興信所を運営している」ということが多いのが問題です。

キチンと運営している探偵社や興信所については、裏社会と繋がっているということがありませんが、探偵社や興信所を運営するために必要なのは、各都道府県に設置されている公安委員会に探偵業を始めるという届け出を提出するだけで始めることが出来ます。

このように簡単に始めることが出来るために、裏社会の住人が依頼者の情報を集めるために探偵業を営んでいるということも多くなっています。

 

特に、探偵や興信所に依頼をする内容というのは、「誰にも聞かれたくない」「誰にも相談できない」というような内容が多くなっています。

そのため、人の弱みに付け込むような詐欺師や裏社会の暴力団などが、依頼された内容をネタに金銭を要求するというような犯罪行為が行われていることもあります。

このように、探偵社や興信所を選ぶというのも重要になっていて、信頼ができる探偵社を探すのにも色々なコツがあります。

間違った探偵社に依頼をしてしまうと、とんでもないトラブルに巻き込まれてしまう危険性もありますので十分に注意するようにして下さい。

>>とりあえず安心して依頼ができる信頼性のある探偵について知りたいならこちら

2. 探偵が犯罪を犯すと依頼人も加担したことになる?

依頼人の責任について

探偵に依頼をして、調査をしている際に罪を犯してしまった場合は、依頼者も責任に問われるのではないかと不安を感じている人も多いですが、依頼者は「調査を依頼する」というだけなので、「罪を犯してくれ」とは依頼していないと思われます。

例えば、最も罪が重いとされている「殺人」についてですが、殺人を誰かに依頼した場合は「殺人教唆」という罪で逮捕されることになります。

教唆という言葉の意味としては、人を唆して犯罪を実行させる行為となっていて、犯罪をするように依頼した場合には、依頼人も加担したことになります。

しかし、探偵業というのは探偵業法に則って業務を行っていますので、もしも、探偵が調査をした際に罪を犯した場合でも、依頼者には何の関係もないということになります。

ところが、関係がないということを証明しなければなりませんので、探偵業法では、依頼者と探偵の間で契約書を取り交わすことで依頼を請け負うということになっています。

そのため、契約書を交わさずに依頼を請け負っているような探偵社に関しては信用しない方が良いということにも繋がります。

 

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す