真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

興信所や探偵のデータ調査の手口は?facebookやlineの調査

探偵のデータ調査

探偵が行う調査の中にはデータを伴う種類が多くなっています。

例えば、付き合っている彼女の家族構成や、娘が連れてきた婚約者の戸籍など、個人情報に関するデータを調査して欲しいという依頼者が多くなっていて、配偶者の浮気調査などでも、多くのデータ調査が行われています。

近年ではFacebookやTwitter、LineなどのSNSやスマートフォンアプリなどが流行しているということもあり、パソコンやスマートフォンを持っている人のほとんどが利用しているコンテンツとなっています。

そして、SNS上では普段の会話では話さないようなことまでコメントしてしまう人が多いために、SNSを利用してデータ調査をする探偵も出てきています。

 

今回は、探偵がどのようにしてデータ調査をしているのかということについて紹介していきます。

1. 探偵のデータ調査技術はなんなのか?

探偵がデータ調査をしていると聞くと、映画の世界のようにハッキングやウイルスなどを使って調査をしているというようなイメージを持っている人が多いですが、データ調査の技術としては一般人の能力を超えたものではありません。

しかし、技術力ではなく根気力が求められる調査となっていて、まずは対象者が使っているアカウントの情報を見つける所から始まります。

そして、家族や恋人など深い付き合いをしている人は友だち登録などをされているケースが多くなっていますので、その辺りから少しずつ調査を進めていくということになります。

よくあるケースとしては、自分では個人情報を発信していなくても、リアルに付き合いのある友人や知人などが勤めている会社や仲間グループを公表しているというケースもあります。

中には、同じマンションやアパートに住んでいるというようなことを公表しているケースもありますので、その辺りから情報を集めるのがデータ調査のポイントとなっています。

 

探偵や興信所の中には、公的機関のデータベースにアクセスをして情報を入手するような業者も存在していますが、これは日本国内では違法行為とされているために、「データベースにアクセスを出来るので問題ありません」というような説明をされた場合、その探偵は気をつけたほうがいいでしょう。

2. 探偵はfacebookの情報をどうやって調べる?

Facebookの情報は、全体の公表されているタイプと、友人になってくれた人に公開をする限定的な公表の2つのパターンに分かれています。

探偵がFacebookの情報を調べる方法としてはたくさんの方法がありますが、最も手っ取り早いのは、友人や知り合いを装って友だち登録の申請をするという方法になっています。

友達なら日常的な愚痴や噂話をする対象にもなりますので、本人から情報を得ることも出来るということになります。

3. 探偵はlineの履歴などから調べる?

近年ではスマートフォンアプリのLineを利用している人が多くなってきました。

10代~20代の男女の90%以上が利用しているアプリとも言われていて、年代が高くなるに連れて、利用率が下がるのが特徴的ですが、メール機能や通話機能などもありますので、簡単にコミュニケーションが取れるために、重宝している人も多いです。

Lineのやり取りを履歴から調査するだけで、その人のプライバシーのほとんどが調査できると言っても過言ではありません。

しかし、これはウイルスやハッキングに近い事になるのでlineを直接調べることはできません。

lineを調べたいのであれば、相手に直接見せてというほかないですね。

その反応を見て、浮気をしているかどうかの判断をするのがいいでしょう。

 

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す