真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

探偵はどんなアイテムを使っている?探偵帽子はかぶってる?

探偵のアイテム

一般人にとって、探偵という職業を知る機会というのは、それほど多いものではありません。

ドラマや映画、小説にアニメなどの創作物からしか知識を得ることが出来ないと言っても過言ではありませんので、どのようなアイテムを使っていて、どのような調査をしているのかということが気になる人も多いと思われます。

しかし、一般的に探偵が使っているアイテムというのは、それほど珍しいものではありません。

 

確かに、超小型のカメラやボールペンやネクタイピン型のICレコーダーなど、一般的ではないアイテムも多いかもしれませんが、これらのアイテムは探偵ではなくても購入することが出来るアイテムとなっています。

大阪の日本橋、東京の秋葉原など機械パーツの専門店街などに赴けば、いくらでも購入することが出来るアイテムとなっていますので、小説やアニメのようにフィクションに富んだアイテムを使っているということではありません。

間違っても、蝶ネクタイ型変声機や時計型麻酔銃などを持っているということはありませんので勘違いしないで下さい。

 

それでは、一般的に探偵がどんなアイテムを使用して、どのような服装をしているのかということについて詳しく紹介していきます。

1. 探偵はどんな服装をして働いているのか?

探偵のアイテム

ドラマや映画で見るような探偵というのは、クラシックな服装をしていることも多いですが、実際の探偵は、それほど奇抜な服装をしていません

当然のことながら、例えばコナン・ドイル著の主人公「シャーロック・ホームズ」のような格子柄のマントを着ている人を現代の街中で見かけたとすれば、100人中100人が「コスプレか?それとも何かの宣伝か?」というように注目を集めてしまいます。

 

探偵の仕事は基本的に「調査をする」ということになっていますので、調査をしていることを対象者に発見されるとマズイということに繋がります。

そのため、探偵の普段の服装は中年層なら背広を中心としたシックな色合いの、どこにでもいるようなサラリーマンを装っている事が多いです。

若い世代なら若者向けの服装をしていることが多いですが、大切なのは「目立たない」ということになりますので、周りの風景に溶けこむような服装をしていることが挙げられます。

大規模な結婚式場や葬式会場などでは、招待状を持っていなくても入場できることが多く、そのような場所で調査をする際には、礼服を着て会場に潜りこむことも多いです。

 

また、素行調査や浮気調査などで、クラブハウスやコンサート会場に潜入する際には、会場の中でも観客に溶け込めるような服装をして調査をすることが多くなっています。

そして、その中でも撮影や録音などが出来るように特別なアイテムを使って調査をすることになります。

2. よく探偵が被っている帽子の名前は?本当に被っている?

探偵の帽子

探偵がよく被っている帽子で印象が強いものと言えば、「探偵物語」の主演だった松田優作さんが被っていた「黒の中折れ帽(ハット)」と、シャーロック・ホームズが作中で被っていたとされる「鹿撃ち帽」が有名だと思われます。

しかし、実際に街中を歩いていても、これらの帽子を被っている人を見かけるケースは少ないと思われます。

これはドラマや小説の中で分かりやすく「探偵だ」ということを示すアイテムとなっているために、実際の探偵は帽子を被っていないことが多いです。

1点だけ、帽子を被ることが多いケースというのは、探偵が禿げているという場合です。

ハゲというのは、大勢の人の中でも印象が強く残ってしまう傾向にありますので、これを誤魔化すために帽子を被る探偵も多くなっていますが、わざわざ探偵だということを示す必要がありませんので、基本的にこれらの帽子を被るということはありません。

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す