真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

探偵の尾行の手口ややり方は?バレる心配はない?

探偵の尾行の手口について

探偵が行う尾行の手口や方法について気になっているという人も多いかもしれませんが、何も難しい技術や特殊なスキルを持っているということはありません。

日常的に生活をしている状態だと行わないこともすることになりますので、少し珍しいかもしれませんが、特別なやり方ではないということになります。

今回は、状況によって異なる探偵の尾行について紹介していきます。

1. ターゲットを尾行するときの距離はどれくらい?

探偵が対象者を尾行する時の距離についてですが、これは状況によって大きく異なります。

例えば、周りに遮蔽物がなくて対象者から尾行していると気づかれやすい状況になると距離が長くなる傾向にあります。

逆に、人混みなどで尾行していることに気づかれる心配が少ない状況の場合は、対象者の真後ろにいる場合もあります。

また、喫茶店やレストランなどで食事をしているというような状況では、対象者の後ろや隣のテーブルで調査をしているということもあります。

 

「尾行をしている」「調査をしている」と聞くと、怪しい行動をしているように思えるかもしれませんが、上手く尾行をするコツとしては、「周りの雰囲気に溶けこむ」ということが挙げられますので、特別なことをしているということではありません。

また、1人で尾行しているのか、複数人のチームで尾行しているのかという状態によっても尾行の距離は大きく異なります。

複数人の場合は、対象者を中心に待ち伏せなどを行うことによって、尾行していることに気付かせないという方法もあります。

>>とりあえず匿名・無料で浮気調査に強い探偵に相談してみる

2. 自転車を使って尾行する場合について

自転車を使って尾行するということもありますが、自転車の場合は写真や動画などで撮影をすることがとても難しくなっています。

というのも、自転車の場合は車やバイクと違って、振動が強いために、撮影には向かないということが挙げられます。

また、自転車の場合だと、対象者との距離感を掴みにくいということが挙げられますので、一般的には車やバイクまたは徒歩などで尾行をすることが多くなっています。

3. 車やタクシー、バイクの尾行の場合について

探偵が尾行をする際に、車やタクシー、バイクなどを使用することが多いですが、これは「尾行」と「撮影」の2つの処理を行うためだとされています。

探偵が尾行をした情報を依頼者に報告する際に、写真や動画などで報告されることが多いですが、この際の映像として用いられるために、車やタクシー、バイクなどで尾行をすることが多いということになります。

タクシーが使われるケースというのは少なくなっていて、長距離を電車などで移動した上に、対象者がタクシーを利用した場合となっているために、それほど多い機会ではありません。

対象者がどこに向かうのか分かっている場合は、電車で尾行していたグループと車で待機をしているグループに分かれている事が多いので、タクシーを利用するケースが少ないということに繋がります。

4. GPSによる尾行はどうやって行う?

GPSによる尾行

尾行をする上で大切なのが、GPSを使っているのかどうかということになります。

GPSを設置するためには、依頼者の協力が必要な場合が多いです。

もしも、探偵が対象者の車などに勝手にGPSなどを設置した場合に発見されてしまうと器物損壊罪などの罪で逮捕されてしまう危険性もあります。

そのため、配偶者の浮気などを疑っている場合には、依頼者に協力をしてもらって、分かりづらい場所にGPSを設置してもらって、その情報を元に尾行を行うということになります。

GPSがあると、尾行が楽だと思いがちですが、近年の一般的に販売されているGPSでは精度が甘いために、映画やアニメのようにピンポイントで対象者を追跡できないのが欠点となっています。

>>とりあえず匿名・無料で浮気調査に強い探偵に相談してみる

 

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す