真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

もし興信所や探偵の尾行がばれて失敗したらどうなる?

もしも探偵の尾行がばれたら

探偵が行う調査の中には、対象者を尾行するというものも多いです。

特に、浮気調査や素行調査では、対象者が判明していることも多く、対象者の行動を調査するのが目的となっているために、尾行の技術については必須条件となっています。

探偵の尾行が失敗するパターンとしては、主に2つのパターンが存在しています。

  • 対象者を見失ってしまった
  • 対象者に尾行を気づかれてしまった

この2つとなっています。

これら2つのパターンに遭遇してしまった場合でも対処をすることが出来るようにプランを組んでおくのが探偵の仕事となっています。

複数人で尾行をしていたり、対象者の行動を予測したりすることで万が一のケースに備えるのがポイントになっています。

1. 探偵の尾行がばれて失敗したらどうなるのか?

探偵が尾行に失敗

探偵の尾行がバレてしまって失敗するというケースも存在していますが、バレたところで、「探偵が尾行している」ということは気付きようがありません。

探偵というのは日常的に依頼することが出来る業者となっていますが、どの時点で対象者は「探偵だ」と断定したのでしょうか?

恐らくですが、「同じ人がずっと尾行していたから」という理由が多いと思われます。

 

1日の大半を同じ人が後ろから付いてくるという機会は、日常生活の中でもそれほど無い機会だと思われますので、そこから判断することが多いと思われます。

しかし、尾行をしている人数が2人や3人、場合によっては10人以上だったらどうなるでしょうか。

探偵は組織立って動いていることも多く、長時間の尾行になる場合なら、複数人のチームを組んでいることも珍しくありません。

 

そのため、探偵が尾行をしていることに気づかれたとしても、確証を得る方法としては尾行をしていた人を問い詰めて「探偵だ」と自白させるしか無いということになります。

一時的に尾行に気づかれて失敗してしまうと、対象者が警戒度を高める可能性が高くなりますが、一般人が警戒度を高めたところで全ての調査を防ぐということは不可能なので安心して依頼をすることが出来ます。

>>とりあえず匿名・無料で浮気調査に強い探偵に相談してみる

2. 探偵の尾行に違法性はない?

尾行に違法性はあるか?

探偵に尾行を依頼すると、ストーカー行為とされて逮捕されてしまう危険性があるとされていますが、キチンと探偵の届け出を出している探偵社や興信所に依頼をすれば問題ありません。

探偵や警察関係者は法律によって守られていて、尾行をすることは「業務の一環となっている」とされているために、探偵が対象者を尾行することに対しては違法性がありません。

しかし、探偵の真似事をしている一般人が尾行をするとストーカー規制法違反で逮捕されてしまうことがありますので、キチンと依頼を請け負ってもらいたいのなら、探偵業法に則って業務を行っている探偵を選んで依頼をすると良いでしょう。

 

一般的に、法律に抵触する恐れがあるとすれば、ストーカー規制法だと思われますが、ストーカー行為となるには、いくつかの条件をクリアしなければならないということが挙げられます。

例えば、待ち伏せや押し掛けなど、尾行でもよくあることですが、それよりも面会や交際の要求、または乱暴な言動など当人との争いや交渉になっていることが条件となっているために、尾行をしているだけでストーカー規制法に抵触する危険性は限りなく低くなっています。

探偵の尾行では、基本的に対象者と接触することがありません。

それほど遠くない距離から隠しカメラや小型カメラなどで撮影をしているということは、よくあることですが、対象者と接触することがありませんので、余程勘の良い人でない限りは、探偵に気づくこともなく調査が完了するということが多くなっています。

>>とりあえず匿名・無料で浮気調査に強い探偵に相談してみる

 

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す