ストーカー被害の対処方法は誰に相談をすればいい?

ストーカー被害の対処法は?

ストーカー被害に遭遇した場合に、不安なのはどこに相談をすれば良いのか分からないということだと思われます。

基本的にストーカーの被害に遭遇した場合に、初めに相談する場所としては最寄りの警察署ということになりますが、ストーカー被害というのは、明確な証拠が出にくい行為ということも挙げられますので、真剣に取り合ってもらえない事が多いのも問題となっています。

その場合には、弁護士などの機関に相談をすることによって被害届を受理してもらえるように働きかけることが可能になっていますので、まず初めに相談をしなければならないのは警察機関ということになります。

間違った対処法としては、正義感の強い人に多い行動となりますが、自分だけで対処してしまおうとする手法になっています。

相手が間違った行動をしているのだから、こちらの行動は正当化されるというイメージを持ったままストーカーと相対してしまうことによって想定外のトラブルを引き起こしてしまうようなこともあります。

ストーカーの中には、精神を病んでいるような人も多いので、ストーカー被害だけではなく拉致監禁や傷害・暴行などの被害を受けてしまうことも考えられますので、ストーカーの対処については、十分に注意しなければなりません。

 

1. どこに相談しに行けばいいのか?

どこに相談すべきか

ストーカー被害の相談をする場所としては、冒頭でも紹介したように警察機関に相談をするのが初めとなります。

まずは警察で相談をしてから、どのように対処をするのかということを決めることになります。

警察で相談をしても、被害届を受理してもらえないことがありますが、その場合にはどうして被害届を受理してもらえないのかということが伝えられますので、その内容を弁護士に相談するのが次の手段となります。

警察に被害届を受理してもらえない理由としては、「ストーカー被害に遭遇していないと判断されてしまう」ということが挙げられますが、弁護士などに相談をして証拠を固めてからもう一度警察に相談をすることによって、被害届を受理してもらえる可能性がアップすることになります。

弁護士に相談をすると、提携している探偵事務所や興信所を紹介されることもありますが、これは証拠集めに探偵や興信所を利用するということになりますので、相談料が無料の探偵事務所や興信所に相談をするのも良いかもしれません。

2. 被害届けを出せばストーカーは逮捕される?

被害届を出すと

被害届を警察に出せば、被害者として出来ることの大半は完了ということになりますが、1点だけ勘違いしないでもらいたいのが「被害届を出しただけでストーカーが逮捕される」ということはありません。

被害届を出してから、ストーカーがストーカー行為に及んだところを警察官が発見した場合に初めて逮捕されるということになりますので、被害届を出しただけでは完了することがありません。

被害届を受理してもらえれば、警察官が自宅や職場の周りなどを見回りしてもらえることが多くなりますが、ストーカーの被害を全て防ぐことが出来るようなボディーガードのような働きを期待しても無駄になりますので、被害届を出しただけではストーカーの被害を防ぐことは出来ないということになります。

 

3. ストーカーと話し合いをするのは危険?

ストーカーとの交渉

ストーカーの間違った対処法の一つに、「ストーカーと直接話し合いをする」ということが挙げられます。

この行動は、警察に被害届を受理してもらえなかった場合に起きることが多い行動となっていますが、警察をアテにすることが出来ないのなら、自分で何とかするしか無いと思って、ストーカーと直接交渉をするということになるのですが、ストーカーというのは基本的に思い詰めている状況の人が多くなっているので、直接交渉をすると余計なトラブルを引き起こしてしまう可能性が高くなってしまって危険です。

そのため、ストーカーとの話し合いを希望される場合は、弁護士や信頼できる人と一緒に話し合いをすることが大切です。

もちろん、話し合いをした内容を記録しておくことによって被害届を受理してもらえる可能性が高くなりますので、記録を残すことも重要です。

もうストーカーに怖い思いをさせられる必要はないんです!

ストーカー対策を行う時には、ストーカーの証拠が絶対に必要です。

ストーカーされている気がする程度では警察は動いてくれません。

きちんとした証拠を持っていくことで初めて警察は動いてくれます。

そんな証拠集めを一人でするのは危険ですので、ストーカー対策が得意な探偵に依頼をするのが、ベストな選択です。

>>安心して任せられる探偵に試しに無料相談してみるならこちら

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す