女性のストーカーの特徴や心理や対策について

女性のストーカー対策

ストーカー行為をする加害者が女性の場合は、男性がストーカー行為をするよりも被害が大きくなる傾向があります。

女性からのストーカー行為というのは、被害者が男性の場合と女性の場合がありますが、今回は両方のケースについて紹介していきます。

 

女性が加害者となるストーカー行為の場合は、警察が動いてくれないケースも多く、痴情のもつれから問題に発展したと判断されるケースが多いために、基本的に警察はノータッチとなるケースが多いです。

また、加害者が負う罰に対しても、男性がストーカー行為をするよりも軽くなっていることが多いのが特徴となっていますが、被害に関しては男性がストーカーになるよりも女性がストーカーになった方が大きくなるのがポイントになっています。

1. 女性のストーカーの特徴・心理について

女性ストーカーの心理

男性と女性のストーカーの違いとしては、加害者が攻めるポイントが大きく異なります。

男性のストーカーの場合は、被害者の「プライベート」を狙うことが多くなるのがポイントになっていて、被害者の自宅や休日を狙って待ち伏せや嫌がらせをすることが多いです。

しかし女性のストーカーの場合は、被害者の急所でもある「仕事場」を狙うことが多くなっています。

 

具体的な被害としては、職場に電話を掛けてきたり、職場で待ち伏せをされたりというような業務の妨害をすることが多くなっています。

そのため、被害者は会社からも冷たい目で見られることになり、泣く泣く仕事を辞めなければならない状況にまで追い込まれることも少なくありません。

また、男性のストーカーが女性に対する好奇心からストーカー行為に及ぶことに対し、女性のストーカーの場合は、男性に対する不信感からストーカー行為に及ぶことが多いのが特徴的になっています。

 

また、男性に対する依存性が高くなっていることも特徴の一つとなっていて、中には被害者の男性の全てを手に入れたいという束縛感を持っていることが多いことが挙げられます。

女性がストーカーになってしまう要因の一つに、男性に冷たくされたり振られたりするということが挙げられ、それらの状況から逆上してしまってストーカーになってしまうということも多くなっています。

>>とりあえずストーカー対策に強い探偵事務所に相談してみる

2. 女同士のストーカーの対策について

女性のストーカー対策

一般的にストーカー行為というのは、男性から女性へ、または女性から男性へのアプローチのことを指していますが、中には女性から女性へのストーカー行為も存在しています。

このような場合には、対策方法が少なくなっているのが特徴的になっていて、警察に相談をしてもまともに話も聞いてもらえないということが多くなっています。

しかし、ストーカー行為の証拠を集めてから警察や弁護士に相談をすることによってキチンとした対処をしてくれることに繋がりますので、まずは証拠集めに勤しむのが良いでしょう。

 

1人でストーカー行為の全てに対して対策を練るということは難しいと思われますので、証拠集めをしたいという場合なら、信頼できる人に頼むか、探偵や興信所といった証拠集めのプロに依頼をするという方法もあります。

証拠を集めることができれば、早期の解決に繋がっていますので、探偵や興信所を利用するということがオススメです。

特に、女性は男性に比べると力が弱くて感情的になりやすいという傾向がありますが、これは言い換えると計画性があるということでもあります。

そのため、深刻な被害に直結しやすいストーカー行為でもありますので、ストーカーに悩まされる前に適切な対策を行うようにして下さい。

>>とりあえずストーカー対策に強い探偵事務所に相談してみる

もうストーカーに怖い思いをさせられる必要はないんです!

ストーカー対策を行う時には、ストーカーの証拠が絶対に必要です。

ストーカーされている気がする程度では警察は動いてくれません。

きちんとした証拠を持っていくことで初めて警察は動いてくれます。

そんな証拠集めを一人でするのは危険ですので、ストーカー対策が得意な探偵に依頼をするのが、ベストな選択です。

>>安心して任せられる探偵に試しに無料相談してみるならこちら

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す