探偵や興信所の身元調査の内容や費用相場や期間や違法性

身元調査

興信所や探偵に身元調査を依頼する人は、とても多いです。

身元調査というのは、多岐に渡る調査内容となっていますが、身元調査の多くは対象者が分かっている状態で、対象者がどのような経歴を持っているのかということを調査することが多くなっています。

そのため、個人間で利用されるケースが多い事例としては、婚約者の調査などが多くなっています。

 

企業や法人からの依頼に関しては、新入社員の身元調査を依頼するというケースも多くなっていますが、これらの場合は、探偵社に依頼するのか、興信所に依頼するのかということによって異なるのが特徴的です。

一般的に、法人からの依頼に関しては興信所が請け負うことが多く、個人間の場合は探偵社に依頼することが多くなっています。

1. 身元調査の内容や方法とは?

身元調査の内容としては、冒頭でも少し紹介したように、対象者の身元(経歴)などを調査するのが目的となっています。

婚約者の身元調査を依頼するという場合には、借金や交際関係などを調査することが多くなっていて、中には調査を依頼することによって二股、三股が判明したために婚約を解消したという話もあります。

また、婚約者に伝えていた職種ではなかったということも多くなっていて、大手に勤めていたはずなのに、実際には無職だったというようなことも多いです。

2. 身元調査の費用の相場はいくら?

身辺調査の依頼料の相場

身元調査の費用については、何をどこまで調査するのかということによって大きく変動するのが特徴的ですが、おおよそ10万円程度で調査を請け負ってもらえることが多いです。

しかし、この金額も興信所や探偵社の言い値となることが多くなっていますので、5万円で請け負ってもらえるという業者もあれば、50万円掛かるというところもありますので、身元調査の依頼に関しては、どこの興信所に依頼するのかということが大切になります。

3. 身元調査の期間は何日くらい?

身元調査の期間

身元調査を依頼した際に求める情報として、過去の情報を求める場合なら、調査に必要な期間が短くなりますので、3日間もあれば調査が完了することも多いです。

しかし、現在の情報が欲しいという場合には、張り込みや尾行などをしなければならないような状況になりますので、調査内容によって期間は大きく変動するということになります。

身元調査の内容によっては1ヶ月以上の調査が必要なケースもありますので、調査期間が長くなれば長くなるほど費用が高額なるということも知っておいて下さい。

4. 身元調査に違法性・犯罪性はないの?

身元調査の違法性

身元調査をすることに関しては違法性がありません。

ただし、違法性がないというのは、探偵業に従事している人が調査をした場合に限られていますので、探偵や興信所のような調査を個人で行った場合には違法性が問われることが多くなっています。

探偵や興信所の場合は、探偵業法に則って調査を行うという原則があり、さらに探偵業の届け出を各都道府県の公安委員会に提出していなければいけないということになります。

なので、届け出を提出していない興信所の場合は、あくまでも「個人」ということになり、違法となることも多いです。

簡単にいえば、「探偵」という職業に就いている人なら、法律に守られている範囲内で調査をしても違法にならないということが特徴的になっています。

そのため、探偵や興信所に依頼をする場合でも、キチンと届け出を提出している興信所を選ばないと、契約書を交わしていたとしても罪に問われるケースがありますので注意して下さい。

 

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す