真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

離婚調停の期間はどれくらい?何回やればいいの?

離婚調停の期間はどれくらい?何回やればいいの?

夫婦二人が話し合いをして離婚に至ることを協議離婚と言います。

その協議離婚で離婚する人は日本で9割ほどと言われていますので、ほとんどを占めているのが協議離婚なのですが、話し合いができない、夫婦双方もしくはどちらか一方が、離婚そのものや離婚の条件に同意しない場合は、離婚調停をすることになります。

離婚調停では、離婚問題に詳しい専門家である調停委員が、夫婦双方の話を聞いて事実関係を把握し、客観的な立場から解決策を与えてくれます。

しかし、離婚調停は裁判とは違い、強制力があるわけではないので、最終的に夫婦の合意がなければ離婚は成立しません。

1.離婚調停の期間は?最長どれくらい?

離婚調停の期間は?最長どれくらい?

離婚の意思が固まっている側からすると、早く離婚届を提出してすっきりしてしまいたいという気持ちでいっぱいだと思います。

では、離婚調停にかかる期間はどのくらいなのでしょうか。

離婚調停の平均的な期間ですが、3ヶ月~6ヶ月というのが多いようです。

最短でも1ヶ月はかかりますが、では最長はどれくらいでしょうか。

揉めてしまってなかなか合意に至らない場合、1年~2年かかる場合もあるとのことです。

2年半もの間、離婚調停を続けた夫婦もいました。

しかしながら、調停の成立が見込めないような場合は、調停委員や家庭裁判所の判断で調停不成立とされることもあります。

2.離婚調停の回数はどれくらいになる?

離婚調停の回数はどれくらいになる?

では、離婚調停を行う回数は実際何回ぐらいなのでしょうか。

離婚調停を申し立ててからだいたい1ヶ月後ぐらいに1回目の離婚調停が行われますが、1回で離婚調停が終わることはあまりなく、3回~6回というのが平均的な回数のようです。

しかし、2回目の離婚調停は1回目の約1ヶ月後というのが一般的で、その後の離婚調停も1ヶ月に1度行われることが多いです。

ちなみに、離婚調停で成立した離婚のうち、60%以上が3回以内で終わっており、6回以内で成立したものは80%と言われています。

3.1回目の離婚調停の内容について

1回目の離婚調停の内容について

最初の離婚調停では、裁判官や調停委員が夫婦二人のことを知るためにいろいろと質問します。

  • なぜ、離婚を決意したのか
  • 財産分与、慰謝料、親権、養育費、婚姻費用などについての考えや条件
  • 夫婦の問題点
  • 離婚後の生活について

このようなことがだいたい1回目の離婚調停の際に質問されます。

夫婦はお互いが別の待機室で待っていると、調停委員から一人ずつ呼び出され聴取を受けます。

その際は、申し立てをした側が先に呼ばれます。

過度に緊張したり、感情的になったりしないよう気をつけて落ち着いて答えましょう。

事前に自分の考えや受けた行為などをメモしておくと、言い忘れることがないと思います。

4.2回目以降の離婚調停の内容について

2回目以降の離婚調停の内容について

2回目の期日は、初回の離婚調停の終わりのほうで決定しますので、2回目以降は呼出状が届きません。

離婚調停の日時を忘れないよう注意しましょう。

内容は、前回からの心境の変化などの確認があります。

前回の調停終了時に、調停員から次回の調停に持参する書類を指示される場合もありますから、忘れずに用意しましょう。

離婚調停とは、夫婦二人で折り合いのつかなかった離婚の問題の解決案を提示し、解決へと導く場ですから、基本的に夫婦はお互いに顔を合わせることはありませんが、「妻さんは、○○○と言っておられますが、夫さんはどうですか?」「夫さんは○○○と言っておられますが、妻さんはどうですか?」と、調停委員が双方の意見を伝えます。

そのようにして、双方から聞いた意見を元に調整案やアドバイスをし、解決に持っていきます。

離婚調停にかかる時間は待機している時間も含め1回当たりおおよそ2時間~3時間ぐらいです。

離婚の話し合いを有利に進めたい

離婚の話し合いを有利に進めるためには、法律の知識が絶対に必要です。

法律の知識がなければ、相手にうまく言いくるめられて損をしてしまうことがあります。

そんな時に活躍するのが弁護士ですが、自分の希望に合った弁護士を見つけるのは大変です。

弁護士にも得意・不得意分野があるので、必ずしも離婚に強いとは限りませんからね。

離婚に強い弁護士を探したいなら弁護士案内サービスを使ってみてください

無料で探すことができるので、試しに使ってみてください。

>>無料で離婚に強い弁護士を探してもらう

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す