真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

離婚調停中の疑問点!交際や生活費や児童手当など

離婚調停中の疑問点!交際や生活費や児童手当など

離婚調停を申し立ててから、実際に離婚調停が始まるまでに約1ヶ月、そして離婚調停自体も1ヶ月に1回行われるため、一般的には3ヶ月~6ヶ月、長引けば1年~2年かかるとまで言われています。

その間に気をつけるべきことは何でしょうか。

また、もし相手が死亡した場合にはどうしたら良いのでしょうか。

1.離婚調停中に交際するのはあり?

離婚調停中に交際するのはあり?

離婚調停にまで話が進んでいるということは、結婚関係が破綻していることになりますので、離婚調停中に恋愛をし交際に発展したとしても不貞行為とはなりません。

しかし、その交際が、離婚調停の始まる前、つまり婚姻関係継続中に始まった場合は、不貞行為となるため、有責の行為にあたり、慰謝料を請求されたり、その交際自体が離婚原因とされてしまうことさえあります。

一般的に言って、男女の交際がいつから始まったのかということを立証するのは難しいですので、離婚調停中は交際を控えたほうが賢明と言えるかも知れません。

また、婚姻関係が破綻してからの交際だったとしても、「離婚成立前なのに・・・」というのが世間一般的な考え方でしょう。

恐らく裁判官や調停委員も同じような考え方の人が少なくないと思われますので、離婚調停中に交際することが好印象を与えることはないでしょう。

それで、不貞行為とはならないとはいえ、離婚調停中の交際は控えたほうが良いのではないかと思われます。

2.離婚調停中の生活費はどうすればいいの?

離婚調停中の生活費はどうすればいいの?

離婚調停を申し立てた際に、既に別居している夫婦も多いのですが、別居している場合でも、離婚が成立するまでは、「婚姻費用」という別居中の夫婦の生活費や養育費などを婚姻生活を維持するために請求することができます。

請求できる内訳としては、日常の衣食住に必要な費用、医療費、子供の養育費、教育費、常識的な交際費、娯楽費などです。

婚姻費用は特に決まりはありませんので、話し合いで自由に決めることもできますが、請求する側と支払う側で折り合いがつかないことも多いため、裁判所でも使用される「婚姻費用算定表」を基準に話し合うことが多いようです。

そして、養育費などと同じように、支払う金額が決まったからと言っても、実際支払ってもらえないことも多いため、「婚姻費用の分担請求調停」を申し立て、確実に支払ってもらえるようにしましょう。

婚姻費用の分担請求調停の話し合いがまとまらず、不成立に終わると、自動的に審判に移行することが多いようです。

そうなると、調停に提出された資料などで裁判所が判断し、婚姻費用を決定しますし、調停が成立すれば調停案が作成され、相手からの支払いが滞った場合に強制執行することができます。

ちなみに、婚姻費用は、請求したときから離婚が成立するまで、もしくは再度同居するまで支払われます。

3.離婚調停中の児童手当の扱いについて?

離婚調停中の児童手当の扱いについて?

離婚が成立していれば、親権者に児童手当が支給されますが、離婚調停中はどうなのでしょうか。

離婚が成立しておらず別居だけですと、相手に「児童手当受給事由離消滅届」という書類を相手に提出してもらう必要があります。

しかし、別居しており婚調停中ということは、婚姻関係が破綻しており、離婚前提の別居とみなされますので、相手が申請しなくても受給者を変更してもらうことができます。

その場合、家庭裁判所から届いた書類を役所に持参することになります。

4.離婚調停中に相手が死亡した場合について

離婚調停中に相手が死亡した場合について

離婚調停中に当事者のどちらかが死亡した場合は、そこで離婚調停は終了となります。

その場合は、家庭裁判所に速やかに連絡します。

離婚調停中であっても、離婚が成立しているわけではないので、遺産の相続に関しても権利がありますし、生命保険の受取人の変更がされてなくあなたのままであればそれも受け取ることができます。

離婚の話し合いを有利に進めたい

離婚の話し合いを有利に進めるためには、法律の知識が絶対に必要です。

法律の知識がなければ、相手にうまく言いくるめられて損をしてしまうことがあります。

そんな時に活躍するのが弁護士ですが、自分の希望に合った弁護士を見つけるのは大変です。

弁護士にも得意・不得意分野があるので、必ずしも離婚に強いとは限りませんからね。

離婚に強い弁護士を探したいなら弁護士案内サービスを使ってみてください

無料で探すことができるので、試しに使ってみてください。

>>無料で離婚に強い弁護士を探してもらう

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す