真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

再婚時の子供の扱い方や影響について

再婚時の子供の扱い方や影響について

離婚後、縁あって再婚することもあるでしょう。

再婚相手が子供も一緒に大切にしてくれるのであれば、本当にうれしいことですね。

しかし、子供にとってはどうなのでしょうか。

1.再婚は子供にどんな影響を与える?

再婚した時の子供への影響

離婚、そして再婚は必ず子供にも何らかの影響があります。

子供にとって実の両親が離婚してから、引き取ったほうの親と子供だけの生活を何年かしていたかもしれません。

その場合、父親もしくは母親が取られたと感じ、子供ながらも傷つくこともあるでしょう。

自分の親ではない人と暮らすことになり、戸惑うかもしれませんし、ある程度大きくなっていれば、実の親にも再婚相手にも反抗することがあります。

両親の離婚という現実を子供ながらに受け止めてはいても、自分が良い子にしていたら父親と母親は仲直りしてくれるのではないか・・・という淡い期待を抱きながら生活していたかもしれません。

そんなとき、実の母親が実の父親以外の人と再婚すると知ったら、父親と母親が仲直りすることはないんだと、前のように家族一緒に暮らせる望みはなくなったんだと、親が思う以上にショックを受けるかもしれません。

しかし、そのときはショックで情緒不安定になったり、反抗的になったりと、再婚しなければ良かったのかと思うこともあるかもしれませんが、再婚相手が連れ子を自分の子供のようにかわいがってくれて、子供が大人になったときには実の父親以上に慕っているというような経験もありますから、長い目で見ることも必要なのだと思います。

再婚相手によっては、子供が大きくなってからもわだかまりがあったり、結局懐かなかったりする場合もあるかもしれませんが、再婚した後も、実の親が子供のことを優先し、十分な愛情をかけてあげれば、乗り越えて行けるでしょう

2.再婚時は養子縁組にするべき?

再婚したら養子縁組をするかどうか、よく考えた方がよい

子供が小さいうちは再婚相手と連れ子を養子縁組する人が多いようです。

子供がある程度大きくなっている場合は、子供の意見を聞いてみて、子供が「名前が変わるのは嫌だ」と言ったり急によく知らない人が父親になることには抵抗があるという場合には養子縁組をしないというケースもあります。

その場合、離婚後は母親が筆頭者となって新しい戸籍を作っていたわけですから、再婚によって母親だけが戸籍から抜けて再婚相手の戸籍に入ると、筆頭者が除籍となって子供だけの戸籍とはなりますが、問題はないそうです。

そして、母親が再婚相手の姓を名乗ることになった場合、子供はそのままということになると、母親と子供の姓が違うことになります。

養子縁組をすることによって、再婚相手と子供の間に遺産相続の権利と共に、相互扶助義務が生じますので、小さいうちは親が子供を扶養する義務、親が年老いてからは、子供が親の介護をし面倒を見る義務が生じます。

また、初婚同士よりもどちらかまたは双方が再婚同士の結婚のほうが離婚する割合が多いという統計があり、また離婚することになった場合、離婚しただけでは養子縁組は解消されないので、離婚届とは別に養子縁組離縁届を提出することになります。

養子縁組は再婚と同時でなくても構わないものですので、メリットとデメリットをよく考慮し、子供の意見も尊重しながら決定すれば良いと思います。

3.再婚した場合、子供に会うことができる?

元配偶者が再婚しても子供と会える

再婚したとしても、親子の関係は変わらず続きます。

実の親と面会することは、親権者でも監護者でもないほうの親の権利でもあり、何より子供の権利です。

ですから親権者のほうの親が再婚したからといって子供に会えなくなることはありません

ただし、再婚したばかりのときに再婚相手と子供が慣れるためにという理由で、しばらくの間、面会交流の制限を設けられることはあるかもしれません。

4.再婚した場合、養育費はどうなる?

再婚した場合の養育費

母親が親権者となって父親が養育費を支払っている場合、父親が再婚して再婚相手に連れ子がいて養子縁組して扶養する家族が出来た場合や、再婚相手との子供が生まれて養育費の支払いがきつくなったときに減額請求をすることはできます。

逆に、母親の再婚相手と子供が養子縁組した場合、再婚相手にも扶養義務が生じますから、養育費の減額請求をすることができます。

離婚の話し合いを有利に進めたい

離婚の話し合いを有利に進めるためには、法律の知識が絶対に必要です。

法律の知識がなければ、相手にうまく言いくるめられて損をしてしまうことがあります。

そんな時に活躍するのが弁護士ですが、自分の希望に合った弁護士を見つけるのは大変です。

弁護士にも得意・不得意分野があるので、必ずしも離婚に強いとは限りませんからね。

離婚に強い弁護士を探したいなら弁護士案内サービスを使ってみてください

無料で探すことができるので、試しに使ってみてください。

>>無料で離婚に強い弁護士を探してもらう

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す