真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

離婚裁判の手順や流れは?費用は?来ない場合の対処方法は?

離婚裁判の手順や流れは?費用は?来ない場合の対処方法は?

まず、離婚裁判とは何でしょうか。

夫婦の双方または一方が離婚することを決意して、話し合いをしても合意とならなかった。

または、家庭裁判所での調停を行っても合意とならなかった。

本人同士の話し合いで決まるのが「協議離婚」、家庭裁判所での話し合いで決まるのが「調停離婚」となりますが、最終的に訴訟を起こして離婚することが「裁判離婚」となります。

1.離婚裁判の基本的な流れについて

離婚裁判の基本的な流れについて

離婚裁判をするにあたって、条件があります。

それは、法律が定めた離婚原因が必要ということです。

配偶者以外との不貞行為があったこと、悪意で遺棄されたこと、生死が三年以上不明であること、回復の見込みのない強度の精神病になっていること、DVや性格の不一致など婚姻を継続しがたい重大な事由があることなどです。

そして、訴訟より先に、調停をしておく必要があります。

以上の条件を満たしていれば、訴訟を提起することになります。

家庭裁判所へ訴えを提起する

夫または妻の住所地を管轄する家庭裁判所へ訴状を提出すること。

その場合、訴状2通、夫婦関係調整事件不成立調書(調停が不成立で終わったことを証明する書類)、夫婦の戸籍謄本も必要となります。

第一回口頭弁論期日の指定

相手にも裁判所から期日の呼出状と訴状の副本が郵送されます。

その際被告は、訴状に対して反論する答弁書を作成し、裁判所へ提出することになります。

被告からの反論を記載した答弁書の訴状の提出

第一回口頭弁論

訴状を提出してから約一ヵ月後に行われます。

その際には、争点の整理、原告からの証拠の提出、被告からの証拠の提出が必要とされ、両方の証拠を踏まえて、どちらの主張が正しいかを裁判官が判断します。

訴訟の審理は一ヶ月に一回のペースで行われ、裁判官が原告の主張する離婚原因が存在したかどうかについて判断できた時点で終了となります。

訴訟の途中で、当事者双方が譲歩し合った内容の和解案を裁判官が勧告することもありますが、和解に応じる応じないは自由です。

ただし、通常早くても半年、長引けば三年ほどかかる裁判を早く終わらせるために、和解に応じることも選択肢のひとつと言えるでしょう。

判決

離婚請求を容認、棄却するか判決が出されます。

判決が出されて二週間以内に相手が控訴を申し立てしなければ、判決が確定します。

2.離婚裁判の費用はいくら?

離婚裁判の費用はいくら?

離婚の提起をする場合、訴状に貼る収入印紙を添付して家庭裁判所に提出します。

離婚請求だけの場合は13000円の印紙で済みますが、相手への請求金額が高額になると、その分印紙代も高くなります。

また、財産分与や、親権も求める場合は、印紙代が別途900円ずつかかります。

もし、弁護士に依頼する場合は、着手金と基本の成功報酬を合わせて60万~80万程度はかかります。

それに加えて、慰謝料、財産分与、養育費、婚姻費用、年金分割など、それぞれの項目ごとに10~20%の成功報酬が必要となるのが一般的です。

3.相手が来ない場合の対応について

相手が来ない場合の対応について

調停とは違い、本人が出廷しなくても、手続きは進められていきます。

被告が出廷していないことから、原告の主張と証拠のみで判断し、判決が出されることになりますが、裁判所側も慎重に進めることが多いため、もう一度裁判を開く日時を決め、被告の出方を伺う配慮がされるようです。

しかし、どうしても一回目の口頭弁論に出廷できないという場合、一回目の裁判当日に限り、その場にいることなく自らの主張をすることができる擬制陳述が認められます。

裁判は平日の昼間に行われることが多いので、どうしても出廷できないことがわかっているという場合は、弁護士に依頼することによって自分で出廷しなくても裁判を進めていくことができます。

真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

離婚の話し合いを有利に進めたい

離婚の話し合いを有利に進めるためには、法律の知識が絶対に必要です。

法律の知識がなければ、相手にうまく言いくるめられて損をしてしまうことがあります。

そんな時に活躍するのが弁護士ですが、自分の希望に合った弁護士を見つけるのは大変です。

弁護士にも得意・不得意分野があるので、必ずしも離婚に強いとは限りませんからね。

離婚に強い弁護士を探したいなら弁護士案内サービスを使ってみてください

無料で探すことができるので、試しに使ってみてください。

>>無料で離婚に強い弁護士を探してもらう

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す