真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

離婚時に名前はどうなる?変更する場合は?子供はどうなる?

離婚時に名前はどうなる?変更する場合は?子供はどうなる?

昔からのしきたりが今も根強く残っているためか、結婚すると女性が男性の姓に変更することが圧倒的に多いです。

他の国を見てみますと、アメリカでは州によって違いはあるものの、夫の姓に変えるのも妻の姓のままにするのも選べるところもあり、夫の姓と妻の姓の両方を繋げることもできるところもあるようです。

ブラジルなどでは、各自が2つの姓を持っていて、妻は結婚と同時に第2姓を失って、夫の第1姓と妻の第1姓を持つようになります。

その他にも基本的に夫婦別姓の国もありますし、国によって様々です。

日本では、「好きな人の苗字になるのが夢」とか「愛する人と同じ苗字になれて幸せ」などと言った考えも多く見られますが、それは結婚前や結婚してからも幸せいっぱいの夫婦の場合でしょう。

「離婚」という文字が頭の中に浮かんでくると、「こんな苗字、早く変えたい」という気持ちにさえなってしまうものです。

1.離婚しても名前はそのままにできる?

離婚した後の名前

妻本人は、離婚して一刻も早く旧姓に戻りたいと考える一方で、仕事上変更すると差し障りのある場合や、子供が名前は変えたくないと言う場合もあるでしょう。

その場合、婚姻中の名前でいることも可能なのです。

離婚するときに3つの選択肢があります。

  • 旧姓に戻り、親の戸籍に戻る
  • 旧姓に戻り、新しく戸籍を作る
  • 結婚時の姓のまま、新しく戸籍を作る

「戸籍」とは戸と呼ばれる家族集団単位で、国民を登録する目的で作成される公文書のことで、結婚すると夫が戸籍の筆頭者になる場合が多く、離婚すると夫の戸籍から抜けて、元の戸籍に戻るか、自分で戸籍を作るかを選ぶことになり、名前に関しても、旧姓に戻るか、結婚時の姓を使い続けるかを選ぶことができます

2.名前を変える場合の変更手続きについて

離婚届の提出で旧姓に戻る

離婚して旧姓に戻りたい人の場合は、離婚届を提出することで原則として旧姓に戻ることができます。

逆に、結婚時の姓を名乗り続ける場合は、離婚してから3ヶ月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出することが必要となります。

その後、結婚時の姓を名乗っていたけれどやっぱり旧姓に戻したいという場合は、簡単ではなくなります

この場合は、「氏の変更許可の申立て」を家庭裁判所に対して行うことになりますが、社会生活を営む上で不利益などが生じているなどのやむを得ない事由が必要となります。

同じように、旧姓に戻したけれどやっぱり結婚時の姓に戻したいという場合、離婚して3ヶ月以内であれば、市区町村役場に届出を提出するだけとなりますが、3ヶ月以上過ぎていたら、「氏の変更許可の申立て」を家庭裁判所に対して行うことになります。

その場合も、やむを得ない事由が必要となります。

3.子供の名前はどうする?

離婚後の子供の名前

両親である夫と妻が離婚しても、子供の戸籍は変わらないため、何もしなければ夫の姓のままとなります。

子供が夫の戸籍に入ったままで、姓も夫の姓を名乗ったままであっても、親権を持っている母親と一緒にいることは可能です。

しかし、親権を持っている母親である妻が旧姓に戻り、同じように子供も妻の旧姓に変更し、戸籍も妻と同じ戸籍にしたいという場合は、妻(自分)を筆頭者にした新しい戸籍を作り、子供の住所のある家庭裁判所に「子の氏の変更許可申立書」を提出し、それが認められたら市区町村役場に「入籍届」を提出する必要があります。

「子の氏の変更許可申立て」は、子供が15歳未満である場合には、親権者が子供本人に代わって手続きを行い、15歳になっていれば子供本人が申立て人となって手続きを行います。

ちなみに、このような手続きを行って姓が変わった子供が20歳になったとき、成人になってから1年以内に届出を提出することによって前の姓つまり父親の姓に戻ることができます。

離婚の話し合いを有利に進めたい

離婚の話し合いを有利に進めるためには、法律の知識が絶対に必要です。

法律の知識がなければ、相手にうまく言いくるめられて損をしてしまうことがあります。

そんな時に活躍するのが弁護士ですが、自分の希望に合った弁護士を見つけるのは大変です。

弁護士にも得意・不得意分野があるので、必ずしも離婚に強いとは限りませんからね。

離婚に強い弁護士を探したいなら弁護士案内サービスを使ってみてください

無料で探すことができるので、試しに使ってみてください。

>>無料で離婚に強い弁護士を探してもらう

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す