真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

離婚後の子供との面会の注意点とは?遠方の場合や再婚後など

離婚後の子供との面会の注意点とは?遠方の場合や再婚後など

心身ともに疲れ果て、やっとの思いで離婚したとしても、子供との面会交流があればまた顔を合わせることになります。

親権者でないほうの親にとっては待ちに待った日、親権者となった親にとっては憂うつな日となるかもしれません。

遠方の元配偶者との面会や、義両親のこと、再婚した場合や宿泊についてどのようなことに注意すれば良いのでしょうか。

1.離婚後、子供が遠方の場合の面会はどうすればいい?

離婚後、子供が遠方の場合の面会

離婚後も、お互いが近くに住んでいればさほど問題とはならないと思いますが、離婚してから実家または実家の近くに引っ越してしまった場合や、転勤になってしまった場合など遠方になってしまったときはどうしたら良いのでしょうか。

父親(非親権者)が元妻と子供のところへ出向く

子供が小さいうちなどはぐずったら抱っこすることもあるでしょうし、複数の子供がいる場合もありますから、着替えなどたくさんの荷物を持って母親が出向くことは大変なため、身軽な父親が会いに行くほうが望ましいのではないかと思われます。

お互いの中間地点などで面会する

母親と子供の負担とならない程度の距離であれば、中間地点辺りで待ち合わせるという選択肢もあります。

父親のところに母親と子供が出向く

父親が仕事などで多忙で遠出する時間も体力もない場合や、元妻から父親のところへ行くと言ってきた場合であれば、父親のところで面会するということもあります。

 

父親の都合で来てもらうのであれば、交通費などは負担したほうが良いでしょう。

中間地点の場合も同じく、母親である妻は自分たちの近くで面会したいと思っているところを、父親の都合で中間地点となったのであれば、交通費はある程度負担するのが一般的かと思われます。

2.離婚後に子供を義両親に面会させる必要はあるのか?

離婚後に子供を義両親に面会させる必要はあるのか

面会交流権は祖父母には適用されませんから、離婚後に義両親に子供を会わせる必要はありません

父親との面会交流の日に一緒に義両親も会うことは可能ですが、妻が義両親とは会わせたくないと思っているのであれば、「義両親と子供を面会させない」という取り決めをしておくことはできます。

父親には子供と面会する権利があるので、危害や危険や悪影響がない限りは、妻が会わせたくないからという理由で面会を拒否することはできませんが、義両親との面会は拒否することができます

3.再婚後、面会の回数を減らすことはできる?

再婚後の面会の回数

父親が非親権者で、母親が親権者で監護者の場合で、母親が再婚したという設定で考えてみると、新しく父親となる男性と子供に早く馴染んでほしいという考えから、実の父親との面会交流を減らしたいと思うのは普通のことだと思います。

それが認められるかという点ですが、実の父親が了承さえすれば問題はないですが、話し合いで納得できないために調停となった場合、重要視されるのは「子供の福祉」ですから、新しい父親に馴染むことは大事なこととみなされ、月一回だった面会交流が二ヶ月に一回に制限されたり、丸一日面会交流していたのが「○時間」と制限されることもあるかもしれません。

しかし、母親が再婚して、新しい父親ができたと言っても、子供と実の父親との関係が変わるわけではないので、面会交流ができなくなるわけではありませんが、母親の気持ちとしては、新しい父親に懐いてほしいでしょうし、新しい家族として慣れることができるまではある程度、面会が制限されるかもしれません

4.離婚後に子供と泊りがけの旅行に行くのはあり?

離婚後に子供と泊りがけの旅行

子供と親権者でない親との関係が良好で、子供がある程度大きくなっていて子供自身が行きたいというのであれば、それもありではないかと思います。

しかしそれは、母親も同意していてのことであり、子供に母親の悪口を言ったり、唆したり、そのほかにも親としての自覚のない行動をするような父親だったのであれば、許可を出すことはできません

母親が同行するのが可能ならそうしたいところですが、離婚した相手と旅行したいと思う人はそういないと思われるため、父親の態度や行動次第ということになるでしょうか。

離婚の話し合いを有利に進めたい

離婚の話し合いを有利に進めるためには、法律の知識が絶対に必要です。

法律の知識がなければ、相手にうまく言いくるめられて損をしてしまうことがあります。

そんな時に活躍するのが弁護士ですが、自分の希望に合った弁護士を見つけるのは大変です。

弁護士にも得意・不得意分野があるので、必ずしも離婚に強いとは限りませんからね。

離婚に強い弁護士を探したいなら弁護士案内サービスを使ってみてください

無料で探すことができるので、試しに使ってみてください。

>>無料で離婚に強い弁護士を探してもらう

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す