真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

離婚前に新しい人と交際や合コンやお見合いなどはどう?

離婚前の合コン

夫婦生活を営む上で、夫と妻の心がそれぞれ離れてしまった場合、離婚という道を選ぶのもひとつの選択肢です。

ですが、離婚の意思が固まったからといって、必ずしも即、離婚ができるとは限りません。

例を挙げるなら、財産分与の話で揉めたり、子どもがいる家庭であれば親権を争ったりなど、夫婦だけの話し合いでは様々な要因で、話しの折り合いがつかないことも多々あります。

そうすると夫婦は別居をはじめるようになることが多く、さらには離婚調停や裁判で戦うことになるわけですが、この期間中にもし、配偶者以外の異性に惹かれて交際をするようなことになればどうなるのでしょうか。

1.離婚の前に合コンやお見合いをするのはあり?なし?

合コン

結婚生活のただ中に合コンやお見合いをするというのは、通常であれば浮気に値する行為に見られてしかるべきですよね。

これが別居中や離婚調停中、離婚裁判中の場合はどうでしょうか。

たしかに、離婚前の婚姻関係が破綻しきっている段階で配偶者以外の他の異性とお付き合いすることは、法律上不貞行為にはあたりません。

ましてや合コンやお見合いだけであれば、肉体関係に及んでいるわけでもないので、なおさら離婚調停や裁判での判決に影響を及ぼすものではありません。

 

…なのですが、世間体としては「きちんと離婚してケジメも取っていない段階での交際は不謹慎だ」とのマイナスイメージを受けて、よくはありませんよね。

同じように調停委員や裁判官も人間ですから、法律的には問題ないと頭では分かっていても、心象が悪くなってしまうのは否めないでしょう。

ですので、離婚が正式に成立する前から合コンやお見合いといった、婚活行為をすることは、周囲のイメージを悪くしてしまうというリスクだけは覚悟して行うべきだといえます。

2.離婚前に告白してお付き合いをするのはあり?なし?

告白

前述の離婚前の合コンやお見合いについての話とも共通することですが、世間体の悪さはともかくとして、婚姻関係が破綻しきった段階での配偶者以外の異性との交際にはなんら違法性はありません。

ただ、告白してお付き合いするまでならOKですが、結婚するのはNGです。

 

日本では一夫多妻や一妻多夫は認められていないので、きちんと現在の配偶者と離婚を成立させてから意中の交際相手に告白するようにしましょう。

それと、口を酸っぱくしていいますが、法律的にはともかく、一般論から言うと離婚前に配偶者以外の異性に告白したり交際したりすることは、周囲からさまざまな非難を浴びたり、マイナス印象を持たれるということだけは覚悟してくださいね。

「無責任で不謹慎な人間だ」「尻の軽い男(女)だ」と罵られたり、常識や道徳観念・倫理観を疑われたりすることは間違いないでしょう。

3.離婚前に性行為までいったら不貞行為になる?

不貞行為

婚姻関係を結んだ配偶者がいながら、配偶者以外の異性と性行為に及ぶことは破廉恥極まりない行為です。

この行為は、法律では「不貞行為」として定義付けられており、夫婦の婚姻関係を著しく破綻させるものであることから、離婚事由として認められています。

ただし、これには例外があって、すでに夫婦として婚姻関係が破綻しているものと認められる状態においては、配偶者以外との性交渉は不貞行為には該当しません。

つまり、離婚成立前であっても夫婦の仲が冷え切って壊れている状態であれば、肉体関係を伴う愛人をつくるのも、風俗に通い詰めるのも、不倫行為に走るのも不貞行為には当たらないということになります。

 

ちょっとこれには「信じられない」「驚いた」といった感想を持たれた方もいるのではないでしょうか?

現状の日本の法制度では、別居中だったり離婚調停中や離婚裁判中であれば実質、異性交遊は何でもやりたい放題OKという解釈になってしまうんですね。

 

ここで一つ注意しておきたいのが「別居中」というだけで、調停や裁判中でないケースについてです。

別居中というだけでは、必ずしも夫婦の婚姻関係が破綻しきっているとは言い切れないため、不貞行為の疑惑から免れるためには、配偶者以外との性交渉を行った当時に、本当に夫婦関係が破綻しきっていたことを証明する必要があります。

逆に訴える側の方としては、別居中にはまだ夫婦の関係が壊れきっていなかったこと(関係の修復のための別居だったこと)、もしくは別居前からすでに不貞行為に及んでいたことを証明しなければいけません。

この場合どちらかといえば訴える側が、相手に不貞行為があったことを証明することの方が難しいといえます。

 

なにせ、ただでさえ難しい性交渉の証拠集めを過去のものに限定して行わなければいけないので、個人での証拠捜索は困難を極めます。

ですから、別居中の不貞行為についての証明をお考えの方は、探偵や興信所の力を借りることをおすすめしたいです。

効率的な証拠集めから、離婚相談、腕のいい弁護士の紹介まで、きっとあなたの助けとなってくれることでしょう。

真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

離婚の話し合いを有利に進めたい

離婚の話し合いを有利に進めるためには、法律の知識が絶対に必要です。

法律の知識がなければ、相手にうまく言いくるめられて損をしてしまうことがあります。

そんな時に活躍するのが弁護士ですが、自分の希望に合った弁護士を見つけるのは大変です。

弁護士にも得意・不得意分野があるので、必ずしも離婚に強いとは限りませんからね。

離婚に強い弁護士を探したいなら弁護士案内サービスを使ってみてください

無料で探すことができるので、試しに使ってみてください。

>>無料で離婚に強い弁護士を探してもらう

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す