真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

離婚後の子供の戸籍は?親子関係はどうなる?

離婚後の子供の戸籍は?親子関係はどうなる?

子供がいない夫婦であっても、実際離婚するとなると色々なことを考え、何度も迷い、これでいいのだろうかと自問自答することと思います。

もし子供がいたら、もっと迷うことでしょう。

夫婦の問題だけではなくなるので、離婚して父親(または母親)がいなくなることは、子供にとってどんな影響があるのだろうかとか、寂しい思いや不便な思いをさせるだろうか、自分にもしものことがあったら・・・などなど、迷いや葛藤は尽きないと思われます。

子供の戸籍や親権のことなど、手続きも増えますから、相当の覚悟も必要かと思います。

それでも離婚という選択は正しかったと思えるよう、事前にいろいろ調べてみましょう。

1.子供の戸籍と親権や親子関係について

子供の戸籍と親権

夫婦が離婚して、母親が親権者になったとしても、離婚によって自動的に子供の戸籍が変わることはありません

離婚して母親が旧姓に戻っても、子供の姓も変わるわけではありません。

さらに、母親と子供の姓が違うままでは、母親の戸籍に子供を入れることはできないのです。

ですからそのような場合は、子供の住所地の家庭裁判所に「子の氏の変更許可申立書」を提出し、それが認められたという「審判書」を受け取ります。

その後、審判書を持って市区町村役場に行き、子供の「入籍」の手続きをする必要があります。

これによって、子供は母親の戸籍に入り、母親と同じ姓を名乗ることになるわけですが、親権者ではなく戸籍も違うものとなった父親とも親子であることには変わりないのです。

夫婦はもともとは他人同士のため、離婚してしまえばまた他人同士になりますが、親子の縁は親権や戸籍に関係なくずっと続くのです。

親権者である母親が、父親以外の男性と再婚して、その男性の姓になったとしても、子供と実の父親との親子関係がなくなることはありません。

子供が成長し結婚したことによって別の戸籍になったとしても親と子供の縁が切れるわけではないのと同じで、戸籍に関係なく法律上の親子関係は続きます。

2.子供の戸籍のメリット・デメリットについて

子供の戸籍変更のメリット・デメリット

子供の戸籍を何も手続きしないでそのままにするか、親権者の戸籍に変更するか、どちらが良いのでしょう。

母親が親権者になった場合に、子供が父親の戸籍に入ったままでいると、戸籍謄本が必要となったときに父親の本籍地まで行くか、郵送してもらう手間がかかることがあります。

また、母親が離婚と同時に旧姓に戻った場合は、母親と一緒に生活していても、母親と苗字が違うといった点もありますが、学校に行っていて子供自身が名前を変えたくないので問題ないという場合もあります。

父親である元配偶者が再婚することになった場合に、再婚相手が戸籍に前妻との子供がいることを嫌がることもあるかもしれません。

しかし、子供の戸籍を父親の戸籍と一緒にしておくことで、もしも父親が養育費や慰謝料の支払いが終わらないまま、行き先も告げずに引越してしまった場合でも、子供の戸籍の附票を取得した際に、父親の住所が記載されるというメリットもあります。

ちなみに、子供がある程度大きくなっていて名前が変わるのは嫌だという場合、親権者である母親も、結婚時の姓のままでいることも可能です。

その場合、姓が同じだからといって、新しく作った母親の戸籍にそのまま移せるかというとそうではなくて、旧姓に戻った場合と同じく、「子の氏の変更許可申立書」を家庭裁判所に提出し、それが認められたら「審判書」を受け取り、今度は市区町村役場で入籍の手続きをするという手順を踏まなければなりません。

離婚した夫と妻は、同じ姓だとしても法律上は別の姓として扱われるのです。

また、戸籍は親と子供の二代までとの決まりがありますから、母親が旧姓に戻り、親の戸籍に戻った場合、子供をその戸籍に入れることはできません

子供がいて母親と同じ戸籍に入れたい場合は、新しく戸籍を作る必要があるのです。

離婚の話し合いを有利に進めたい

離婚の話し合いを有利に進めるためには、法律の知識が絶対に必要です。

法律の知識がなければ、相手にうまく言いくるめられて損をしてしまうことがあります。

そんな時に活躍するのが弁護士ですが、自分の希望に合った弁護士を見つけるのは大変です。

弁護士にも得意・不得意分野があるので、必ずしも離婚に強いとは限りませんからね。

離婚に強い弁護士を探したいなら弁護士案内サービスを使ってみてください

無料で探すことができるので、試しに使ってみてください。

>>無料で離婚に強い弁護士を探してもらう

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す