真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

どんな場合に離婚で慰謝料が発生する?金額の相場や請求方法など

どんな場合に離婚で慰謝料が発生する?金額の相場や請求方法など

婚姻届を提出し、夫婦になると、義務が生じるようになります。

・同居、扶助義務

夫婦はお互いに同居し、お互いに協力し合わなければなりません。

・婚姻費用分担義務

夫婦は、資産や収入に応じて、婚姻費用を分担する義務が生じます。

・日常家事債務の連帯責任

日常の家事に関する法律行為とは、夫婦がそれぞれの共同生活を営む上で通常必要な法律行為のことを指しているので、不動産や高級車などを購入することは、共同生活に通常必要とは認められないため、連帯支払いの義務には含まれません。

・貞操義務

・未成年の子の監護義務

これらの義務を放棄した場合や、暴力などによって受けた身体的精神的苦痛に対しての賠償金が慰謝料です。

1.離婚で慰謝料が発生する場合と発生しない場合について

離婚で慰謝料が発生する場合と発生しない場合について

では、慰謝料が発生するのはどのような場合でしょうか。

相手の不法行為によって精神的苦痛を受けた場合などですが、例えば浮気やDV、モラハラ、セックスレス、異常な性癖や強要、悪意の遺棄(生活費をまったく入れない場合や、一方に落ち度がないのに別居している場合、健康上問題がないのに働かない場合など)、家庭が崩壊するほどの借金などです。

逆に、慰謝料が発生しないのはどのような場合でしょうか。

性格の不一致や、双方に有責行為があって責任の比重が同じとされる場合、親族との折り合いの悪さから離婚に至る場合、夫婦関係が破綻してからの不貞行為などです。

2.慰謝料の金額の相場について

慰謝料の相場

では次に、慰謝料の相場について考えてみましょう。

浮気した場合の慰謝料は、100万円~500万円が相場と言われています。

この場合、不倫関係が長い場合や、不倫が原因で夫婦が別居になった場合、既に不倫相手と同棲している、不倫相手の女性が妊娠や出産をした場合、不倫行為を知ったことが原因でうつになってしまった場合などは、慰謝料の額も多くなります。

DVやモラハラの場合の慰謝料は50万円~300万円が相場と言われています。

こちらは、DVやモラハラの回数や期間、被害を受けた側に落ち度がない場合、DVによる怪我や障害、後遺症が重い場合、DVやモラハラによってうつになってしまった場合などは慰謝料の額が多くなります。

悪意の遺棄の場合も、相場は50万円~300万円と言われており、別居の期間が長いことや相手に落ち度がないことなどが関係してきます。

セックスレスの場合、100万円~300万円が相場だそうで、結婚してから1度も行為がない場合や、セックスレスの期間が長い場合は慰謝料が高くなります。

また、離婚の原因がどれであっても、婚姻期間が長いと慰謝料は高くなりますし、相手の収入、年齢、職業、養育が必要な子供の数によって慰謝料の額は変わります

3.慰謝料の一括請求は可能?分割払いが基本?

慰謝料の一括請求は可能?分割払いが基本?

慰謝料を支払ってもらえることが決まったら、一括でもらいたいというのが本音でしょう。

しかしながら、一括で慰謝料を支払えない人も少なくありません、養育費なども請求するのであればなお更です。

そのようなときにはどうしたらよいのでしょうか。

まず、分割で支払うという口約束だけは絶対にだめです。

協議書を作成して、慰謝料を分割で支払うと記載したとしても、支払わない人は多いそうです。

ですから、必ず「公正証書」を作成するようにしましょう。

そしてその中に、「強制執行認諾文言」(支払いが滞ったときは強制執行されても構わないという証明)を必ず明記しておく必要があります

そうすることで、もし相手が支払うことを止めてしまっても、財産や給料を差し押さえることができるようになります。

しかし、相手に支払うつもりがまったくなかったり、腹いせなどのつもりで退職されてしまったりすると、差し押さえることもできなくなりますので、できる限り多くの金額を最初に支払ってもらうほうが確実でしょう。

離婚の話し合いを有利に進めたい

離婚の話し合いを有利に進めるためには、法律の知識が絶対に必要です。

法律の知識がなければ、相手にうまく言いくるめられて損をしてしまうことがあります。

そんな時に活躍するのが弁護士ですが、自分の希望に合った弁護士を見つけるのは大変です。

弁護士にも得意・不得意分野があるので、必ずしも離婚に強いとは限りませんからね。

離婚に強い弁護士を探したいなら弁護士案内サービスを使ってみてください

無料で探すことができるので、試しに使ってみてください。

>>無料で離婚に強い弁護士を探してもらう

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す