子供がいじめられた時の親の対応は?親の責任?

親の対応

子どもがいじめられた時の親の対応によって、子供の人生が一変するといっても過言ではありません。

いじめというのは精神的にダメージを与える行為となっているために、いじめられた子どもというのは、いじめられていない子どもよりも大人になった時に学力や身体能力、コミュニケーション能力などが低くなってしまうとされています。

子どもがいじめられていると知った時に親が行わなければならない対応というのは、「いじめを止めさせる」ということになりますので、決して学校やいじめをしている親に文句をいうということではありません。

文句をいうことによって親本人はスッキリとするかもしれませんが、根本的にいじめを無くすということには繋がりませんので、キチンとした対応をしなければいけません。

まずは、いじめの被害者でもある子どものケアをすることが重要です。

その際に、優しい言葉を投げかけるのではなく、強く抱きしめてあげるのが効果的だとされています。

ある程度の年齢になると、子どもを力強く抱きしめるということをしない家庭も多いために、子どもが安心できるということが挙げられます。

子どものケアが完了してからいじめに対する解決法を模索するということになります。

1. いじめられるのは親の過保護が原因?

親の過保護

「年寄りっ子は三文安い」という言葉がありますが、これは親の過保護に対する言葉だとされています。

子どもを甘やかして育てるということは、子どもがダメな行動をしていても叱らないということになりますし、子どもが何か行動を起こす前に親が全ての物事を片付けてしまうと、自分では何もしない子どもに育ってしまいます。

そうすると、学校社会という限られた空間の中では浮いたような存在になるために、いじめの標的にされやすいということになります。

また、「家では何も言われなかったから、この行動をしても問題ない」というように子どもが認識してしまうために、いじめられる危険性が高い上に、いじめる可能性も高いということになりますので、親の過保護というのは子どもにとって何のメリットもないということになります。

2. いじめ対策で親ができることは?

いじめの証拠を集める

いじめ対策で親ができることというのは、子どもに出来ないことをしてあげるということになります。

だからといって、いじめっ子の親の家に殴り込みに行くということではありませんので気をつけて下さい。

親が行わなければならない対策というのは、いじめを解決させるということになります。

そして、いじめを解決させるためには学校の協力が必要不可欠です。

しかし、近年ではいじめに対して協力的な学校というのは皆無に等しいので、まずは学校側に「いじめがある」ということを認識させなければなりません。

そのために必要なのが「いじめの証拠を集める」ということになるのですが、親が出張って証拠を集めるというのはとても難しいです。

いじめっ子としてはいじめている本人の親がいる前でいじめをするほどバカではありませんので、第三者から証拠を集めるのが最適です。

そこでオススメなのが、探偵や興信所といった、人間の行動を調査することを専門としている業者になります。

探偵にいじめの証拠集めを依頼することによって、第三者視点からの証拠を集めることが可能になります。

そのため、客観的な記録ということになりますので、いじめを解決させる際に、裁判などになった場合でも有力な証拠になるということになります。

これらの証拠集めについては子どもには出来ないこととなっているために、親が行わないといけないことになります。

また、学校内のいじめについては探偵から証拠集めのためにボイスレコーダーなどを貸与してくれることもありますので、その辺りについてもキチンと相談すると良いでしょう。

デリケートな問題だからこそしっかりと証拠を掴むことが大事

いじめの問題は非常にデリケートな問題です。

そのため何の確証もなしに動いても、なかなかスムーズに問題が解決しないことが多いです。

むしろ思い込みによって問題が大きくなることもよくあります。

いじめ問題をはっきりさせ、スムーズに問題を解決させるためにも、しっかりと証拠を掴んでおきましょう。

子供にばれずに証拠を掴むには第三者の高い調査力が必要です。

証拠を掴む段階で余計なトラブルにならないようにするためにも、高い調査力を持った探偵事務所に調査を依頼するのが最も子供のためになる選択ですよ。

>>とりあえず信頼できる探偵事務所に無料相談するならこちらから

テレビでも活用されるくらい調査力が高く明瞭会計なので、安心して依頼をすることができますよ。

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す