いじめられる子供の特徴は?親はどんな対処をするべき?

いじめられる子の特徴

いじめっ子に特徴があるように、いじめられる子にもいくつかの特徴があると言われています。

一般的には「おとなしい子」とか「反抗しない子」というように言われていますが、日本のいじめの場合は「協調性のない子」が最もいじめられやすいタイプとなっています。

学校生活というのは集団生活となっているので、自然と派閥が生まれることになりますが、その際に長いものに巻かれるのが苦手というタイプはいじめられやすいタイプということになります。

また、内向的で何を言われても自分の中に抑え込んでしまうようなタイプはいじめられやすいので、気をつけて下さい。

そして、小中学生のいじめの場合は、周りと同じことが出来ないということでいじめられることも多くなっています。

人間というのは、自分と同じ行動や言動をする人に対して好意を抱きやすいというデータがありますので、他人と違った行動をしてしまいがちな人はいじめられやすいということになります。

1. いじめはどんな影響が出る

いじめの影響

いじめは様々な影響が出ると言われていますが、一番の影響は「大きなストレスに晒されてしまう」ということが挙げられます。

そのため、精神的に参ってしまってうつ病などを発症しやすくなるということが特徴的です。

また、学生時代にいじめられた人は、社会に出た際の年収や活動にも影響を与えるとされていて、人付き合いが苦手になるタイプが多いです。

日本では仕事としての能力よりもコミュニケーション能力や周りの空気を読むという能力が重要視される傾向にありますので、出世にも大きく影響してくるということになります。

2. いじめが原因で引きこもりになる?

引きこもり

いじめが原因で引きこもりになってしまうというのはよくあるケースです。

学校に行けばいじめられてしまうために、学校に行きたくなくなってしまって、登校拒否になってしまうという状況になります。

登校拒否になっても、学校外で友人と遊ぶことが出来るような状況なら問題ないかもしれませんが、友人は学校に行っているということになりますので、会話にもついていけないようになり、そのまま家から出ないようになって引きこもりになってしまうということが考えられます。

また、日本の場合は学歴社会ということもあり、思春期に学校に行かなかった子どもの学力は平均よりも下回る傾向にあります。

そのため、高校受験や大学受験などにも失敗しやすいという状況になりますので、就職もできずに引きこもりになってしまうということが挙げられます。

3. いじめられた時の親の取るべき対応は?

いじめられた時の親の対応

いじめられた時に、親が取るべき対応としては、子どもとコミュニケーションを取るということになります。

その後、いじめを解決するために動くということになるのですが、その際に大切なのが「いじめの証拠を集める」ということになります。

近年の学校では、いじめがあったとしても学校側が認めないというケースが多くなっていますので、学校側が認めざるをえないような証拠を集めて学校や教育委員会、弁護士や警察とともにいじめ問題に取り組む必要があります。

いじめの証拠集めとして最適なのは、探偵や興信所などを利用して証拠を集めてもらうということになります。

子供本人の周りに親がいると、いじめが行われないというケースもありますが、学校内でのいじめが過熱することも考えられますので、それらのことも考えた上で、第三者である探偵に証拠集めを依頼するのが最適となっています。

また、四六時中子どもを監視してもらえるということにも繋がりますので、最悪のケースを考えるとボディーガードの役割も果たしてくれるということになりますので、親としては非常にありがたい存在にもなります。

デリケートな問題だからこそしっかりと証拠を掴むことが大事

いじめの問題は非常にデリケートな問題です。

そのため何の確証もなしに動いても、なかなかスムーズに問題が解決しないことが多いです。

むしろ思い込みによって問題が大きくなることもよくあります。

いじめ問題をはっきりさせ、スムーズに問題を解決させるためにも、しっかりと証拠を掴んでおきましょう。

子供にばれずに証拠を掴むには第三者の高い調査力が必要です。

証拠を掴む段階で余計なトラブルにならないようにするためにも、高い調査力を持った探偵事務所に調査を依頼するのが最も子供のためになる選択ですよ。

>>とりあえず信頼できる探偵事務所に無料相談するならこちらから

テレビでも活用されるくらい調査力が高く明瞭会計なので、安心して依頼をすることができますよ。

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す