真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

不貞行為の定義に当て嵌まるのはどこからどこまでか

配属者の浮気を理由に離婚や慰謝料請求をした際、不貞行為の事実が有ったのか無かったのかが大きな論点となります。

法律上でいう不貞行為とは、配偶者が異性の愛人と性的関係を持つことだと定義されています。

ですが、裁判の際に離婚や慰謝料に関する問題について裁定を下す判断材料は、不貞行為をしたかどうかだけではありません。

1.不貞行為の回数によって離婚成立の確率や慰謝料を請求できる金額が変わる

慰謝料金額

実際の裁判では不貞行為に及んだ回数についても重要な焦点として審議されます。

裁判所としては回数が多ければ多いほど、原告が受けた精神的ダメージも大きいと判断するわけですが、その中でとりわけ重要となってくるのが1回、2回、3回の不貞行為に及んだ回数の違いです。

 

不貞行為が1回だけの場合は、それそのものだけで離婚請求として認められるケースは殆んどありません。

しかし、これは「一夜かぎりのカラダだけの関係」が婚姻関係を破綻させる理由としては成立しづらいだけで、肉体関係は1回きりでもデート行為を重ねた場合などは話は別です。

1人の女性に対して1回までの性行為であれば、あとは何をやってもセーフだと誤解されている方は多いようなので、その点に関しては注意が必要でしょう。

 

また、不貞行為を2回働いた場合は離婚請求が可決される可能性が格段に高くなります。

これは「魔が差した」「真剣ではなく遊びだった」「酔った勢いの突発的事故だった」等といった言い訳が可能な1回目とは違い、被告側の罪の意識が薄かったのが原因で2回目の行為へ至ったと裁判官に判断されるためです。

 

そして不貞行為が3回に及ぶと、常習性および悪質性が高いと断定され、離婚請求はほぼ確実に可決されます。

悪質性が高ければ高いほど慰謝料の増額も望めるため、不貞行為を理由として離婚や慰謝料の請求をする際は3回以上の不貞行為の実証を目指すと良いでしょう。

2.肉体関係を伴わないキスは不貞行為にあたるのか

TVのワイドショーや週刊誌などで既婚者の芸能人が路上でキスをするシーンが抜かれるのをよく目にしませんか?

この場合、一般的な視聴者や読者は不貞行為(不倫)をしていると受け取りますが、実はキスの現場を抑えただけでは肉体関係があると断定できないため法律上、不貞行為とは認められません。

3.お茶やご飯を共にするデートは不貞行為にあたるのか

デートでご飯やお茶している現場を抑えただけではキスのケースと同様に不貞行為とは認められません。

ですが、肉体関係を証明した回数が1回かつキスや食事の現場を何度も抑えているという場合は有用な証拠となりえます。

キスやデートを頻繁に行い、少なくとも1回の肉体関係が証明されていれば、親密な関係を継続していると総合的に判断できるからです。

4.メールのみの場合はどうなるのか

プラトニックな内容のメールのみでは、やはり不貞行為とは認められません。

しかし、肉体関係に至っていることを匂わす内容のメールであれば不貞行為の証拠となりえます。

5.ビジネスホテルに入るのはアウトなのか

ビジネスホテルとラブホテルの大きな違いはその用途にあります。

ラブホテルに入った場合は明らかに性行為目的で使用していると分かるため、目安として入ってから20分程度出てこなければ不貞行為の証拠となります。

これに対しビジネスホテルの場合は単なる打ち合わせに使ったと言い逃れができることから、たとえ2~3時間入っていたとしても不貞行為の証拠能力としては弱いです。

ビジネスホテルの場合は宿泊しているとこまで抑えないことには不貞行為として立証するのは難しいでしょう。

6.不貞行為を立証するには

不貞行為を立証する上で、一番決定的なのは性行為中の現場を抑えることですが、配偶者とその愛人が野外で性行為に及ぶ癖でも持っていない限りは難しいでしょう。

また、性行為中の映像を動画に撮るにしろ会話を録音するにしろ、高性能なカメラやICレコーダーなどの機材投資にそれなりの費用を投資することになります。

それら機材を性行為の現場に仕掛けるには相手方に発見されるリスクも生じますから、やはり現実的にはラブホテルに出入りした時間と映像を遠目から記録するという手段が妥当でしょう。

7.探偵は不貞行為の証拠集めのプロ

証拠集めの探偵

不貞行為の証拠を自身でつかむのは大変ですし限界もあります。

そんなとき頼りになるのが、その道のプロである探偵です。

浮気の現場を抑える際は隠密行動を取る必要があるわけですが、一般の方とプロの探偵とでは尾行の技術ひとつ取ってみても違います。

 

また、自分で尾行をして気づかれでもしたら、相手方の警戒心を強めてしまう結果となり、以後は不貞行為の証拠をつかむことが困難になります。

そのようなリスクを避けて確実な証拠をつかむためには、やはり探偵に依頼するの一番でしょう。

探偵といえば、大金が必要になるイメージを持ってしまいがちですが、実はそうでもありません。

配偶者と愛人の密会の日程さえ自身で調べをつけていれば、探偵を雇うのはその日だけで済みます。

探偵に依頼すればもちろん、自前でカメラやレコーダーなどの機材を揃える必要もないので、かえって安上がりで済むこともあります。

なので私としては、調べられる範囲は自身で調べた上で、不貞行為の決定的証拠をつかむ最後のツメにだけ探偵を雇うという方法をおススメしたいです。

>>とりあえず匿名・無料で浮気調査に強い探偵に相談してみる

真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す