真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

不貞行為の証拠がない、見つけるのが難しいときの対処法

証拠の見つけ方

配偶者や婚約者が浮気していることは明白でも、不貞行為の証拠がないから離婚や慰謝料の請求ができなくて困っているという声をよく聞きます。

ここでは不貞行為の証拠集めをするときの注意点や不貞行為の証拠がないときにおススメの対処方法について触れていきます。

1.なぜ不貞行為は原告側に立証責任があるのか

裁判所から配偶者・婚約者に不貞行為があったと認定を受けるためには、原告側が訴えたい配偶者・婚約者(被告側)に浮気相手との性交渉があったことを証明することが、立証責任を果たす必要があります。

原告側が被告側に離婚や慰謝料の請求をするには、被告側にそれに見合うだけの絶対的落ち度があったと客観的立場の人間から見なされなければ、原告側の訴えは不当なものだという見方ができてしまうからです。

 

もし、事実無根の不当な訴えが簡単に認められるようなことがまかり通ってしまえば、世の婚姻関係やそれに類する関係にある男女の法的論争は絶え間のないものとなってしまう、という根拠のもとに現在の法制は整備されています。

原告側はこのあたりの事情を踏まえた上で、被告側が犯した不貞行為の立証を目指していく必要があるというわけです。

2.違法に集めた証拠は不貞行為の証明になるのか?

違法な証拠

不貞行為の証拠を集める際に注意しなければいけないのが、その調査方法です。

強引すぎる調査手段で得た証拠は違法行為とみなされて、たとえそれが配偶者・婚約者の不貞行為を示す決定的な証拠であっても、裁判所としては証拠能力のある証拠物として認可することができません。

それどころか逆に、被告側から原告側に攻撃の口実を与える結果へつながることにもなりかねないので、そのあたりを十分に留意した上で不貞行為の証拠集めについての調査は進めなければなりません。

違法行為とみなされる調査方法の代表的な例としては、ボイスレコーダー(ICレコーダー)や録音テープを用いての盗聴行為などが挙げられます。

>>とりあえず匿名・無料で浮気調査に強い探偵に相談してみる

3.不貞行為の証拠集めは探偵に依頼するのがおすすめ

探偵

配偶者・婚約者と浮気相手との性行為現場をおさえられれば不貞行為の決定的な証拠となりますが、それこそ性行為が公衆の面前にでも行われていない限りは、映像や音声を記録としておさめるのは至難の業だといえます。

大抵のケースでは、不貞行為の決定的証拠というのはそう簡単には掴めず、小さな状況証拠から大きな状況証拠までをひとつひとつ積み重ねていき、その証拠を提出していくことで、裁判所側に不貞行為認定の判を押させる形となります。

そして、小さな状況証拠集めには地道かつ緻密な調査力を必要とされ、大きな状況証拠集めには積極的かつ大胆な行動力が求められます。

 

不貞行為の証拠集めには、たくさんの労力と忍耐力、行動力が必要とされるわけですが、これに加えて大事なのが「専門性」です。

「専門性」を別の言葉に置き換えるなら「知識」といえるでしょうか。

不貞行為の証拠集めに大胆な行動力が求められるのは先述の通りですが、法的な知識や専門性に欠ける身で調査を行ってしまうと、時に自身が法を犯した行動に出ていることを自覚できないことがあります。

たとえば、ボイスレコーダー(ICレコーダー)という調査機器ひとつを取ってみても、どこからどこまでの使用が盗聴行為に値するのか値しないのか、ご存知でない方が多くいます。

法的な知識の理解が不十分なまま、感情に任せて「やりすぎ」ともいえる調査活動を行ったことが発覚すると、最悪の場合、被告側から逆に原告側が訴えられてしまうケースにも発展しかねません。

 

そこで、不貞行為の証拠集めをする際の手助けとしておすすめしたいのが探偵です。

探偵は専門的な法制度の知識を有しているのはもちろんのこと、調査活動におけるノウハウや経験値、そして専門性は、個人のそれとは一線を画しています。

探偵に調査を任せておけば、知らず知らずの内に違法行為に手を染めてしまうというリスクも回避できますし、細かい法制度を自前で学習する必要もなくなります。

 

探偵に調査を依頼する際、もっとも気になるのは調査費用の方かと思いますが、カメラやレコーダーなどの機材調達費などが省けることを考慮すれば、結果的にはそれほどのマイナスとはならないでしょう。

小さな証拠集めなどは要領を得ていない素人が調査を行えば、莫大な時間を浪費してしまうことになります。

「時は金なり」の精神に則って考えれば、専門家でありその道のプロである探偵に任せてしまうことが、如何に効率的で費用対効果が高いものとなるかを実感できます。

>>とりあえず匿名・無料で浮気調査に強い探偵に相談してみる

 

もちろん、配偶者・婚約者の傍にいるからこそ、安全に素早く調査をできる部分というのもあるでしょう。

たとえば、浮気相手との密会と予想されるスケジュールの確認などは、相手に一言予定を尋ねるだけで割り出すことができますが、それは探偵が直接配偶者に尋ねるわけにはいきませんし、自身で聞いてしまった方が確実に早いです。

そういう部分までを探偵の調査に頼ってしまうと、相当の費用がかさんでくることになります。

自分でやれる範囲の調査は自身で実施してから、残りの部分を探偵に託すというのが、一番賢い探偵の活用法ではないでしょうか。

真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す