真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

不貞行為の証拠になるのはどれ?証拠集めのポイント

証拠集め不貞行為の事実があったことを裁判で証明するのは、ことのほか難しいです。

証拠は多ければ多いに越したことはありませんが、むやみやたらと何でもかんでも証拠集めをするのは疲れますし、労力の無駄でもあります。

あまりに証拠能力として乏しいものは裁判所からも提出を拒否されるので、証拠集めのポイントについてはきちっと把握した上で不貞行為の調査をしていく方が効率的だといえるでしょう。

ではどういったケースが不貞行為の証拠になるかどうか、よくある質問に答えていきます。

1.携帯・スマホのメールやlineのやり取りは証拠になる?

メールやlineのやり取りしている内容が重要となってきます。

日常会話や職場での仕事の話などでは不貞行為の証拠とはなりえません。

肉体関係を匂わせる内容…たとえば「昨日は気持ちよかったよ」とか「○○がすごく感じた」など、性行為を連想させるような内容だと証拠能力として効果を発揮します。

難しいのは、イチャついた内容のメッセージです。

例としては、「好きだよ」や「かっこいいね(可愛いね)」といったものが挙げられますが、これらを証拠として提出した場合、訴えられた側からは、単にからかいあってただけだとか、プラトニックな関係で性行為そのものは無かったと、かわされるケースが多いので注意が必要です。

2.キスは証拠になる?

キスをしている証拠をおさえただけでは不貞行為とは認められません。

これはたとえ激しい抱擁のもとディープなキスをしていたとしても例外ではありません。

ただ、キスだけでセックスにまで至っているとは証明できないだけであって、「肉体関係を持っている疑い」があると裁判官に印象づけることは出来るため、他の証拠と併せて集める価値はあるといえます。

3.写真は証拠になる?

写真やビデオなどで映像として記録したものは裁判においては強い証拠能力として認められています。

ラブホテルへ出入りしている場面を写真で撮ってしまえば、被告側には「愛人との肉体関係またはそれを推認できる証拠」としてつきつけることができます。

ただ、注意する必要があるのは、デジタルカメラなどの画像の編集や調整が容易にできる媒体で記録したものは証拠能力として若干落ちてしまい、状況証拠として見なされるケースが多いです。

年月日や時刻が入っていて、複数の写真とのあいだに連続性があれば信憑性が増し、不貞行為の証拠として認められる可能性が高まります。

デジタルカメラで記録する場合は必ず「何月何日の何時何分」に撮影されたものか表示される媒体で記録しましょう。

このとき探偵に依頼をすれば、証拠価値の高い写真を撮ってくれるので、探偵に相談してみるのも一つの手段です。

>>とりあえず匿名・無料で浮気調査に強い探偵に相談してみる

4.手紙は証拠になる?

手紙は一見、携帯やスマホなどのメールやlineと似たような印象を受けるかと思いますが、実際は手紙の方が強い証拠能力を持ちます

というのも、メールなどは機械を通して作成された文書であるため、改ざん・編集が容易に可能ですが、手紙に関してはきちんとした個人の筆跡が残るからです。

文面の内容については、携帯・スマホのメールやlineのケースと同様に、肉体関係が分かる文面でないと不貞行為の証拠としては認められませんが、手紙の場合の方がより決定的な証拠となりえることは、大きな違いとして覚えておきましょう。

5.手帳は証拠になる?

浮気・不倫をした相手方が綴った日記や手帳は、不貞行為を示す大きな証拠能力を持っています。

こちらは手紙のときと同様に個人の筆跡を特定できるものなので、相手方としても言い逃れができない物的証拠とえいます。

また、日記や手帳の場合は日付が分かるものが多く、且つ、継続性と連続性が高いため手紙よりもさらに強い証拠として成立します。

同じ文字を媒体にした証拠でも日記や手帳に記された異性関係は、最高レベルの物的証拠となるので、可能であればしっかりとおさえておきたい証拠といえます。

文字媒体の証拠能力の強弱関係をまとめると、「日記・手帳>手紙>携帯・スマホのメールやline」ということになります。

6.証言は証拠になる?

浮気や不倫をした本人による証言は大きな証拠となります。

しかしこれは、当事者だけの話し合いの場で浮気した側、浮気された側のみが知る事実となれば話は違ってきます。

当人同士だけでの話し合いの場において、浮気した側の白状は、「記憶」として留めるのではなく、「記録」として残す必要があります。

浮気の事実を認めた言葉を記憶したというだけでは、実際の裁判で相手側が「そんなことを言った覚えはない」と否認してくるケースが多々見受けられるからです。

裁判で相手側が否認してきた場合、大抵は言った言っていないの押し問答、水掛け論となってしまい、裁判所としては「証拠不十分」という判決を下さざるをえなくなります。

 

ですから、浮気した側からとった証言を証拠として提出するつもりであれば、必ずその時の会話の内容をボイスレコーダーで記録するなり、浮気した事実を認めたという念書を作成して相手にサインさせるのを忘れないようにしましょう。

また、浮気を白状した話し合いの席に第三者を同席させるのも有効な手段だといえます。

その同席した第三者に、浮気した相手が白状する現場に居合わせていたことを裁判で証言してもらえれば、不貞行為の認定に一歩近付くこととなります。

7.ボイスレコーダーの録音は証拠になる?

ボイスレコーダー

不貞行為の証拠集めをする際に必需品のひとつといえるのがボイスレコーダーです。

会話を録音することで確たる証拠としておさめるわけですが、ボイスレコーダーの使用には注意しなければいけないことがあります。

それは、盗聴目的で使用してはいけないということ。

夫婦であっても電話などのプライベートな会話内容を録音することは、人権侵害をおこなった盗聴行為と定義づけられています。

録音の手段や方法が反社会的行為にあたると、訴えられた側へ反撃の口実を与えることになり、その証拠能力が問題視される恐れがあるので、ボイスレコーダーや録音テープを用いての盗聴行為は避けましょう。

 

また、裁判所は証拠品の提出物については事前に厳しいチェックが行われるため、盗聴して得た証拠品などは始めから受け入れられない可能性が高いです。

夫婦の話し合いの場において、浮気した側が不貞行為の事実を認めたものについては、ボイスレコーダーで録音しても盗聴行為とはならず、強い証拠品として認められます。

ただ、理想をいえばボイスレコーダーよりもアナログ式の録音テープで会話内容を記録する方が望ましいといえます。

市販されているボイスレコーダーはデジタル式のものがほとんどです。

裁判においては、デジタル式のボイスレコーダーは編集や捏造ができることから、アナログ式の録音テープよりも証拠能力が低いものだと位置付けされていることを覚えておきましょう。

>>とりあえず匿名・無料で浮気調査に強い探偵に相談してみる

8.カラオケに行った事実は証拠になる?

カラオケボックスは個室となっている為に、たしかに性行為をおこなう場所として利用される可能性はあります。

しかし、カラオケボックスは歌を歌うための娯楽施設であって、ラブホテルとは違って「性行為をするための場所」と一般的に認識されている場所ではありません。

このことから、裁判においてカラオケでのデートだけを取り上げて不貞行為の証拠とするのは難しいといえるでしょう。

ただ、状況証拠のひとつとしては認められるので、カラオケデートがあった事実を証明することは決して無駄ではありません。

9.旅行は証拠になる?

愛人と2人きりで温泉旅行に行っていたと聞くと、いやらしい印象が非常に強く、強力な証拠となるような印象を受けがちです。

しかし、実際の裁判においては旅行に行っていたという情報だけでは肉体関係があったことの証明とはならず、その情報単体では不貞行為の認定には至りません。

ただ、カラオケデートのケースと同様に、状況証拠のひとつとしては認められるので、旅行へ行った証拠についても確保しておきましょう。

10.ホテルの領収書は証拠になる?

ホテルへ宿泊したことを証明する領収書は誰かしらと不貞行為があったことを推察させるだけの証拠能力があります。

しかし、ただ領収書それのみであれば、誰と宿泊したかなどの情報の判別ができないため、言い訳されるおそれがあります。

ですから、ホテル宿泊の領収書については「浮気相手と宿泊した」という他の状況証拠と併せて効力を発揮するものだという認識でいるのが良いでしょう。

11.GPSのデータは証拠になる?

GPS

GPSのデータは位置情報を特定することができますが、それだけでは不貞行為の証明には至りません。

たとえば、カーナビから取得できる位置情報で、配偶者が所有する車がホテルに入った記録が取れたとしても、それはあくまでホテルの場所に行ったというだけの証明であって、極論をいえば「愛人と行ったわけではなく一人でホテルに入った」などと言い逃れされてしまいます。

なので、GPSのデータについても状況証拠のひとつとして使える、という認識でいるようにしましょう。

12.相手の自宅に行ったことは証拠になる?

浮気相手の自宅に行った場合、不貞行為の決定的証拠とするには、その在宅時間が重要となってきます。

30分~2時間程度だと「食事を振舞ってもらっていただけだ」と言いワケされてしまうので、宿泊または長時間(夜間がのぞましい)の滞在をしていたという証拠をおさえる必要があります。

数時間程度だと、決定的証拠とはならず状況証拠のひとつとして扱われるケースが多いので注意が必要でしょう。

>>とりあえず匿名・無料で浮気調査に強い探偵に相談してみる

13.同棲や同居は証拠になる?

同居・同棲

浮気相手と同棲や同居をしていると聞くと、不貞行為を疑うのは当然かと思いますが、実際には同棲・同居しているというだけでは不貞行為とは認められません。

あくまで、同棲・同居相手と性交渉を行っているという事実関係の証明が必要となってきます。

よくある言い訳としては「お金がなかったのでルームシェアをしていただけ」と言い逃れするケースをよく目にします。

ですが、キスの現場をとらえた証拠写真など、他の状況証拠と組み合わせることができれば、寝食を共にする同棲・同居生活において性行為があるだろうことは容易に推察できるので決定的証拠となりえるでしょう。

真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す