真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

不貞行為を認める場合と認めない場合の対処法について

不貞行為認める認めない

配偶者の不貞行為の事実を証明することは、離婚裁判において離婚請求と慰謝料請求を可決させるための大きな武器となります。

ですが、浮気が発覚した際の夫婦間の話し合いでは、浮気した側は不貞行為のあった事実を認めないことが多くあります。

また、夫婦間の話し合いで一旦は不貞行為があったことを認めた場合も、いざ裁判所や調停員などの第三者を介した話し合いの場になると、手のひらを返して不貞行為が無かったと否認するケースもしばしばあるので油断はできません。

相手が不貞行為を認める、認めない、どちらの姿勢を示してきた場合でも焦らず冷静に対処することを心がけていきましょう。

1.不貞行為の自白は証拠となるのか?自白の証拠としての念書やボイスレコーダーの必要性

不貞行為の自白

第三者を介さない夫婦間の話し合いにおいて、浮気した側の不貞行為の自白は証拠となるのか。

結論をいえば、自白は証拠になります

つまり、浮気相手との性交渉の現場をカメラ映像で記録したり、会話を録音したり出来ていないとダメ、というわけではありません。

ラブホテルを出入りするところさえ証拠として抑えていないから、などと諦めたり悲観したりする必要もないのです。

 

しかしだからといって、裁判でただ単に「あのとき自白したじゃないか」と主張しただけでは、相手が自白したことを認めなければ水掛け論となってしまい、それだけでは証拠不十分として認められません。

ですので、厳密に言うと不貞行為の自白を証拠として成立させるには【自白した証拠を何らかの形で保全しておく】ことが必要となります。

 

では、どういった形で保全された自白が、証拠能力として効力を発揮するのか。

ひとつは、相手が不貞行為を自白した際の音声をボイスレコーダーで録音しておくことです。

そのレコーダーを裁判所に提出し、録音された会話内容に不正な編集などが行われていないと判断されれば、自白の証拠として認められます。

 

そして、自白の証拠保全としてもうひとつ有効なのは念書です。

不貞行為に及んだ事実を認めることを何らかの書面に記載させるわけですが、この時の念書には

  • 「誰と不貞行為に及んだのか」
  • 「不倫相手の年齢や住所」
  • 「不倫関係にあった期間」
  • 「肉体関係に及んだ回数」

など、可能な限り具体的な情報を記載させると、後の裁判でより大きな効力を発揮します。
>>とりあえず匿名・無料で浮気調査に強い探偵に相談してみる

2.不貞行為を認めない場合の対処

証拠が見つからない

不貞行為を自白した証拠の保全が確保できなかった場合はどうすればいいのか。

実際問題として、一旦は自白を促すことに成功しても、その時に頭がカッとなって口論になってしまうと、念書を取ったりボイスレコーダーで録音したりといった機転を利かすのは難しいものです。

その場合は、不貞行為を自白した日時や状況をよく思い出して、分かりやすく記載した書面を自分で作成しましょう。

また、自白以前に不貞行為を認めないといったケースも多くあることと思います。

このような場合でも不貞行為を立証することを諦めないでください。

 

浮気行為の発覚に至ったということは、それまでに配偶者の行動に対して不可解に思ったことや、小さな証拠がいくつかあって疑いはじめたことがきっかけのはずです。

たとえば、

  • 「肉体関係を匂わせるような内容のメールやラインの文面」
  • 「香水の匂いや口紅の跡が残ったYシャツ」
  • 「財布の中にあったラブホテルの会員カード」

などといった、小さな物的証拠を集めるのも有効ですし、配偶者が過去に朝帰りをした日時を思い出して書き起こしたりするのも有効です。

決定的な大きな証拠がなくとも、一つ一つの小さな事実を形として残していけば、状況証拠は揃い、やがて相手も言い逃れができない証拠となっていくのを忘れないでください。

ただ決定的な瞬間を捉えた証拠があるのが理想的です。

その一つの証拠で相手に有無を言わさずに、浮気を認めさせることができます。

ちなみに、そんな証拠を掴むには探偵に相談をして、決定的な証拠を掴んでもらうのが一般的です。

>>とりあえず匿名・無料で浮気調査に強い探偵に相談してみる

3.離婚裁判における不貞行為の事実認定について

Trial

不貞行為を理由に離婚請求を申し立てた場合、証拠がないと裁判所は事実認定をすることができず離婚は認められません。

また、裁判の判決は、そのときの裁判官や裁判員の価値観によっても結果が左右されることがあります。

ですので、物的証拠はもちろんのこと、配偶者が働いた不貞行為によって、どれだけ大きな精神的損害を被ったのかを訴えかけて、裁判官や裁判員の共感を得ることも重要になってくるでしょう。

 

過去の判例では、決定的証拠(性行為の現場やラブホテルへ入り浸る様子の記録保全)がなくても、不貞行為の事実認定がされ離婚請求および慰謝料請求が認められたケースはあります。

小さな証拠でもたくさん集まれば動かぬ状況証拠だと認められることもありますから、どんな些細な証拠でもメモをしたり写真を撮ったりして形として残すクセを身に付けるように心がけましょう。

 

あとは、不貞行為の証拠をつかむスペシャリストともいえる探偵や興信所といった調査機関に依頼するのも手ですし、弁護士や司法書士などから不貞行為の証拠集めの方法について相談するのも有効な手段だといえるでしょう。

>>とりあえず匿名・無料で浮気調査に強い探偵に相談してみる

真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す