真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

婚約中の不貞行為による婚約破棄や慰謝料請求など

婚約中の不貞行為について

婚姻関係を結んでいる男女のうち、いずれか片方が他の異性と継続的な肉体関係を持っていた場合、不貞行為を理由に離婚を請求することが可能です。

これは「婚約中」の立場にある男女間においても不貞行為は成立し、婚約解消を要求することができます。

いずれ夫や妻となる関係を約束した立場でいながら、別の異性と肉体関係を持つことは貞操義務違反として不貞行為にあたり、法律上でも婚約を破棄する理由として妥当であると認められているのです。

 

しかし、婚約と結婚とでは証明能力という点において、決定的に大きな違いがあります。

結婚の場合、婚姻届の書面を役所に提出することで正式的に婚姻関係が結ばれますが、婚約においては、そのように明確な法的効果のある書面は残りません。

このことから、婚約中に不貞行為を働いたパートナーが「自分は婚約なんてした覚えはない」とつっぱねてきた場合には、婚約の事実があったことを証明する必要がでてきます。

1.不貞行為によって婚約破棄になった場合の取るべき対応

婚約が成立している状態で、ある日、急に婚約を破棄したいとパートナーから言われたとき貴方はどうしますか?

自分に何らかの過失があったり、なにか大きな喧嘩などのキッカケがあってのことならまだ諦めもつくと思いますが、そういったこともなく突然に婚約破棄を言い渡されたら信じられない気持ちと悲しい気持ちでワケがわからなくなりますよね。

でもそういった場合に、ただ悲しみに暮れて泣き寝入りしようとするのはちょっと待ってください。

 

一方的に婚約破棄を迫ってきたり、もしくはこちらから婚約破棄を申し出させるように仕向けてくる相手というのは往々にして、何か後ろめたい事情を隠しているケースが多いです。

特に次のような例のケースでは、パートナーが婚約中の身でありながら浮気や浮気相手との性行為といった不貞行為を働いている可能性が高いので注意が必要です。

  • 同棲中の婚約者の帰りが夜遅い、または朝帰りが多い
  • 休日に会社行事や接待ゴルフなどで家を空けることが多くなった
  • 急に態度が冷たくなって、こちらをわざと怒らせるような態度を取ることが多くなった

以上のような態度を取り出したら婚約者の不貞行為を疑うべきです。

 

特に3つ目に関しては、既に婚約者には本命の異性が他にいて、こちらをわざと怒らせることで、婚約破棄の話を切り出させるようと目論んでいる可能性が強いということです。

婚約者にとってみれば、こちらから婚約破棄を申し出させれば慰謝料を払わせられる心配もないしキレイに別れられて好都合だというわけです。

いずれにしろ、不可解な理由で婚約破棄を迫られた場合に取るべき対応として必要になってくるのは、「実際に自分たちが婚約関係にあったことの証明」と「婚約者の不貞行為の証拠集め」の2点となってきます。

>>とりあえず匿名・無料で浮気調査に強い探偵に相談してみる

2.婚約中の不貞行為を訴えての慰謝料請求

慰謝料請求

婚約中のパートナーの不貞行為を訴えて慰謝料を請求するには、まずは自分たちが内縁関係にあることを証明する第三者の証言や物的証拠が必要になります。

よく誤解しがちなのが、「結婚しよう」とプロポーズを受けた段階でもう婚約関係にあると受け取ってしまうことです。

法律上では結婚や離婚には細かい規定があって、婚姻届・離婚届といった法的効力を持つ書面が残ります。

しかし、婚約についてはそのようなことがないため、口約束だけで「結婚しよう」という話をしたと主張するだけでは、言った言っていないの押し問答となるだけです。

その場合、裁判所としては婚約関係があった事実を認めることはできず、慰謝料請求についても可決されることはないのです。

 

では、婚約関係を証明する第三者とは一体誰のことを指しているのか。

たとえば、結納の立会いとなった両親や婚約披露宴のパーティーに参列した友人や知人などに証言してもらうのが良いでしょう。

また、婚約関係を証明する物的証拠の代表例としては「婚約指輪」が挙げられます。

これらの証拠が揃ったなら、あとは結婚している夫婦間のケースと同様で、不貞行為があったことを証明できれば、裁判側から慰謝料請求の認可が降りることとなります。

3.妊娠していた場合の対応について

婚約中で、しかも妊娠しているにも関わらずパートナーに不貞行為があった場合は、妊婦側の訴えや要求は強い効力を持って裁判では受け入れられます。

婚約関係にある証明についても、お腹の中に赤ちゃんがいる時点で強い証拠能力として認められますし、相手側の婚約破棄の申し出を却下させることができるケースも多いです。

また、婚約破棄をするにしても通常より高額の慰謝料や養育費を請求することができるので、自分とお腹の中の赤ちゃんを守るためにも婚約妊娠中の不貞行為については断固たる姿勢を持って、強気の要求をしていきましょう。

妊娠中の体では、婚約者の素行調査や不貞行為の証拠集めに走るような行動はお腹の赤ちゃんの健康にも障ってしまうので、きちんと探偵などの専門的な調査機関に依頼することをおススメします。

真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す