真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

不貞行為の和解条項や和解後の慰謝料や誓約書の書き方

不貞行為の和解

不貞行為の慰謝料裁判において、裁判の途中で裁判所が提示する和解案に原告側・被告側の双方が合意すると和解が成立したことになります。

裁判所側の和解案の提示については、裁判の判決に至るまでの前段階で数回ほど行われるケースが多いです。

この和解案に応じずに、原告側・被告側の双方の主張が最後まで食い違った場合に決着つかずということで、裁判所が判決をくだすというわけです。

 

ここで覚えておきたいのが、裁判所が提示する和解案というのは、裁判所がその裁判におけるそれまでの双方の主張と経過を鑑みた上で、被告側のペナルティとして妥当なラインだと判断してくだす条件だということです。

ですから、和解案にごねて裁判所が提示する慰謝料などの条件よりも無謀に多額な慰謝料を請求し続けたところで、最終的な裁判所の判決においては、被告側の希望どおりの額面の慰謝料請求が認められる可能性は低いといえます。

勝算もないのに和解案に応じずに裁判を続けることは、裁判費用ひいては弁護士を雇う費用の無駄ともいえるでしょう。

このことから、実際の不貞行為の慰謝料裁判においては、最終的な裁判所の判決にまで至るケースは存外少なく、裁判途中での和解交渉が成立するケースが目立っています。

 

ただ、裁判所の和解案と最終的にくだされた判決において、慰謝料の金額に大きな差異が生じたケースも過去の判例ではあります。

このケースのほとんどは、裁判所が提示した和解案を否認してから後の段階で、被告側の悪質性が高いと認められる不貞行為の強力な証拠が見つかった場合が多いです。

ですから、裁判途中で提示された和解案の内容が自身の希望と大きくかけ離れたものであった場合、必ずしも諦めて和解案に応じるのが良いというわけではありません。

できればあらかじめ確固たる不貞行為の証拠があるのが望ましいです。

裁判が始まった後に証拠を集めるのは至難の業です。

浮気が疑わしい段階で、証拠を掴み提示することで、すんなりと和解しやすくなります。

証拠集めがばれてしまっては元も子もないので、浮気調査のプロである探偵や興信所に証拠を集めてもらうのが望ましいです。

>>とりあえず匿名・無料で浮気調査に強い探偵に相談してみる

1.不貞行為の和解条項について

裁判所が提示する和解案については、慰謝料の金額やその他の条件が添えられて通達されます。

これを和解条項といいます。

「その他の条件」として代表的なものは、たとえば離婚をせずの和解であれば、「今後いっさいの配偶者と不倫相手の交際や接触を禁ずる」といったものが例として挙げられます。

裁判所が提示した和解条項については、必ずしも丸呑みしなければいけないというわけではなく、双方合意の上での話し合いであれば、和解条項の微調整は可能となっています。

2.和解した場合の慰謝料請求について

和解した場合の慰謝料請求は、その金額など、基本的には裁判所が提示した和解条項に沿って行っていくことになります。

ただ、慰謝料の支払い方法や支払い形式(一括払いなのか、分割払いなのか)などの細かな部分の調整については、原告側・被告側の話し合いのもと細かな調整を加えていく必要があります。

また、それとは別に財産分与についての話し合いを行う必要があります。

被告側が慰謝料を一括で支払えない場合には財産分与から差し引くことも可能なことから、慰謝料請求と財産分与の話し合いについては密接にリンクしているともいえます。

3.不貞行為について和解後の誓約書の書き方について

不貞行為の和解後の誓約書については、これといって正式な書き方が決まっているわけではありません。

最低限記載しておきたいのは以下の内容です。

  1. 「誓約書」という表題
  2. 何年何月何日に結んだ契約書であるのかが分かる日付
  3. 誰(原告側)と誰(被告側)が誓約を結ぶのか
  4. 本誓約を結ぶことに至った理由(被告側が犯した罪の内容を記載)
  5. 誓約(約束)する内容の具体的な明記(慰謝料や親権、養育費、財産分与の支払いについてなど)
  6. 誓約者の宛て先(住所、本籍、自宅の電話番号、携帯電話の番号など)
  7. 署名と押印

配偶者と浮気相手にそれぞれ要求する場合は、以上の内容の誓約書を別々に作成しましょう。

4、5についてはいろいろな書き方があると思いますが、以下のサンプルを参考にしてください。

<浮気相手宛てのサンプル>

私○○は、何年何月~何年何月の期間中、○○氏に配偶者がいることを知りながら複数回にわたって性交渉を行い、不貞な関係にあったことを認めます。

本件に関して、○○氏の配偶者に精神的苦痛を与えてしまったことを謝罪するとともに、慰謝料○○万円をお支払いすることを約束いたします。

<配偶者宛てのサンプル>

私○○は、何年何月~何年何月の期間中、配偶者がいるにもかかわらず○○氏と複数回にわたり性交渉を行い不貞な関係にあったことを認めます。

本件について、配偶者へ精神的苦痛を与えてしまったことを謝罪するとともに、慰謝料○○万円の支払いと親権、養育費、財産分与を指定どおりに支払いすることを約束します。

真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す