真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

別居中の不貞行為の証拠集めや慰謝料、親権問題など

別居中の不貞行為問題

ひとたび婚姻関係を結んだ相手が不貞行為を働いていると知って、良い気分になる方はいないでしょう。

日本の法律では配偶者が婚姻関係を結んだ相手以外の異性と性行為をともなう浮気や不倫をすることは、「貞操義務違反」として罪に問われます。

しかし、別居中の不貞行為となると同居中の不貞行為とは事情が異なり、別居中に行われた性交渉そのものが必ずしも婚姻関係破綻の理由になったとは認められず、離婚請求や慰謝料請求ができないケースがあります。

 

ここで注意しておきたいのが、別居にいたった理由です。

たとえば、別居前に夫婦関係が冷え切っていたことを理由に「離婚を前提とした別居」を行っていた場合は、その際の性交渉は「不貞行為」と認定されません。

この場合は別居中の性行為を理由とした慰謝料請求が可決されることはほとんどないことを覚えておきましょう。

1.別居中の不貞行為の定義とその証拠集めについて

では、別居中における夫婦において、どういったケースでの性交渉であれば不貞行為と定義づけられるのか。

  • 仕事や会社の辞令によって単身赴任を余儀なくされた
  • 話し合いもなく一方的に家を出ていき、別居をはじめた
  • 別居中でも夫婦が定期的に会っている
  • 夫婦関係を修復することを目的とした別居

以上のようなケースにおいては、離婚を前提とした別居ではないため、別居中の性行為は不貞行為があったと裁判所は判断を下します。

ひとつめの単身赴任のケースについては夫婦仲とは全く関係がない理由での別居なので、別居中の性交渉は不貞行為だったと簡単に証明することができるでしょう。

 

しかし、残りの3つに関しては、「まだ夫婦関係は完全には破綻していなかった」ことと、「夫婦関係修復の見込みがあったにも関わらず、不倫関係にある愛人と性行為を行ったことが原因で夫婦関係が破綻してしまった」ことを証明する証拠を集める必要がでてきます。

お互いの理解もないまま一方的に別居にいたった経緯や、別居中においても定期的に会って話し合っていたことなどが分かる内容を、日付を明記した上で日記にでも記していれば有効な証拠として効力を発揮します。

そうでない場合は相手が「最初から夫婦関係が破綻していたから別居した」のだと強硬な態度に出てくる可能性もあるので、なかなかに厄介です。

十分な証拠を自前で確保できない場合は、相手側に言い逃れをさせない証拠を集めるためにも、探偵を雇ったり弁護士や司法書士に相談してから対策を練るのが良いでしょう。

>>とりあえず匿名・無料で浮気調査に強い探偵に相談してみる

2.別居中の不貞行為で慰謝料は取れるのか

別居中の浮気や不倫行為は慰謝料を請求することは難しいです。

しかし、別居前から配偶者が浮気していて別居前から別居中に至るまで継続して不貞行為があったことを証明できれば慰謝料請求は可能です。

 

ただ、この場合も相手側は別居前からの浮気を否認してくるケースが多くあります。

不貞行為があったのは別居前だったのか別居中だったのか、それをはっきりさせる証拠を集めるのは通常の浮気調査以上に難度が高くなってきます。

別居中だけでなく別居前にも不貞行為があったことを個人で証明するのは至難の業ともいえるので、このケースでの慰謝料請求を行いたい場合は、やはり探偵事務所などの専門的調査機関に調査を依頼するのが賢明かと思います。

>>とりあえず匿名・無料で浮気調査に強い探偵に相談してみる

3.別居中に不貞行為があった場合の親権

別居中の配偶者に不貞行為があったことが認められれば、子どもの親権問題でも優位に立つことができます。

ただ、それは不貞行為が認定された場合による話であって、別居中に配偶者が性行為をしたことイコール不貞行為だと認識してはいけないことは、これまで話してきた通りです。

別居中に不貞行為があったと裁判所から認められるには、あくまで「別居中であっても夫婦関係がまだ完全に破綻してはいなかったこと」と、「その不貞行為が原因で夫婦関係が破綻し離婚せざるを得なくなったこと」を証明する必要があります。

4.不貞行為が認められる別居年数

別居中にあった性交渉が不貞行為であったと認められるには別居年数も大きく関係してきます

別居期間が短いうちは、一時的なケンカや感情のもつれによるものだという見方ができることから、軽はずみな性行為は不貞行為にあたると認定されるケースが多いです。

逆に、別居年数が長期間に渡っている場合は、夫婦関係が冷え切っており、すでに婚姻関係は破綻しているも同然の状態だとして、別居中の性行為が不貞行為にあたらないとジャッジされるケースもあります。

 

ただ、別居にいたった理由が相手に重大な落ち度がなかった場合(暴力や犯罪行為をともなう服役など)や夫か妻のどちらか片方が離婚を認めていないケースもあります。

この場合は、少なくとも数年のうちは婚姻関係が破綻しているとみなされないため、別居年数がかなり経過していないことには別居中の性行為は不貞行為にあたると認められます。

婚姻関係が破綻しているとみなされる正確な別居年数については、様々な要因から総合的に判断されるため、判断をくだす裁判官によっても結果がまちまちとなることが多いです。

なので、別居中の不貞行為の立証については慎重な証拠集めが必要となってくることを覚えておきましょう。

真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す