真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

産後クライシスの症状や原因や期間について

産後クライシスの症状や原因や期間について

「クライシス」とは、危機、崩壊などの意味があります。

産後クライシスとは、産後2年以内に、夫婦の愛情が急速に冷え込む状況と定義された造語です。

本来なら、結婚してしばらく後に子どもが生まれるということは大変喜ばしいことです。

お腹の子どもに話しかけたり、体調管理に気を使ったりしながら、会うことを心待ちにしていた人がほとんどでしょう。

夫婦で協力して子どもを育てていかなければならない時期に、なぜそのような状態になってしまうのかを考えてみましょう。

1.産後クライシスの症状について

産後クライシスの症状について

いくら、楽しみで心待ちにしていた我が子が生まれたからといって、毎日四六時中幸せなわけではないのです。

慣れない育児で夜中も授乳やオムツ替えのために細切れの睡眠しかできず、毎日疲れ果ててしまう人も多いことでしょう。

「産後うつ」や「育児ノイローゼ」という症状もよく耳にするぐらいですから、母親になった妻は本当に大変なのです。

では、ほとんどの人が多かれ少なかれ経験する育児の大変さですが、どのような症状が出たら産後クライシスなのでしょうか。

  • 夫に興味がなくなり顔を見るのも嫌になる
  • 夫の言動にイライラし、腹が立つ
  • 夫との離婚を考えるようになる

このような症状に心当たりがあるなら、もしかしたら産後クライシスかもしれません。

母親になったら、一番大事なのは「子ども」という女性は多いと思います。

しかし、父親である夫からすると、自分が蔑ろにされているような気持ちになり、自分が一番じゃなくなったことに不満を抱いて、妻を手伝うどころか手のかかる子どものようになってしまう人がいます。

そんな子供っぽい面を見ると、ますます夫へのイライラが募り顔を見るのも嫌になり、離婚を考えるようになるのかもしれません。

2.産後クライシスの原因とは?

産後クライシスの原因とは?

産後、あまりにも生活が変わることや、ホルモンバランスが崩れること、精神的身体的ストレス、友人との距離、夫が父親になりきれておらず大変な妻を助けないことなどが原因となります。

私の場合も、産後本当に大変だったときにも夫は何もしなくて、義理の母の前で泣いてしまったことがありました。

未だに覚えていますから、相当恨みに思っているのかもしれません。

3.産後クライシスの期間はいつまで?

産後クライシスの期間はいつまで?

定義では「産後2年以内に・・・」とありますが、産後クライシスが続いた期間は人それぞれで、子どもが生まれて数ヶ月で終わった人もいれば、子どもが3歳になっても終わらない人もいます。

産後クライシスになる原因や症状の重さも人それぞれですから、期間も人それぞれなのです。

仕事に復帰したとか実家に帰ったりして気分が変わることで産後クライシスが終わったという人も少なくないようです。

しかし、妊娠中や、出産前後の夫の言動、特に嫌な言動というのは、妻の記憶に残りやすいそうです。

ですから、産後クライシスが終わって落ち着きを取り戻したとは言っても、夫への不満を後々まで引きずり、結果として子どもが大きくなってからの離婚や熟年離婚という結果に終わることもあります。

4.二人目の出産でも産後クライシスになる?

二人目の出産でも産後クライシスになる?

答えは「なる」です。

二人目でも三人目でも関係なく、産後クライシスになります。

むしろ、二人目三人目のほうがひどくなるときも多くあります。

上の子の世話に加えて下の子の世話も増えて、それだけでも毎日大変なのに、夫が今までと同じ生活をしていて手伝うとか労うといったことをしてくれないと、本当にイライラします。

「俺は仕事をしてやってるんだ」とか「一日中子どもと遊んでられて楽だな」ということばや態度を出してしまったら、きっと妻は離婚したいと考えるようになるか、離婚までは行かなくても一生そのことを忘れないと思います。

離婚の話し合いを有利に進めたい

離婚の話し合いを有利に進めるためには、法律の知識が絶対に必要です。

法律の知識がなければ、相手にうまく言いくるめられて損をしてしまうことがあります。

そんな時に活躍するのが弁護士ですが、自分の希望に合った弁護士を見つけるのは大変です。

弁護士にも得意・不得意分野があるので、必ずしも離婚に強いとは限りませんからね。

離婚に強い弁護士を探したいなら弁護士案内サービスを使ってみてください

無料で探すことができるので、試しに使ってみてください。

>>無料で離婚に強い弁護士を探してもらう

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す