真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

モラハラ夫と離婚したい!離婚をする方法は?

モラハラ夫と離婚したい!離婚をする方法は?

「モラハラ」とは、モラルハラスメントの略です。

精神的な暴力や嫌がらせのことで、身体的な暴力は振るわないため、たちの悪い暴力と言えます。

毎年増加しているモラハラの被害。

ネットやメディアでもよく耳にするようになったため、今まではモラハラの被害を受けていてもモラハラだと気付かなかった妻たちが行動を起こせる世の中になってきつつあるようです。

しかし、巧妙な仕方で妻を支配下に置こうとするため、離婚を決意しても途中で疲れ果ててしまう人も大勢います。

では、どのように離婚できるのでしょうか。

1.モラハラ夫と離婚の話し合いで解決する?

モラハラ夫と離婚の話し合いで解決する?

結論から述べると、これは相当難しいです。

モラハラ夫は、何でも人のせいにします。

自分にとって都合の悪い話は論点をすりかえて避けますし、二人で話し合いをすれば、自分を怒らせる妻が悪いという方向に持って行き、自分の非を認めようとはしません。

更なる暴言などで妻は疲弊するだけですから話し合えるような相手だとは考えないほうが良いと思います。

2.モラハラ夫が離婚してくれないときは証拠を用意する

モラハラ夫が離婚してくれないときは証拠を用意する

モラハラ夫にとって、妻は奴隷のようなもので、自分が優位に立っているために必要なものですから、簡単には離婚できない場合が多いそうです。

「離婚」という言葉を常套句のように用い、「離婚されたくなかったら俺を怒らせるな」という態度で、妻の態度が気に入らないと「もう離婚だな」というふうに脅し文句として使うことも多いです。

しかし、妻側がモラハラされていることに気付き、「離婚」を真剣に考えていることがわかると、態度が一変して泣いて謝ったり、土下座までする夫もいます。

そこで、妻が情をかけてしまって「そこまで反省してるなら・・・」とやり直す態度を見せると、「俺がいないと何も出来ない」とか「お前がどれだけ間違っていておかしい考えなのか」ということを巧みに論点を捻じ曲げて洗脳され、またモラハラの被害に遭ってしまうのです。

ですから、モラハラ夫と本気で離婚したいと思ったのならば、決意を曲げないことが大事です。

それと同時に、モラハラされたときの詳しい内容や日時、場所を記した日記やメモ、心療内科などを受診した診断書、暴言を録音したものなどを集めて証拠として提出すると、離婚がスムーズに進むでしょう。

モラハラ夫は自分の非を認めない傾向にあり、外面は大変良いので、調停委員でさえ「この旦那さんがひどいことを言うなんて信じられない」と夫の心証が良くなることもあり得ます。

そのような事態も想定して、小型のレコーダーでの録音や、夫からのモラハラと思われるメールなども証拠として取っておくことが最善と言えます。

3.モラハラ夫からの慰謝料の相場はどれくらい?

モラハラ夫からの慰謝料の相場はどれくらい?

モラハラは精神的な損害の賠償となりますから、慰謝料を取ることができます。

慰謝料の相場は、数十万~300万程度とされています。

しかし、モラハラを受けた回数が多ければ多いほど、受けていた年数が長ければ長いほど、慰謝料は多くなると思われます。

また、モラハラによって精神的疾患になってしまった場合、請求する妻の側の収入が少ないまたは無い、婚姻期間が長い、子供の有無などによっても慰謝料の額は変わってくるそうです。

4.モラハラ夫と離婚した場合子供の親権はどうなる?

モラハラ夫と離婚した場合子供の親権はどうなる?

話し合いで親権が取れれば問題はないのですが、夫も親権をほしがる場合はどうでしょうか。

調停になった場合、モラハラ夫は自分が有利になるためであれば事実を歪めて話したり、調停委員の同情を引いたりするのが上手なため、モラハラの証拠は持っていたほうが良いとされます。

妻が専業主婦で安定した収入が無い場合でも、子供が幼ければ9割方親権は母親のものになると考えられます。

15歳以上であれば、子供本人の意見を訊かれます。

もし、別居していて、その時点で子供が父親と住んでいるなら、監護実績が父親にでき、父親に親権が行くことも考えられますので、どうしても子供の親権を渡したくないのであれば、一人で家を出ることは避けましょう。

真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

離婚の話し合いを有利に進めたい

離婚の話し合いを有利に進めるためには、法律の知識が絶対に必要です。

法律の知識がなければ、相手にうまく言いくるめられて損をしてしまうことがあります。

そんな時に活躍するのが弁護士ですが、自分の希望に合った弁護士を見つけるのは大変です。

弁護士にも得意・不得意分野があるので、必ずしも離婚に強いとは限りませんからね。

離婚に強い弁護士を探したいなら弁護士案内サービスを使ってみてください

無料で探すことができるので、試しに使ってみてください。

>>無料で離婚に強い弁護士を探してもらう

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す