真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

事実婚の相続の権利はどうなるの?遺言が必要?

事実婚の相続の権利はどうなるの?遺言が必要?

事実婚がだいぶ世の中に認められてきて、双方に夫婦の意思があり、夫婦同然に暮らしてはいても、婚姻届を提出しておらず、同じ戸籍に入っていないということや、別れる際に離婚届も不要なことから、やはり法律上の夫婦と同じというわけにはいかないようです。

夫婦としての義務も生じることになるものの、法律上の戸籍というのは重いものであり、様々な事情があるにしても、婚姻に踏み切れないまたは敢えて婚姻関係を結ばないことで、法律上の夫婦とはまったく一緒の権利を得られないと言うこともあります。

これからどのように変わっていくかはわかりませんが、現時点での日本では少々面倒と言えることもあるかもしれません。

1.事実婚の場合、相続の権利はどうなる?

事実婚の場合、相続の権利はどうなる?

事実婚の場合、二人で築いた財産に関しては財産分与の権利があり、これは法律上の妻とほとんど同じ扱いをされます。

また、不貞行為があった場合や、正当な理由や同意もなく事実婚を解消した場合は慰謝料を請求する権利もあり、少しずつ事実婚への理解も広がってきてはいます。

しかし、相続に関しては、法律上の相続権が一切ないという立場になります。

これは、亡くなった人に急に事実婚の妻でしたとか内縁関係にあったと一方的に見ず知らずの人間が出てきて、揉めることがないようにとの考えもあります。

ただし、亡くなった夫に戸籍上の相続人がいない場合は、事実婚の妻を特別縁故者として家庭裁判所に申し立てをすることで認められれば、財産の一部もしくは全部をもらうことができます。

しかしこれは、法定相続人が一人もいないことが条件ですので、誰か一人でも相続人にあたる人がいるのであれば、申し立てをすることができません。

2.事実婚の相続する場合は遺言が必要?

事実婚の相続する場合は遺言が必要?

事実婚の場合、どれほど長く夫婦同然に生活してきても、周りに夫婦として認められていたとしても、相続権がありません。

ですから、事実婚の相手に遺産などを相続させたいのであれば、遺言書を書いておく必要があります。

その際、遺言執行者も選定しておくと良いでしょう。

遺言執行者とは、遺言書の内容を具体的に実行する人のことで、遺言書の内容、趣旨に沿って相続人の代理人として、相続財産を管理したり、名義変更などの各種手続きを行います。

遺言執行者は、遺言で指定される場合と、家庭裁判所で選任される場合とがあります。

成人しており、破産者でなければ、誰でもなることができますが、法律に詳しい弁護士や行政書士などを指定しておいたほうが、争いを避けることができます。

3.借金の相続はどうなる?

借金の相続はどうなる?

基本的には、事実婚の場合、相続権はないため借金の相続もありません。

しかし、連帯保証人になってしまっていたり、遺言書で財産のすべてを遺贈するとの記載がありそれを承諾していれば、借金も相続することになります。

4.事実婚の場合の相続税について

事実婚の場合の相続税について

事実婚の場合、相続ではなく「遺贈」ということになりますから、相続税はかかりません。

しかし、遺贈の場合、贈与税というものがかかり、これは相続税よりも高額になります。

しかも法律上の妻である場合は、相続の1億6000万円まで、もしくはそれを超えたとしても法定相続分であれば、配偶者のための軽減制度によってほとんど相続税がかからないのです。

しかし、事実婚の妻の場合、軽減制度の適用がなく、相続税額に2割の加算があります。

また、法律上の妻であれば、不動産や不動産を購入するための資金を生前贈与する場合の贈与税の配偶者控除が適用され、20年以上の婚姻期間があれば、最高2000万まで控除されるのに対し、事実婚ではこの配偶者控除も適用されません。

ですから、たくさんの資産を有しており、事実婚の相手に相続税での負担をかけたくないという場合、現時点では入籍も視野に入れたほうが良い場合もあるでしょう。

真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

離婚の話し合いを有利に進めたい

離婚の話し合いを有利に進めるためには、法律の知識が絶対に必要です。

法律の知識がなければ、相手にうまく言いくるめられて損をしてしまうことがあります。

そんな時に活躍するのが弁護士ですが、自分の希望に合った弁護士を見つけるのは大変です。

弁護士にも得意・不得意分野があるので、必ずしも離婚に強いとは限りませんからね。

離婚に強い弁護士を探したいなら弁護士案内サービスを使ってみてください

無料で探すことができるので、試しに使ってみてください。

>>無料で離婚に強い弁護士を探してもらう

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す