真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

事実婚した場合の子供のメリットやデメリットについて

事実婚した場合の子供のメリットやデメリットについて

事実婚をする人が増えてきたことによって、事実婚の夫婦の間に子供が生まれることも多くなってきました。

増えてきたとは言っても、日本ではまだ一般的とは程遠い状況のため、手続きや制度の面で面倒なことがあることも事実です。

法律上の婚姻届を提出している夫婦の場合、父親と母親が同じ戸籍なので、生まれてきた子供は両親の子としてそのまま一緒の戸籍に入ることになります。

それに対し、事実婚の父親と母親の場合は戸籍が別になるわけですが、生まれてきた子供はどうなるのでしょうか。

事実婚によるメリット、デメリットはあるのでしょうか。

今回はそのようなことについて調べてみましょう。

1.事実婚の場合、子供の戸籍はどうなる?

 

事実婚の場合、子供の戸籍はどうなる?

事実婚の母親が子供を出産した場合、出生届けを提出すると、母親を筆頭者とする新しい戸籍が作成され、母親の戸籍に入ることになります。

そのままですと、父親の欄は空白のままで、その子には父親がいないことになってしまいます。

それを避けるためには、父親が「認知届」を提出する必要があります。

これは、母親が妊娠中でも出生届けと一緒でも、生まれてからでもかまわないそうです。

しかし、認知をしたとしても戸籍は母親のほうに入っているので、姓も母親と同じくなります。

それを父親の戸籍に入れ、姓も父親と同じ姓に変えたいという場合は、家庭裁判所に子供の氏の変更許可の申し立てをし許可を得るか、または、父親が子供を養子にすることで父親の戸籍に入れることもできます。

2.事実婚の場合、子供の親権はどうなる?

事実婚の場合、子供の親権はどうなる?

法律上の夫婦の場合、生まれてきた子供の親権は父母の共同親権ですが、事実婚の夫婦の場合は、どちらか一方しか親権者にはなれません。

生まれてきた子供の親権も戸籍と同じで母親が持つことになります。

しかし、父親を親権者にしたいと言う場合は、協議をして親権者変更の申し立てをすることもできます。

たとえ親権者でなくとも、互いに扶養、養育の義務はありますし、親子であることに変わりはありません。

ではどのようなときに親権が必要となってくるのでしょうか。

手術を受ける際の同意や予防接種の同意、法律上の重要な同意が必要なときに親権が関わってきます。

子供が成人するまでに数々の同意または同意書が必要となるわけですが、その場合に親権者の同意がいるのです。

それで不都合が生じないという場合は、母親のままでかまわないと思います。

3.事実婚の場合の子供の扶養控除について

事実婚の場合の子供の扶養控除について

父親の扶養控除を受けられるかという点についてですが、父親が認知していて、生計が一緒であれば、扶養控除は受けられると思われます。

ただし、母親のほうはと言えば、事実婚ですと配偶者控除や配偶者特別控除は受けられません。

4.事実婚の場合の子供の遺産相続について

事実婚の場合の子供の遺産相続について

事実婚で、遺言書を作成していなかった場合でも、二人の間に子供がいれば父親が亡くなったときに遺産を相続することが出来ます。

嫡出子であっても非嫡出子であっても、法定相続分は同じですので、平等に相続できるようになっています。

しかし、父親が認知をしていない場合は、実子であっても相続権はなく、遺産の相続が出来ません。

さらに、もし、父親に戸籍上結婚したままの妻が存在する場合は、その妻も共同相続人となります。

事実上は結婚生活が破綻していて、別の新しい家庭を作っていたとしても、法律上の妻には相続する権利があるからです。

例えば、事実婚の妻のほうに連れ子がいる場合はどうなるのでしょうか。

この場合、連れ子は事実婚の夫と養子縁組をして養子とするか、遺言状に相続について記載しておかなければ、事実婚の夫の遺産を相続することはできません。

以上のことを踏まえて、事実婚の場合は必ず認知をしたほうが良いと思われます。

真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

離婚の話し合いを有利に進めたい

離婚の話し合いを有利に進めるためには、法律の知識が絶対に必要です。

法律の知識がなければ、相手にうまく言いくるめられて損をしてしまうことがあります。

そんな時に活躍するのが弁護士ですが、自分の希望に合った弁護士を見つけるのは大変です。

弁護士にも得意・不得意分野があるので、必ずしも離婚に強いとは限りませんからね。

離婚に強い弁護士を探したいなら弁護士案内サービスを使ってみてください

無料で探すことができるので、試しに使ってみてください。

>>無料で離婚に強い弁護士を探してもらう

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す