真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

事実婚で扶養家族に入ることはできる?義務はある?

事実婚で扶養家族に入ることはできる?義務はある?

芸能人のニュースなどで耳にするようになり、そういう選択肢もあるんだなと一般的にも認知度が高くなってきた事実婚ですが、現時点では法律上の妻とは相続や税金の面で壁があることがわかりました。

婚姻届を出すということによって課せられる誓約もある分、守られる部分も多いようです。

事実婚は、婚姻関係にある夫婦と同じようにお互いに対する義務も生じはしますが、戸籍が変わらないことや、離婚届も必要ないことから、親や親族などからは同棲と同じように見られるかもしれません。

どちらの夫婦の形態にもそれぞれのメリット、デメリットはあるのです。

では、扶養の面ではどうなのでしょうか。

1.事実婚の場合、扶養義務はある?

事実婚の場合、扶養義務はある?

事実婚であっても、婚姻届を提出した法律上の夫婦と同じように、同居・協力・扶助義務や、貞操義務、婚姻費用分担義務、日常家事債務の連帯責任、慰謝料を請求する権利、財産分与請求権などがあります。

ですから、お互いに婚姻の意思があり、同居している事実婚である場合は、扶養する義務が生じます。

それを、一方の同意なく破棄してしまうと慰謝料を請求されることにさえなってしまうかもしれません。

2.事実婚の場合、扶養控除や扶養手当をもらうことができる?

事実婚の場合、扶養控除や扶養手当をもらうことができる?

事実婚の場合、所得税法上、配偶者とは婚姻届を提出している戸籍上の配偶者のことを指しており、事実婚では夫婦として認められないので、年末調整や確定申告での配偶者控除や配偶者特別控除、扶養控除は受けられません。

扶養手当に関しては、会社や雇い主の側の規定で範囲内の収入であれば、実際の婚姻関係になくとも、事実婚でも扶養手当を受給できます。

しかし、それまで、児童扶養手当を受給していた一人親の場合は、事実婚が認められた時点で児童扶養手当は受給できなくなります。

3.事実婚の場合、国民健康保険や年金はどうなる?

事実婚の場合、国民健康保険や年金はどうなる?

相続や税金面では、事実婚ですと配偶者とは認められず不利な面も多くありましたが、健康保険や厚生年金、国民年金では事実上の関係を重視することが多いようで、事実婚であっても、被扶養者の範囲として認定されます。

第3号被保険者の資格を得ることもできますし、生活維持関係などの受給資格を満たしていれば、法律上の夫婦と同じように遺族年金を受け取ることもできます。

ちなみに、遺族年金は相続財産にはなりませんので、故人から継承するものではないので相続とは言わず、受給権者固有の権利ですから、遺産分割の対象ともなりません。

ですから、相続放棄していたとしても、相続財産ではありませんので受け取ることができるのです。

しかしもし、事実婚の夫に法律上の婚姻関係にある妻がいる場合はどうでしょう。

原則として、遺族年金は戸籍上の配偶者が内縁関係の妻より優先されます。

いくら、配偶者とは別居していると言っても、婚姻届を出してあるので、戸籍上の妻が遺族年金の条件を満たしていれば、法律上はそちらが優先されるのです。

ただし、戸籍上の妻が10年以上別居状態にあり、その間、経済的援助もなく、まったく連絡もとっていない状態であったなら、実態的には配偶者でないと判断されますので、事実婚の妻のほうが遺族年金を受け取ることができるようです。

4.事実婚の場合の扶養に必要な書類は?

事実婚の場合の扶養に必要な書類は?

事実婚であっても、条件を満たしていれば、被扶養者として認定を受けることができます。

認定基準には、被保険者の年収の1/2以下であること、被扶養者の申請をする人の収入が年間130万円以内であることなどがあります。

その際、戸籍抄本や住民票が必要となりますが、その場合、続柄に夫(未届)、妻(未届)にしておいたほうが良いかと思います。

必要書類に関しては、扶養する側の会社や保険機関に問い合わせをしたほうが確実でしょう。

真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

離婚の話し合いを有利に進めたい

離婚の話し合いを有利に進めるためには、法律の知識が絶対に必要です。

法律の知識がなければ、相手にうまく言いくるめられて損をしてしまうことがあります。

そんな時に活躍するのが弁護士ですが、自分の希望に合った弁護士を見つけるのは大変です。

弁護士にも得意・不得意分野があるので、必ずしも離婚に強いとは限りませんからね。

離婚に強い弁護士を探したいなら弁護士案内サービスを使ってみてください

無料で探すことができるので、試しに使ってみてください。

>>無料で離婚に強い弁護士を探してもらう

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す