真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

夫婦円満の秘訣とは?円満な夫婦の10の特徴

夫婦円満の秘訣とは?円満な夫婦の10の特徴

きっと誰もが幸せな将来を夢見て結婚するのでしょう。

10年後、20年後、どんなふうになっているのかな・・・とか、どちらが先に死んでしまうかなんてことを話していたら、「死ぬときは一緒がいい」と言って泣いてしまったり。

そんな時期は誰にでもあったはずなのに、年間20万組以上が離婚しています。

これは、2分に1組が離婚しているのだそうです。

どうしてそのような残念な結果になってしまうのでしょうか。

「こんなはずじゃなかった」とか「なんでこんな人と結婚してしまったんだろう」と考える人は決して少なくないのです。

でも、多くの夫婦が離婚しているとはいえ、離婚は簡単なものではありません。

夫婦の問題を抱えながらも、できれば、離婚を回避したいと思っている人も相当数いると思われます。

それで今回は、新婚時代と同等とは行かないまでも、円満な夫婦生活を送るための秘訣について考えて見たいと思います。

1.夫婦円満には思いやりが大事

夫婦円満には思いやりが大事

まず、頻繁に耳にする「思いやり」という言葉ですが、「見返りを期待せずに自分の持っているものを分かち合う、相手の身になって考えること、察して気遣うこと」などの意味合いがあります。

どうしたら相手が喜んでくれるかな、何をしてほしいのかな、と考えて見返りを求めずに行動するということなのですが、正直難しいですね。

何かをしてあげたときにお礼を言われないと、もやもやしたり、ムッとしたりしないでしょうか。

この時点で、見返りを期待してしまっているわけなのですが、そこで相手を思いやることをやめたりせずに行動し続けるのはどうでしょうか。

いつかは相手も大事にされていることに気付き、思いやりを示し合える夫婦になれるかもしれません。

2.お互いに干渉しないルールを決める

お互いに干渉しないルールを決める

大好きだから何でも知っていたいとか、むやみやたらに嫉妬して疑ったりすると、相手は束縛されていると感じ、家にいることが窮屈に思えてくるかもしれません。

夫婦であっても元々は他人ですので、何でも干渉しないほうがお互いうまくやっていけると思います。

ただし、怪しまれる行動をした場合は、この限りではありません。

また、夫婦のどちらかが浮気をして、離婚ではなく再構築を選び、まだそれほど年月も経っていないのであれば、いろいろと干渉されても仕方がないことでしょう。

相手に全く興味を示さなくても、浮気しているのでは・・・と疑われてしまいますので、少しの干渉は必要なのではないかと思います。

3.いつも笑顔でいること

いつも笑顔でいること

これは難しいことですがとても大事なことです。

いつも不機嫌な顔をしていたら、話しかけにくいですし、お互いが不愉快な気分になります。

しかし、笑顔で接していると、あなたの笑顔を見た相手も幸せな気持ちなりますし、あなた自身にもとても良い影響があるのです。

笑うことにより、心身がリラックスして免疫力が上がり、ストレスにも耐えられるようになりますし、健康面でも良い影響があるそうです。

4.たまにはデートで新鮮な気分を味わう

たまにはデートで新鮮な気分を味わう

結婚して何年も経ち、子供もいたりすると、恋とか愛などは過去のものとなり、お互いただの同居人ぐらいになってしまう夫婦も多いと思います。

それではダメなのです。

たまには二人でデートに出かけてみるのはどうでしょう。

子供がいることが当たり前になってしまっていると、二人っきりで何を話したらいいか戸惑ってしまうかもしれませんが、そんな気持ちも新鮮で楽しいかもしれません。

普段行けないようなお洒落なお店に行ったり、夜景を見に行ったりして、付き合ってた頃や新婚だった頃を思い出してみてください。

腕を組んだり手をつないでデートしてみると、気分が変わって良いかもしれません。

5.晩酌でゆっくりと仲を深める

晩酌でゆっくりと仲を深める

子供が寝た後に、二人でゆったりと晩酌なんかもおすすめです。

お酒を飲んで楽しい気分でリラックスしながら・・・というのは確かに話も弾みますが、どちらかがお酒を飲めなくてもいいんです。

二人でリラックスした雰囲気で話をしたり、映画を見たり、音楽を聴いたり・・・そんな時間をずっと大事にしてください。

ただし、飲みすぎないようにご注意ください。

6.時には我慢が必要なことも

時には我慢が必要なことも

結婚=我慢と考えている方もおられますが、やはり多少の我慢は必要なのです。

結婚生活でしている我慢で一番多いのは「一人の時間」だそうです。

その次に「興味がなくても相手の話をきくこと」「相手の容姿や体型が変わったこと」そして、「ほしいもの」と続きます。

更に「ときめきがないこと」「相手の趣味に付き合う」「自分の趣味」「友だち付き合い」などが挙げられています。

こうした結果を見ていると、人は何のために結婚するのだろうか・・・と、なんだか虚しくなってしまいます。

しかし、現時点で結婚している事実は変わるものではないので、やはり我慢して今の生活を続けていくことになるのでしょう。

夫も妻も、一人になりたい時間や、趣味や欲しいもの、友だちとの付き合いなどを我慢して、今の生活が成り立っています。

育った環境の違う、元々は他人同士ですから、小さなことから大きなことまで、相手に対しての不満もあるでしょう。

けれど、不満全部を口に出してしまったら結婚生活は続かないかもしれませんから、ある程度は我慢したいと思います。

7.つい言いたくなる悪口だけど相手を選ぼう

つい言いたくなる悪口だけど相手を選ぼう

普段我慢していることや不満などを、どうしても人に言ってしまいたくなったら?

愚痴を言うことでスッキリし、気持ちを切り替えることもできるので、悪口のすべてが悪いとは思いませんが、言う相手を選ぶことは重要です。

相手の親は、やはり避けたいところです。

兄弟姉妹であれば、ちょっとした愚痴には同調してくれるかもしれませんが、やはり言われたら良い気はしないのではないかと気を使います。

自分の親にはつい言ってしまいがちですが、相手の悪口を聞いたら、自分の子供が幸せではないと感じ親として悲しくなるかもしれません。

そして、自分の子どもを一生幸せにすると誓ったくせに不幸にしていると考えて、相手に対し良くない感情を持ってしまい溝が出来てしまうかもしれません。

やはり、無難なところで、相手と関わりのない友だちに愚痴を言うのが良いのではないでしょうか。

8.わがまますぎる態度は改める

わがまますぎる態度は改める

最初のほうで「思いやり」に触れましたが、わがままとは「自分の思い通りに振る舞うこと」だそうです。

相手の喜ぶことを考えて行動するのとは逆と言えます。

ですから、夫婦円満でいたいと願うのであれば、自己中でわがままな態度は改めなければいけないでしょう。

9.サプライズの贈り物やプレゼントを贈ろう

サプライズの贈り物やプレゼントを贈ろう

プレゼントをもらうことは確かにうれしいことですが、プレゼントをあげるときってワクワクしませんか?

自分の大事な人に喜んで欲しいというのは、人間の自然な感情なのだと思います。

サプライズのプレゼントはもらうほうも、贈るほうにとってもうれしい瞬間なのです。

10.夫婦一緒に育児や子育てに取り組む

夫婦一緒に育児や子育てに取り組む

夫婦で一緒に育児や子育てをするメリットはなんでしょうか。

共同で物事を行うことによって、夫婦の絆が深まります。

夫は、妻にまかせっきりにしないことで、妻の大変さを知ることができ、妻に対して思いやりを持つことができるようになります。

妻は、夫が手伝ってくれることによって、負担が軽減されますから、その分の余裕を夫のために使うことができるようになるので、夫の気持ちにも余裕が生まれます。

結果として、夫婦円満になるというわけです。

すべてのことが一気にうまく行くわけではありませんが、少しずつ改善していくことで、円満な夫婦を目指して行きましょう。

真剣に浮気問題を解決したい人の90%以上は探偵に相談しているってあなたは知っていましたか?

仕事の帰りが遅くなったり、スマホをロックしたり、妙な態度が増えたり・・・

浮気と感じることがよくありました。そこで私も

「お金はかかるけどずっと疑ってるほうが関係が悪化するし、どうせならはっきりさせたい!」

と思い、思い切って探偵に相談してみました。

すると、旦那の浮気が発覚!

有利な証拠もあったおかげで、300万円の慰謝料をゲット!

あなたの旦那も浮気してるかも?

>>とりあえず匿名・無料で優秀な探偵に相談してみる

多くの人が浮気の証拠をゲットできてる最も優秀な探偵事務所です。

離婚の話し合いを有利に進めたい

離婚の話し合いを有利に進めるためには、法律の知識が絶対に必要です。

法律の知識がなければ、相手にうまく言いくるめられて損をしてしまうことがあります。

そんな時に活躍するのが弁護士ですが、自分の希望に合った弁護士を見つけるのは大変です。

弁護士にも得意・不得意分野があるので、必ずしも離婚に強いとは限りませんからね。

離婚に強い弁護士を探したいなら弁護士案内サービスを使ってみてください

無料で探すことができるので、試しに使ってみてください。

>>無料で離婚に強い弁護士を探してもらう

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す